【吹き抜け活用】3方向隣家に囲まれながらも採光性と開放感を確保する方法とは?

こんにちは!

 

東京での新築計画。

住宅地での建築の場合、3方向や家までの通路以外の4方向を

住宅地に囲まれたお土地での建築をお考えの方もいらっしゃいますよね。

 

今回は、南東西の3方向を隣家に囲まれながらも

「明るく開放感のある住まい」を実現されたお家の工夫の1つをご紹介します!

g01outwo_741

こちらのお家では2階LDKの一角に勾配(こうばい)天井の吹き抜けを作りました。

(勾配天井とは、傾斜のついた天井のことを言います。)

g01outwo_746

勾配天井に窓を組み合わせることで、

家の側面から光が取り込みにくい立地条件でも光を取り入れることができますねヽ(≧▽≦)ノ

更に、吹き抜けで高さを付けることでお部屋に開放感をプラスしています!

 

こちらのお家、実はこの他にもお部屋に

“採光性と開放感をプラスする手法”を取り入れているんです。

どんな手法か気になった方は是非お問い合わせください♪