【工夫満載の事例を見てみよう】使い易い洗濯機周りの工夫【part.2】

こんにちは!

 

前回、使い易い洗濯機周りの工夫【part.1】(←Click!)で

あると便利な“洗濯機横の流し”についてご紹介しましたが、

今回は、「洗濯機をどこに置くか?」 “配置の工夫”についてご紹介します!

こちらの都内ロフト・ビルトインガレージ付き2階建て住宅の

生活動線を意識した配置工夫は

バルコニーへつながるドアのすぐ近くに洗濯機を配置したことです。

 

水を吸って重くなったお洗濯物は、

洗濯機から干す場所までのを短くすることで日々の家事の負担を大きく削減することができますヽ(≧▽≦)ノ

 

日に何度も洗濯機を回すお家では特に、家事動線、生活動線を意識した水回りの配置を行いたいですよね。

 

こちらのお家では更に、洗濯機側の壁向こうがキッチンになっており、

バルコニーも洗濯室とキッチン両方とつながっているため、

キッチンで食材を煮込んでいる間に、バルコニーへ出て洗濯物を回収、そのまま洗濯室にある

アイロンがけのコーナー(写真手前の机です。家計簿つけやなど日々の雑務にも!)へ運び込むことができます。

 

日々の家事の負担を最小限に減らす、生活動線を意識した素敵な住まい。

東京で暮らしやすい家をお考えの方は是非私達にご相談ください♪

 

part.3では、あると嬉しい “屋内物干し”についてご紹介します!