ZEHの条件とは?申請条件と補助金をもらうためにできること

近年、よく聞くようになった「ZEH」。地球温暖化を緩めることを目的に生まれたZEH住宅ですが、いったいどんな特典が付いているのか気になりませんか?そこでこの記事では、ZEH住宅をお得に建てる条件についてご紹介します。これからZEH住宅を建てようと考えている方の、参考になれば幸いです。

ZEHの条件とは

ZEHの条件には、大きく分けて「断熱・気密性能の基準値をクリア」「太陽光発電システム(ソーラーパネル)を設置」の2つがあげられます。それぞれご紹介します。

断熱・気密性能の基準値をクリア

ZEHとして認められるには、省エネルギー基準を満たすこと必要です。この基準は、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が定めています。一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)とは、民間での企業や団体が集まり設立された法人です。ZEHの建築をしている会社の認定や補助金について取り扱っています。

ZEHの断熱・気密性能における省エネルギーの基準は、強化外皮基準(UA値)で示されます。強化外皮基準とは、簡単に言うと1㎡あたりどれくらいの熱が逃げているのかを算出したものです。強化外皮基準は、室内から逃げる熱を逃げてしまう部分の面積で割ることで算出できます。例えば、東京や大阪の場合は0.6以下、札幌の場合は0.4以下など地域によって数値が異なります。

つまり、ZEHは住宅内の快適な空気を逃がさない気密性の高い住宅です。また、一般的な住宅と比べて強化外皮基準をクリアして、かつ20%以上の省エネルギー効果が期待できる住宅である条件を満たる必要があります。

太陽光発電システム(ソーラーパネル)を設置

ZEHの条件として上げられるのは、住宅で利用するエネルギーを自宅でつくる「創エネルギー」が必要ということです。自宅でエネルギーをつくると聞くと「燃料電池」や「風力発電」なども考えるのではないでしょうか。しかし、現状でもっとも効率的に「創エネルギー」が作れるのは、「太陽光発電システム(ソーラーパネル)」です。住宅で創エネルギーを作り、一次エネルギーの消費量を100%削減すル必要があります。

ZEH住宅を建てるとどうなるの?

ZEHにおける住宅の条件に付いて説明しましたが、実際に住宅を建てるとどうなるのでしょうか。ざっくり説明すると、

  1. 窓やドアのサイズが制約されるため、住宅の内装が制限される
  2. 太陽光発電システムやパネルなどの設備にお金がかかる
  3. 売電の際は全量買取方式が認められない
  4. 従来はなかった新しい計測器や機器が増える

といったことになります。もし、これからZEH住宅の導入を考えているのであれば、しっかりと理解しておきたいポイントです。

ZEHを申請する条件

ZEHを申請する際に必要となる書類

ZEHを申請する際に必要となる書類は、

  1. 交付申請書
  2. 補助金申請算定表
  3. 実施計画書
    ・外皮性能:年間一次エネルギー消費削減量
    ・外皮性能算定表
    ・一次エネルギー消費量算定表
  4. 外皮計算書
  5. 一次エネルギー消費量計算書
  6. 求積図(外皮及び用途別床面積)
  7. 設備および外皮の仕様・性能を証明する書類
  8. 建築図面
  9. 印鑑証明

などになります。1.~3.までは、定型様式の書類があります。SIIのホームページからダウンロードして記入しましょう。

ZEHの更新者

ZEHの更新を行うのは、

  • 新築の住宅や新築建売住宅を購入する人
  • 既築の住宅における所有者をZEH仕様に改修する人

が対象です。申請者は、

  • 自身が常時住む家(住民票で確認)
  • 自身専用の家

のいずれかで申請する必要があります。また既築の場合は「申請時に申請者が所有していることがわかるもの」が必要です。新築建売住宅における申請者は、「建売住宅の購入予定者」が行います。

ZEHで補助金をもらう条件とは

ZEHで補助金をもらうためには、下記に示した9つの条件をすべて満たす必要があります。

  1. 一定の断熱性能を満たし、地域区分で定められた強化外皮基準(UA値)※同じ県でも違う可能性あり
  2. 設計時の一次エネルギー消費量(空調・換気・照明・給湯)は再生可能エネルギーを除いて、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されている
  3. 設計時の一次エネルギー消費量(空調・換気・照明・給湯)は、再生エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されている
  4. 導入する設備が一定の要件を満たす
  5. 既築の場合は、改修により「導入必要項目」をすべて新たに導入する
  6. 要件を満たすことが確認できるエネルギー測定装置(HEMS)を導入する
  7. 定期的にエネルギー使用の状況を報告
  8. 太陽光発電システム等の再生可能エネルギーシステムを導入する(10kW以上でも構わないが余剰買取方式に限る)
  9. SIIに登録された「ZEHビルダー」が設計・建築もしくは販売する家

これらをすべてを満たす住宅を建てることで、国から補助金をもらうことができます。

ZEHの補助金を受け取るまでの流れ

ZEHの補助金を受け取るまでの流れを簡単に説明しておきます。補助金を受け取るまでの流れは、

  1. ZEH認定ビルダーを探して相談する
  2. プランと見積もりを受け取る
  3. プランと見積りを比較して選ぶ
  4. ZEH仕様の住宅を建てて補助金の申請をする
  5. 補助金を受け取る

になります。それでは1つずつ詳しく説明します。

1.ZEH認定ビルダーを探して相談する

まずは、ZEH認定ビルダーを探す必要があります。探す方法としては、「SIIのホームページから最寄りの認定ビルダー探す」「近くのハウスメーカーや工務店のホームページから探す」「ZEHビルダーを掲載している資料請求サイト」になります。特に、資料請求サイトは早く楽に見つけることができますよ。

2.プランと見積もりを受け取る

ZEH認定ビルダーを見つけたら、実際に足を運んでプランと見積りを依頼しましょう。この時に理想の予算や間取り、要望をまとめて使えることで、条件通りのプランを立ててくれます。また、複数の認定ビルダーに同じ条件で見積もりをすることで、比較しながらあなたにピッタリなプランを選ぶことが可能です。

3.プランと見積りを比較して選ぶ

見積もりをもらったら、どの認定ビルダーがいくらでプランを立てているか比較してみましょう。複数の認定ビルダーに見積もりを依頼するのは少し手間に感じてしまいますよね。しかし、一生住む家を決めるので妥協せずしっかりと相見積もりしましょう。

4.ZEH仕様の住宅を建てて補助金の申請をする

依頼する会社が決まったら、「計算書の提出」「ZEH認定の申請」「最終の補助金申請」が必要です。とはいえ、認定ビルダーが代行してくれるので安心ですが、万が一の出来事に備えて補助金の申請に関する書面を交わしておくことをおすすめします。

5.補助金を受け取る

 

住宅が完成して住める状態になったら、補助金が支給されるのを待つだけです。補助金は、住宅の完成から約半年先に支給されるケースが多いです。そのため、住宅を建てることすべてに補助金が回せるわけではないので注意が必要です。

ZEHの補助金について理解しておこう

今回の記事ではZEHの条件について説明しました。ZEHの条件は、細かくて面倒だと思われがちです。しかし、条件や手順を理解することで、補助金を受け取ることができます。これからZEH住宅を建てる計画をしているのであれば、まずはお近くのZEH認定ビルダーを探すことから始めましょう。

クレバリーホームの注文住宅