狭小住宅建築会社、選定の落とし穴
不要なご近所トラブルを避けるための配慮。

ietore_base_PC_19

新築の建築はどうしても近隣の方々にご迷惑がかかります。
たとえば、お家の大黒柱を組立てる上棟の時は、専用の大きい車両の駐車で。
また足場の鉄パイプを撤去する時など工程の中では、大きな音が出てしまいます。
ですから、お隣の方との距離が近い東京の狭小住宅建築では、一層の配慮が必要なのです。

・お家全体を包む養生シートはきっちり設置されていますか?
・ごみ置き場や掃除道具の設置など、現場をきれいにする姿勢がありますか?
・近隣の方々へのあいさつなど、近隣配慮は行う体制がありますか?

お家づくりを進める最初の時には、意識が向きにくいかもしれませんが、満足できるお家づくりをするためには、建築会社を決める前に一度「建築中のお家がどうなるか」をしっかり確認しましょう。たとえば、工事中現場を確認する事も有効です。
お家の建築中の工事配慮の確認は、ご近隣の方々とのご関係も含め、長くお家に住んで頂く大切なポイントの一つなのです。