敷地が限られているから、子ども部屋を人数分造ることができない、収納専用の広い部屋が欲しいけど難しい…。そんな悩みも、3階建て住宅なら解決できます。横の敷地が確保できないなら、縦に伸ばせばいい!そうすれば、諦めていた空間も手に入ります。クレバリーホーム東京は、東京に特化した注文住宅専門ハウスメーカーです。熟知した東京特有の法律に沿って、極限まで空間を広げる設計をすることで、想像以上のスペースを確保することができます。大手ハウスメーカーには真似できないきめ細やかさで、お客様の大切な敷地を活かします。
 
 

東京に特化した知識とノウハウ

 
 
東京に家を建てるなら、東京の土地や環境に関する知識は必要不可欠です。3階建ての家を建てる場合、騒音や日当たりはもちろん、家の周りの交通量や風通しまで、お客様の大切な土地だけの魅力を引き出すことが大切です。 狭小敷地や変形敷地に家を建てることも、珍しくありません。与えられた土地をどう活かすかは、知識とノウハウにかかっています。  
 

3階建て住宅に必要な設計力

 
 
通常の住宅とは異なり、3階建て住宅に適した生活動線の設計が必要です。中でも特に、生活動線は重要です。 3階建て住宅の場合、上下階の行き来はどうしても増えてしまいます。1階で洗濯したものを2階、3階のベランダに干す、お風呂に入るために1階に降りる、という動きに合わせた工夫だけでなく、トイレの配置や数、洗面台や浴室の配置なども考慮することが大切です。
 
 

3階建て住宅でも木造耐火建築に対応

 
 
3階建て住宅だから木造建築は諦めなければならない…ということはありません。 防火地域内や準防火地域内でも建築可能な、木造3階建て住宅を実現することができます。鉄骨と木造を組み合わせた混構造の家も素敵ですね。自由設計ができる上に、鉄骨に比べて費用も抑えることができます。
 
   
 
         
       
   

3階建て住宅の魅力

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
     
  3階建て住宅は、狭い土地でも住居スペースを広く確保できます。東京のように地価が高いエリアでは、土地面積が広いとどうしても費用が高くなってしまいます。しかし、3階建て住宅であれば狭い土地面積でも住空間を縦長に使うことができるため、広い居住スペースを確保することができます。   1〜3階まで、どのように使うかも自由がききます。1フロアを思い切って広いリビングにすることもできますし、家族分の個室を作ることもできます。また、住宅が立ち並ぶ場所でも、高い位置に窓を設置できるため、眺望もよく太陽の光を取り入れやすいのが魅力です。
   
       

3階建て住宅間取りのポイント

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
 
   
  3階建てという特殊な家の場合、通常の家とは異なる工夫が必要です。
 
 

① 地盤調査を行う

 
  3階建て住宅を建てる場合、その家を支えられるだけの強固な地盤である必要があります。事前に調査を行い、良好な地盤であれば、地盤改良工事などの余計な費用を使うことなく家づくりを進めることができます。 調査会社に地盤調査を依頼すると、10数万以内で調査することができます。すでに持っている土地も調査することができます。安心安全に暮らすためにも、しっかりと調査をしておきましょう。
 
 

② 駐車スペースを置く場所を決める

 
  3階建て住宅は、外に駐車スペースを設けなくとも組み込み式車庫にして、駐車スペースと居住スペースを同じ敷地内に造ることができます。 1階部分は駐車スペースにして2階以上は居住スペースにしたり、1階部分に駐車スペースと収納をまとめて2階以上の部屋を広く確保したり、と工夫ができます。 駐車スペースは延べ床面積の1/5以内であれば、容積率の緩和により、延べ床面積に含む必要がなくなります。このような制度をうまく活用すると良いでしょう。
 
   

③ 天井の高さを工夫する

 
  高い天井の空間は憧れますが、場所によっては高度斜線制限などを考慮する必要があります。1階スペースの天井の高さを低くして、2階以上の部屋の天井を高めに設計することで、開放感のある暮らしが実現します。 吹き抜けもうまく活用することで、上階からの日光を全階に取り込みやすく、さらに開放感もぐっと増します。縦の空間を、より有意義に活用できる工夫をしてみましょう。
 
     

④ 二世帯住宅も視野に

 
  いずれ生活スタイルは変わっていくことを考えると、将来的に二世帯住宅に改築することも視野に入れておくと良いでしょう。 1階部分に親世帯が暮らし、2階部分は共有スペース、3階部分は子世帯が暮らす、というように分けることができます。建築時の間取りによっては、完全分離型の二世帯住宅にすることも可能です。それぞれの暮らしのスタイルや、コミュニケーションをどう取るか、などを検討することで理想の暮らしが実現します。
 
   

⑤ 生活動線の工夫

 
  3階建て住宅の場合、2階建てに比べて間取りがどうしても複雑になってしまいます。どの階に水回りをまとめるかによって、移動距離は大きく変わりますし、広いリビングを優先するのか、家族の個室確保を優先するのかによっても変わってきます。 生活動線が整っていれば暮らしを快適にすることができます。日常生活の中で、家族それぞれがどのような動きをしているのか、どのような間取りであれば動きがかぶることなく過ごせるのか、などあらかじめシミュレーションをして間取りを決めていきましょう。
   
   
         

3階建て住宅で開放感ある暮らしを

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
 
   
限られた土地でも、広々と開放感のある暮らしができる。それが3階建て住宅です。毎日が快適に過ごせるような家とともに歩む暮らしを、実現していきましょう。   クレバリーホーム東京は、お客様の世界で一つだけの暮らしを実現するために、幅広いサービスをご用意しています。 もっと価格について詳しく知りたい、間取りのアドバイスが欲しい、3階建て住宅を検討しているが疑問点がある…といった、3階建て住宅の家づくりに関するご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください。
   
 
お問い合せ内容必須

【下記ご興味のある家タイプをチェックしてください】※複数回答可

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
連絡方法必須
ご住所必須

その他任意