「ボートと同じ」を作る?!~東京のバルコニー~

こんにちは!

今日は東京の木造住宅のバルコニーから、

実は川や海に浮かべる「ボートと同じ」に施工した物件からお届けします!

 

と、いうと大げさではありますが、こちらお家のバルコニーを

FRP防水と言う方法で施工している現場です!

 

FRP(繊維強化プラスチック)とは大まかにご説明すると、

ガラスを繊維状に加工し、布のようにした材料のことです。

FPR防水とは、その素材を使って作る、軽くて強い防水方法の事。

 

布状になっており、また継ぎ目がなく形を作ることが出来るので、

ボートや学校のプールにも使われているんですよ(。・`ω・。)q

 

まずは、バルコニーを木材で作ります。

面取り_4976

そして、面取りと呼ばれる木材の角を取る作業をして・・・

めんとり

面取り_181

(上が面取り前、下が面取り後。違いがよくわかります)

しっかり防水材が施工できるように下準備をします。

 

それが終わったら、ガラスクロスをしき、専用の薬剤とクロスを層にしていきます!

面取り_5340

 

他の物件ですが、FRP防水だけの仕上がりはこんな感じ。

4.バルコニー内側

 

これに、クレバリーホーム東京では置き式のタイルを用意して

2FバルコニーA-01

オーナー様へお届けしています!