MENU

3階建て住宅

閑静な住宅街で1階は単世帯向け、
2~3階はファミリー向けの設備にこだわった賃貸住宅

文京区Y様邸
敷地面積:70.64㎡(約21.37坪)
延べ床面積:112.15㎡(約33.93坪)

Planning Story

単世帯向け、ファミリー向けの複合賃貸住宅を実現する提案力

Y様邸は閑静な住宅街に立つ4世帯が入居可能な賃貸住宅です。
当初、Y様の賃貸住宅建築計画は、大手のハウスメーカーにほぼ決まった状態でした。
しかし、大手ハウスメーカーではY様の希望する金額と収支のつり合いが取れず、
改めて計画の見直しをしたことが、クレバリーホーム東京とYさまの出会いのきっかけでした。
通常賃貸住宅というと、どのお部屋も同じつくりになるように作られるため、
貸し出しの対象が単世帯のみ、ファミリー向けのみのお部屋で統一されてしまいます。
しかし、クレバリーホーム東京では注文住宅メーカーならではの自由設計を生かして、
他社では実現できなかった1階を単世帯向け、
2~3階をファミリー向けの賃貸住宅の提案をさせて頂き、
Y様に採用して頂くことができました。

賃貸住宅だからこそ
ランニングコストを考えた総タイル張りの外装

賃貸住宅ということで、お家のランニングコストも特にこだわったポイントです。
Y様邸ではクレバリーホームが得意とする総タイル張りを実現しました。
クレバリーホーム独自のタイルはサイディングに比べ傷や汚れのつきにくさや、
退色、劣化も少ないことから、家のメンテナンスを長期で考えていく場合
ランニングコストが低いことが特徴です。
また、クレバリーホームでは様々な種類のタイルがあるため、
Y様とのお家の外装の打ち合わせの際も
「石張り」「ブラウン」「モノトーン」の3種類の外壁案のパースを作成し、
図面の段階から視覚的に話し合いを行いました。
そんな打ち合わせの中から、特に「モノトーン」の外壁を気に入っていただき、
ランニングコストを抑え、見た目にもこだわり抜いた外観を実現することが出来ました。

Y様のこだわられた『設備の充実した賃貸住宅』

通常の賃貸住宅の場合、お風呂やキッチンなどの設備関係は
初期費用を抑えるために賃貸向けのものが使われがちですが、
Y様はあえて戸建て向けのしっかりとした設備をいれることを希望されました。
そのため、ファミリータイプのキッチンは親子で並んで料理をしても十分な広さがあり、
お風呂も足を伸ばしてくつろいで入ることの出来る、賃貸住宅なのに
戸建てに住んでいるように感じられる付加価値の高い住まいが完成いたしました。

その他関連ページもこちらからご覧いただけます
ブログ
  【【3階建て住宅】バルコニーの違い】

事例一覧へ戻る