3階建て住宅

OB訪問

二世帯住宅

屋上付き住宅

台形の変形敷地、南側隣地境界すぐに隣家でも、
広々、採光採風に成功した二世帯住宅。

Planning Story
case-F-01_07

有名建築家に頼むのが夢だったが・・・

同じ区内で別々の分譲マンションにお住まいになられていたT様ご家族とT様のご両親。
お子様が3人、上の子は小学生になりマンションではかなり手狭に。ご自宅の近くに手頃な土地が売りに出たのをきっかけに共有同居型二世帯住宅のご計画となりました。
 テレビに出てくるような有名建築家さんと家を作るのを夢見ていた田中様ご夫婦ですが当社のホームページで、あるご家族が屋上で楽しそうに遊ぶ写真をみて話だけでも聞いてみようとご来店。お打合せを進める中、最後まで建築家か当社かで悩まれましたが、最後はメンテナンスフリーのタイル貼り、広々とした屋上、手厚い保証システムが決めてで当社を選ばれました。

case-F-01_11

課題をチャンスに変える発想で、光も風もおもいのまま

台形の変形敷地、南側隣地境界すぐに隣家が建つ状況で、いかに広々として採光採風をとるかが設計のポイントとなりました。結果台形の斜め部分も斜めの壁にして敷地を無駄なく設計、南側リビングも3階天井まで約9帖の吹き抜けを作ることで採光問題を解消。敷地の向かって左側隣地は賃貸アパートの共用部ですが、その賃貸と面する部分は外壁を楯のように垂直に立ち上げてお互いの視線をカット。建物のファサードデザインとしてもその楯がインパクトのあるものとなりました。
玄関アプローチは見る方が「ビルトインガレージ?」と見間違えるほど広く取りました。広々と開放的、かつ敷地の端から端までの風の通り道となり、お花や植物をいじるのが好きなお父様にとって無くてはならないスペースになりました。

case-F-01_14

二世帯が仲よく暮らせるかどうかも設計の仕事

1階のご両親のリビングダイニングには約4畳の小上がりの畳コーナーを作りましたが、そこはお孫さんたちが遊びに来る賑やかなスペースになっていました。寝っ転がって遊べる小上がりの畳スペースは子供たちにとっては遊びの空間、ご両親様にとってはリビング内のくつろぎのスペースになっているようです。なおかつ畳の下は全て収納になっています。
二世帯住宅は一件一件異なる事情に応じて、全く異なる提案が必要です。この度のT様ご家族はとにかく“つながり”を大切にした同居・共有型二世帯住宅。当社では二世帯住宅のご提案ではなるべくご家族様お1人お1人にご要望を伺っています。どこまで繋げるのか、どこで塞ぐのか、その二世帯のご家族様にとっての“程良い距離感”がどこにあるかを探り、ご提案します。

もっと事例が見たい方へ

狭小住宅の事例請求(無料) 二世帯/3階建の事例請求(無料)
お急ぎの方はこちら 0120-21-4202
事例一覧へ戻る