私たちが考える狭小住宅

狭小(~30坪)敷地にゆとりの空間を創造するには、
たくさんの引き出しが必要です。

東京に特有の敷地30坪以下に建つ家を一般的に狭小住宅と呼んでいます。
敷地が狭い中でどのようにして部屋数を確保するか、ゆとりを感じる空間をつくるか、
収納などの機能性を高めるかは、設計力にかかっています。
狭小住宅を数多く手がけた設計者には、その実績に応じた引き出しがあります。
「えっ?そんなこともできるの?」と思われるような
設計のテクニックにどうぞご期待ください。

10cmも無駄にしない設計を徹底する。

狭小敷地だからこそ、無駄なスペースは絶対につくらないことが重要です。
しかし、実際には土地のカタチではなく、家の規格に沿った設計がなされ、
敷地を活かし切れてないケースが多く見られます。
当社では「10cmも無駄にしない」を基本コンセプトに設計。
幅が10cm違うだけで廊下の開放感、キッチンの作業性も変わります。
この10cmが住み心地を大きく左右するのが狭小住宅です。

ヨコだけではなくタテの空間を上手に活用する。

狭小住宅の場合、ヨコへの広がりは限界があります。
ゆとりのある空間にするポイントはタテの空間をいかに活用するかです。
3階建てはもちろん、屋上、地下室、ビルトインガレージ、おしゃれなスキップフロア、収納力の高いモノピット、ロフト、屋根裏収納など、立体空間を考慮した3Dプランニングで、敷地の可能性を最大限まで引き出します。

収納、採光、動線、防音なども、
積み重ねたノウハウで解決。

隣家との間隔が狭い、交通量の多い道が走っていてうるさい、部屋に光が入らないなど、東京の狭小住宅ならではの課題についても、これまでひとつひとつ解決のノウハウを蓄積してきました。あなたの大切な敷地の特性をしっかりと調査し、良いところを活かし、課題を逆手にとって有効活用する。

イエトレ 狭小住宅 心から満足できる家づくりをするために
知っておくと役に立つ情報をお届けしています。

ietoreSP0310

玄関周りの収納にも10cmも無駄にしない小技有

狭小敷地が多い東京と言う地域柄、居室空間を重視するご家族だと特にコンパクトになりがちな玄関ですが、 江東区のY様邸から皆様を良い意味で悩ませてしまうかもしれない便利な収納計画をご紹介! Y様邸では通常の靴を入れる玄関収納 […]

AI_ietore01-01

30坪の家で 失敗しないための気になるポイント

30坪の家で失敗しないための気になるポイント 理想の間取りを実現 都内に新築計画をお考えの皆様。 東京は他の都道府県と比べ様々な建物が密集していることから、様々な建築に関する制限がかかってきます。 それは、法律や規制とし […]