造作で作るペット(犬)のためのドックスペース

ietore_03

東京に建てる夢の新築計画。
02edb720-s
近年では、犬や猫の屋内飼いの割合も増え、わんちゃん・猫ちゃんを
家族の大切な一員として考えるご家庭も多いのではないでしょうか?

 
今回は、ペットのわんちゃんが安心して快適に暮らせる住まい作りに焦点を当てて、
造作のドックスペースについてご紹介します♪
HCKYT_0152
人にとってリラックスできる空間は
ペットのわんちゃんにとっても快適なリラックスできる空間。

東京ではなかなか広いお庭スペースを確保しづらい立地条件もあるため、
わんちゃん為のスペースを、リビングにと考えられる方も多くいらっしゃいます。
リビングなら動き回れるスペースもあり、家族の滞在時間の長いため、
わんちゃんのためのスペースにピッタリというわけです。

 

人と一緒にいることを好むわんちゃんでも、
人の行き来の多い場所はストレスになったり、
夜中までリビングに明かりがついていると睡眠の妨げになることも……

そういったことを考えると、人にそれぞれお部屋があるように、
わんちゃんにも安心してくつろぐことの出来るお部屋があるといいですよね。

 

そこでお勧めしたいのが、リビングの壁に埋め込んで作るドッグスペース!
HCKYT_0070
造作だからわんちゃんの体の大きさにちょうどいいサイズを実現可能!
天井が高過ぎず籠り感があるため、安心して過ごすことが出来ます。

更に、外にケージを設置した場合と異なり、
うっかりぶつかって、中にいるわんちゃんを驚かせてしまうことも防げますよね。

 

ドックスペースを考える際のポイントは、
高さは、わんちゃんが立ち上がっても頭が付かない高さを確保する。
広さは、横になって手足をのびのび伸ばせる広さを確保する。
来客が苦手な子には、ドッグスペース位置を
お客さんの視線の届かない位置や高さに調節することです。

 

gahag-010265
大切な家族の一員だからこそ、
人にとっても、ペットのわんちゃんにとっても暮らしやすい住まいはいかがでしょうか?
東京の住まい作りは是非私達にご相談ください♪