クレバリーホームは東京に特化した注文住宅専門ハウスメーカーです。 隣家との間隔が狭い、交通量の多い道が走っていてうるさい、部屋に光が入らない…など、東京の狭小住宅ならではの課題も一つひとつ解決し、他社には真似できないノウハウを築いてきました。 大切な敷地の特性をしっかりと調査し、良いところを活かし、課題を逆手にとって有効活用する。そんなワンランク上の住まいを、お選びいただけます。
   

設計力


 
限られた敷地をいかに有効に使うか。これは設計力のなせる技です。敷地が狭い中でどのようにして部屋数を確保するか、ゆとりある暮らしをするか、開放感を感じられる空間にするか…。長年培ってきた実績と設計テクニックに、きっとご納得いただけます。
 

10センチも無駄にしない空間づくり


 
クレバリーホーム東京は10cmのスペースも無駄にしません。狭小住宅は、無駄なスペースは絶対につくらないことが重要です。10cmとはいえ、無駄が積もり積もると大きなロスを生み、敷地を活かしきることができません。10cmが、狭小住宅の住み心地を左右するのです。綿密な設計力があるからこそのコンセプトです。
 

横がダメなら縦を活用


 
敷地面積では限界がある狭小住宅。現実的に難しいのはわかるけど、もっと広々した部屋に住みたい…。そんな時は、縦の空間を活用です。3階建て、屋上、地下室、ビルトインガレージ、スキップフロアなど、活用方法は様々です。3Dプランニングで、暮らしにあった空間活用方法をお選びください。
 

安心の足場品質


 
しっかりと組まれて安定した足場は、作業場の安全性と家づくりの品質に直結します。狭小住宅の場合、建築段階で十分な足場を確保することが難しいケースがあります。しかし適切な足場を組むことで、作業効率を上げて時間的な余裕を生み出し、安心して作業を丁寧に行うことができます。安心安全な環境で造られた狭小住宅は、高い品質を保証します。
     
   
 
   
 

狭小住宅とは

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
 
『狭小住宅』とは、一般的に約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家のことをいいます。延床面積約70平米の一戸建てのことを指す場合もあります。 狭小住宅という定義は特に決まっておらず、狭い土地に建つ家が総称して狭小住宅と言われています。  
   
 
 

都市計画制度の導入

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
 
東京では、『最高限度高度地区』と『敷地面積の最低限度』の2つの都市計画制度を多くの区が導入検討しています。 『最高限度高度地区』と『敷地面積の最低限度』は、東京都の景観を守り、ミニ開発などを防ぐための制度です。ミニ開発とは、1000m2未満の土地を細分化して、敷地面積が100m2未満のように小規模な宅地の分譲や建売住宅を開発することを一般的にいいます。東京23区でも、工業地域や商業地域など一部特別区域をのぞく7区で区内全体に規定されています。 この規定が制定されている区では、100m2以下の新築分譲住宅は、この規定が制定されている区では販売できません。これからますます住宅購入が厳しくなる前に、決断することが重要でしょう。  
 
   
 

狭小住宅を建てる時のポイント

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
 

ポイント① 敷地を存分に活かす

狭小住宅は敷地が限られています。そのため、横がダメなら縦を伸ばす、ということが敷地を最大限活用するポイントです。2階建てや3階建て、地下室や屋上の設置などでフロアの数を増やすことができます。他にも、スキップフロアもおしゃれに部屋を魅せることができます。

ポイント② 空間をあまり区切らない

各部屋を、部屋数を増やすために壁で仕切ってしまうと開放感のない空間になってしまいます。狭小住宅の空間造りは工夫が必要です。たくさんの空間に仕切ってしまうと、部屋の明るさを確保しづらかったり、視覚的に閉鎖感を感じてしまったりすることがあります。 寝室のようなプライバシーが求められる部屋以外は、極力壁で区切らずに広さを感じさせるような工夫をしましょう。スキップフロアなどで、空間に変化や奥行きを生み出すようにしましょう。

ポイント③ 空間利用でスペースを増やす

家の中の狭さを感じさせない工夫として、空間を利用してスペースを増やす方法があります。 ロフトを設置する ロフトとは、天井を高くした部屋を2層式にし、その上部スペースのことをいいます。建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないため、居室とは認められませんが、新たにスペースを増やし物置きや書斎、子供部屋などに利用することができます。 中庭を設置する 中庭があることで、空間に抜け感ができます。それによって部屋を広く感じることができます。また、植える植物で四季を感じることもできます。入り口が狭く奥行きが長いような細長い土地の場合にも、明るさや風通しを確保するためには有効です。

ポイント④ 収納スペースの確保

居住スペースを考えたら、収納はそこまで広くできない…。そう思うかもしれませんが、生活していれば段々と荷物は増えていくものです。最低限の収納スペースは確保しておき、足りない部分はデッドスペースを活用しましょう。 階段下やクローゼット上部など、使いにくく手が届きにくい場所にデッドスペースが眠っています。暮らしに合わせて活用していきましょう。

ポイント⑤ スキップフロアを活用

スキップフロアとは、床の一部に高低差を設け、数段の階段でつなげるもののことです。フロア同士を半階ごとにつなぐスキップフロアをつくれば、実際の面積以上の奥行きある空間を得ることができます。視界を縦に広げ、新たな居住スペースや収納スペースも生み出します。 また、スキップフロアを活用すれば、廊下が必要なくなります。階段と各層の一部を通過することで、移動することができるためです。その分、各階の居住スペースを広く確保することができます。
 
   
   

狭小住宅の家づくりは…

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
 
  クレバリーホーム東京は、お客様の世界で一つだけの暮らしを実現するために、幅広いサービスをご用意しています。 狭小住宅の家づくりに関するご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください。  
 
 
お問い合せ内容必須

【下記ご興味のある家タイプをチェックしてください】※複数回答可

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
連絡方法必須
ご住所必須

その他任意