fbpx
MENU

その他

屋上付き住宅

【混構造の家】敷地10.59坪|延床24.49坪!
約10坪の敷地で1階ガレージ。解決策は1階に鉄骨、2~3階が木造の混構造

品川区 O 様邸 /
敷地面積:35.05 m²(10.59 坪)
延床面積:84.37 m²(24.49 坪)

Planning Story

1 階はご主人待望の趣味のスペース
機能性に富んだクールなガレージです

車とバイクが趣味というご主人。念願のバイク整備スペースを確保したいと、一から設計できる注文住宅で一軒家を建 てることに。土地の広さは 10 坪あまりと限られているので、木造 3 階建てで広さを確保したいところですが、1 階をま るまるガレージにするとなると邪魔になる柱や壁は入れたくない、すると木造では強度が足りない......。堂々巡りの壁 にぶち当たりました。そこでクレバリーが考え出した解決策は、1 階を鉄骨、2階 3 階を木造にする混構造でした。1 階 は、内壁がサイディングの無塗装板、アイアンの階段と木製棚、照明はスポットライト、ご主人待望のシンプル・クール な趣味の空間になりました。

2 階の寝室、洗面所はコルク床
自然素材を生かした和みの空間です

鉄骨階段を上がると別世界です。床は自然素材のコルクタイルで、裸足で歩くと気持ちいい。無垢材の家具との相性も ぴったりで、とってもウォームな空間です。寝室から廊下収納を経由して洗面所まで、「狭い空間だし、我が家で一番長 い距離のところだし(笑)、あえてドアをつけず、一つの空間にしました。これが大正解。風の抜けがよく、湿気がこもらず 快適です」(ご主人)。廊下は見せる収納で、洗面所は 2 人並んで使えるように大きな鏡を付けました。カウンターも広 く使い勝手がいいそうです。

3 階は生活感を排除したシンプル・モダンな LDK
視界の開けが屋上でリフレッシュを

3 階は LDK。天井高が 2.6m と高めで気持ちのいい空間です。床は全面タイル張り。白い空間を「冷たく」感じさせな い色味を選びました。照明器具はすべて埋め込み式のダウンライトで出っ張りを極力無くし、すっきりと仕上がっていま す。キッチンは生活感が出ないように、電子レンジも炊飯器も、洗濯機まで白い扉の向こうに収納しました。注目はク ローゼットにはさまれた窓下のくぼ地です。実は間接照明が仕込んであり、お気に入りの一品をディスプレイできるの です。これが日本建築で言うところの「間(ま)」、とても大事なスペースです。そして、もう 1 階上がると東京の天空を独 り占めできる屋上です。使い方はさまざま、奥様がヨガをするもよし、存分に活用してください。

関連キーワード:

建築実例を探す

タイプから探す

こだわりポイントから探す

人気のこだわりポイント

事例一覧へ戻る