fbpx SKYSHARE OG「太陽光+蓄電池で電力会社に頼らない暮らし」
MENU
「地球にやさしい家づくり」太陽光+蓄電池で電力会社に頼らない暮らしを。SKY SHARE OFF GRID スカイシェアオフグリッド

オフグリッド OFF GRID

オフグリッドとは、電力会社の送電網(グリッド)に繋がっていない状態、あるいは電力会社に頼らずとも電力を自給自足している状態を指します。太陽光などの自然エネルギーを主電源とし電気の自給自足を可能にします。
クレバリーホーム東京の提案するオフグリッドは、普段は送電系統に繋いで系統電力と自家発電の共存をしつつ、緊急時にはオフグリッドの状態で電気の自給自足ができるシステムです。

自宅の屋根で自家発電

「高性能な太陽光発電システム」「クリーンな太陽エネルギー」

太陽光

確かな技術力により設計・管理された、高出力モデル
変換効率の優れた耐久性の高い住宅用太陽光発電モジュール

蓄電池

ライフスタイルに合わせ、蓄電容量を選択できる
高効率・長寿命のハイブリッド蓄電システム

太陽光と蓄電池の設置は、
東京都の助成金
を受け取れます。

助成金で今ならおよそ
半額以下で購入可能

Case シュミレーション

※こちらは助成金対象の一例となります。

※計画地、建物、太陽光kWh数によって助成金額が異なります。

  • エコノミー&エコロジー

    蓄電

    余った電気や割安な深夜電力を蓄電池に保存できます。
    これにより電力需要が高く、電気料金が高騰する昼間に蓄えた電気を使うことができます。これは特に、夏季のエアコン使用や冬季の暖房で非常に役立ちます。

    放電

    蓄電池に保存されたエネルギーは、必要に応じて放電して使用することができます。災害時には、蓄電池からの放電で非常用電源として活用することも可能です。

    売電

    余剰な電力が生成された場合、それを電力会社に売ることができます。
    これにより設備投資の回収や、さらなる電気料金の削減が期待できます。

    環境への貢献

    太陽光パネルを使用することで化石燃料によるCO2排出量を削減し、環境保護に貢献できます。
    再生可能エネルギーの導入が進む中で、太陽光エネルギーはクリーンで持続可能なオプションとして注目されています。

    コスト削減と効率

    太陽光パネルと蓄電池に売電オプションを組み合わせることで、エネルギーを非常に効率よく管理できます。
    最初の設備投資は必要ですが、長期視点では電気料金の大幅な削減が可能です。

  • 停電でも安心な暮らし

    停電時の自動運転

    電力供給が途絶えた場合、それを自動で検知します。
    停電が発生した瞬間、システムが自動で蓄電池からの電力供給に切り替えます。これにより冷蔵庫、エアコン、シャワー、スマホの充電など、家庭で必要な電力を継続して供給できます。

    日中の電力蓄積

    太陽光パネルは日中に太陽エネルギーを電力に変換し、その電力は蓄電池に保存されます。
    普段から蓄電池に電力を溜めておくことで、夜や停電時にも安心して生活できます。日中に十分な電力を蓄積できれば、夜間の生活もほぼ通常通りに過ごすことができます。

    災害時の安全確保

    災害が発生した場合、電力会社からの電力供給は非常に不安定になる可能性があります。しかし自宅に蓄電池があると安心度は格段に高くなります。
    緊急時には自宅が避難場所としても機能するため、その価値は計り知れません。

  • 安心の高品質

    高い電力変換効率

    業界トップクラスの電力変換効率97%を実現しています。
    これは非常に高い数値であり、同じ面積のパネルからより多くの電力を得ることができます。太陽光エネルギーを効率よく電気エネルギーに変換できるので、設置スペースが限られた環境でも高いパフォーマンスを発揮します。

    大容量蓄電池

    このシステムには大容量の蓄電池が搭載されており、生成された電力のほぼ全てを保存できます。 これにより夜間や曇天時、さらには非常時にも安定して電力を供給することが可能です。
    蓄電池には安定した性能と高い安全性を備えたリチウムイオン電池が使用されています。リチウムイオン電池は高エネルギー密度を持ち、サイクル寿命も長いため、長期間にわたって安定した性能を発揮します。

    保護等級IP65

    蓄電池とパワーコンディショナ(パワコン)は、保護等級IP65によって堅牢な構造と高い防水性能を有しています。これにより悪天候や屋外での長期間の使用でも、システムは安定した性能を維持します。

  • 充実の保証体制

    耐久性のテスト

    この太陽光パネルシステムは非常に過酷な状況下での充放電試験を行い、その耐久性が実証されています。
    極端な温度や湿度、繰り返しの充放電など厳しい条件下でも高いパフォーマンスを維持できます。

    長期的な耐久性

    製品は15年以上の長寿命を持っており、その期間中も安定した性能を提供します。
    長い寿命は、初期投資の回収期間を超えても価値を提供し続けるため、経済的なメリットも大きいです。

    製品保証

    その高品質に自信を持っているからこそ、10年間の製品保証を標準で提供しています。
    さらに、有償オプションで最長20年間の保証も可能です。これにより、故障や性能低下のリスクが最小限に抑えられます。

    24時間の監視体制

    システムは、一年中無休で24時間体制で監視されています。そのため何らかの問題や故障が発生した場合でも、迅速かつ正確に対応することが可能です。
    これにより、安心して長期間にわたりシステムを利用することができます。

  • インテリジェント管理

    Wifiとモバイル通信の対応

    このシステムはWifiとモバイル通信ネットワークに対応しており、どこからでもリアルタイムでシステムの状態を確認できます。
    遠隔地にシステムを設置した場合や、頻繁に移動するユーザーにとって特に有用です。

    専用アプリでの管理

    専用のスマートフォンアプリを通じて発電量や蓄電量、システムの運転状況など、多くの情報を簡単に確認できます。
    このアプリはスマートフォンだけでなく、パソコンからもアクセス可能で、多機能ながらユーザーフレンドリーな設計になっています。

    リモートモニタリングと管理

    専用アプリを使用して、遠隔地からでもシステムの状態をリアルタイムで監視できます。これにより問題が発生した場合でも、即座に対応することが可能です。
    これは商業施設や大規模な太陽光発電所での運用において特に有用となります。

電力問題はもう、
将来の危機ではありません。

慢性的な電力不足、燃料価格の高騰、突発的に発生する自然災害など、今わたしたちを取り巻くさまざまな電力問題に対応するため、現代の住宅は自家電力発電を検討する時に来ました。自家電力発電は、日頃かかっている電気代を削減できる他、停電時のリスクヘッジにもなる、大きなメリットのあるシステムです。
クレバリーホームは2023年夏、電力を自家発電・消費する家を開発、販売開始します。

「地球にやさしい家づくり」

2023年夏「SKYSHARE OG」販売開始
V2H Vehicle to Home クルマ(Vehicle)から家(Home)へ
電気自動車に蓄えられた電力を、
家庭用に有効活用できるシステムです。

V2Hシステムとは、「車から家へ」という言葉通り、EV (電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド自動車)に蓄えられた電気を、家庭で有効活用するためのシステムです。

家庭用電源から電気自動車に充電するだけではなく、電気自動車に蓄えた電力を家庭用電源としても活用できるので、余剰電力を無駄なく活用でき電気料金の節約に貢献できます。
また災害などで停電が数日続く緊急時でも、バックアップ用電源として機能させることができます。