涼しくて暖かく、電気代もお安くなる
ゼロエネルギー・省エネルギーの住まいはいかがでしょうか?

ietore_03

これから家づくりを考えるという方。『ZEH(ゼッチ)』という言葉を、見たり聞いたりしたことはないでしょうか?

この『ZEH』とは『Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』の略です。年間でご家庭の(熱・電気などの)エネルギー消費を、ご自宅で作った(太陽光発電などの)エネルギー生産が上回り『エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。

zero_energy_house01.png

近年、世界的に地球温暖化や石油などの資源の減少などが問題となっています。また、日本では各ご家庭でのエネルギー消費が年々増えてきているため、国の目標として住宅の創エネルギー化を目指そうという機運が高まってきています。

とはいっても、一生に一度の大きな買い物をボランティア精神で決めるというのは、なかなか難しい話ですよね。

実は、このZEH仕様の住宅、暮らす人にも嬉しい住宅なんです!

ZEH仕様の住宅の特徴の1つの「エネルギーを極力必要としない」ということは、暖房冷房などにかかる電気代などを節約できる家。夏場に涼しく、冬場に暖かい家のことです。

夏場に涼しく、冬場に暖かい家を実現する気密性能・断熱性能などが最近の家では向上してきています。

zero_energy_house02

例えば、一昔前に建てられた家では「冬場になると壁や床がとても冷たくて家の中でも暖かい恰好をしないといけない」といった状況が多くありました。しかし、クレバリーホーム東京のように高気密・高断熱のお家では冬場もお家の中の暖かな空気が外に逃げにくく、外の冷たい冷気が中に入りにくい構造をしています。

そのため、実際にお家を建てられた方からは「冬でも部屋が暖かいので素足でのびのびと快適に過ごすことができる!」と喜びの声を頂くことが出来ました。

ZEHには、消費した分のエネルギーをご家庭内で補てんするための、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入が必須条件です。

しかし、東京の住宅ならではの周囲に高い建物があったり、お土地の広さをとりにくい建築条件といった再生エネルギーの設置が難しいという方も、このZEH基準の「エネルギーを極力消費しない」家というのは是非お考え頂きたいポイントです。

エコで快適で月々の電気代もお安くなる住まい、知識豊富な住まいの専門家と一緒に検討してみませんか?