MENU

3階建て住宅

ライフスタイル

狭小住宅

【限りある空間を最大限に活用】こだわりが散りばめられた
総タイル張りの3階建て住宅

新宿区Y様邸 木造 3階建て
敷地面積:53.39㎡(17.96坪)
延べ床面積:84.93㎡(25.69坪)

Planning Story

動線にこだわった洗面室周りとウォークスルークローゼット

1階にあるY様邸の主寝室はウォークスルークローゼットとつながっており、
ウォークスルークローゼットから洗面室まで直行することができます。
たとえば朝、ご主人が起きて寝室で着替えを済ませてから、そのまま洗面室に行き身支度をする。
朝のあわただしい時間を無駄なく使うことができ効率的です。
このように、洗面室周りは動線にこだわって、作られています。

吹き抜けと階段で開放感あふれるダイニングキッチン

Y様邸は、厳しい北側斜線制限のある中でお施主様の
「最大限に空間を活かしてボリュームのある建物にしたい」という希望の元、
設計・計画を致しました。2階はワンフロアーをダイニングキッチンにしており、
お施主様のこだわりが随所に散りばめられています。
2階から3階には、こだわりの吹き抜けと鉄骨階段を設けており、
縦の空間を有効に使い広々とした開放的なダイニングキッチンを実現しました。
また、天井にトップライトを用いて上から部屋全体に明るい光が届くよう工夫をしています。
部屋のアクセントにもなる、センスの光る出窓もお施主様のこだわりの一部です。

勾配天井で子供部屋を広く明るく

3階には、お子さんのための部屋が2つあり、
子供部屋の天井は、斜線制限のため勾配天井を用いています。
勾配天井にすることで、上の空間を最大限に活かし広く奥行きのある子供部屋になりました。
子供部屋にも明るい光が入るように、大きな窓や天井にトップライトを設けるなどして、
どちらの子供部屋も、最大限に広く明るくするための工夫がされています。

事例一覧へ戻る