発泡断熱材は水に浮くのか?ミニ実験!

こんにちは!
今回は、お家の中に使っている「断熱材」を使った
ミニ実験を行いました~♪

勝手に実験対象としてお借りしたのは
現場吹付発泡断熱材の「アイシネンフォーム」です。

TVの劇的○フォーアフターなどでもよく使われている、
もこもこと膨らんで、家の壁の中を隙間なく埋めてくれるこのタイプ。

アイシネンさんの売りの一つは「水に浮く=水を吸収しにくい」という所。
24時間水に浮かべ、本当に浮き続けるのか?いざ実験です!

早速、頂いたサンプルを洗面器に浮かべて待ちます!
s-20150830155750-thumb

「おお!浮いた!」

全然、沈む気配がしません。

20150830155727-thumb

でもせっかくなので、いじわるして思いっきり水に浸したり、
すこしつぶしてみたりしました。

そして、24時間(と4時間30分ほど)…
さて結果は!

20150830155811-thumb
「ちゃんと浮いてる!」
※変形しちゃってるのはつぶしちゃったからです。

さて、中身が一体どうなっているのか、
カッターで切って見てみましょう!

20150830155758-thumb

なんと!表面はさすがに湿っていたのですが、
中はしっかり乾いたままの状態になっていました!
(つぶしてしまった所だけ色が変わっているのがよくわかりますね)

以上、ミニ実験コーナーでした♪