ZEHの仕様に規定はある?仕様例と合わせて詳しく解説

近年、地球温暖化が原因でZEH住宅が増えてきています。さらにZEH住宅を建てることで国からは補助金がもらえることもあり、今後より増えてくることが予想されます。とはいえ、ZEH住宅とはどんな家なのかが気になっている方が多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、ZEH住宅の仕様を実例と合わせてご紹介します。これからZEH住宅を建てることを考えている方の参考になれば幸いです。

そもそもZEH住宅とは?

ZEH住宅とは、簡単に説明すると「住宅の断熱と省エネルギーの性能を上げつつ、自宅で太陽光発電システムを使いエネルギーを創ることで、年間を通して一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)を正味0にする」住宅です。また、経済産業省ではZEH住宅の定義を以下のように定めています。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。※引用:経済産業省

ZEH住宅を建てるためには、高機能を持った「断熱材」「断熱窓」「給湯器」「照明」が必要になります。これらを使って屋内を快適な空間に保ち、エネルギーの消費をおさえることが可能です。さらに太陽光発電システムによる創エネルギーを生み出す設備、創エネルギーを蓄える設備などを併用して、自宅で作った電気を使い一次消費エネルギー量を0にしなければいけません。

ZEH住宅の仕様とは

ZEH住宅の仕様としては「基準値以上の気密性」「空調・給湯・照明・換気における高機能な設備」「太陽光発電システムを導入」「HEMSを導入」の条件を満たす必要があります。それぞれ詳しく説明します。

基準値以上の気密性とは

基準値以上の気密性をもつ家は、窓に高機能フレームと樹脂を使ったサッシや三重の窓を使用しています。こうすることで、室内の空気を逃がすことなく快適な温度を保つことができます。また、熱が逃げやすい部分を「開口部」と呼びます。ZEH住宅には、この開口部のサイズに規定があり、大きめの玄関や窓は採用することができません。

そこで必要なのが断熱材と窓を工夫することです。断熱材は壁や天井に入れることで、内部に空気を閉じ込めやすくする働きをしています。断熱材には、「無機繊維系」「木質繊維系」「発泡プラスチック系」などの種類があり、これらの種類は住む場所や建築予算によって適切なものが違ってきます。そのため、在宅メーカーや工務店に相談してから決めることをおすすめします。

また、窓はサッシはもちろん面積も小さいものを選択することが重要です。その他にも、窓の枚数を増やしたり窓ガラスに気体を封入させたりして気密性を保ちやすくすることが可能です。

空調・給湯・照明・換気における高機能な設備

ZEH住宅には、高機能な空調・給湯・照明・換気設備を導入する必要があります。空調設備において、こちらのPDFの「表 A.2 区分(い)を満たす条件 」を満たしているものを選ばなければいけません。給湯設備の場合、「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」などの設備が必要です。照明設備は、LED一択になることがほとんど。換気設備には、常時換気設備(24時間換気システム)が義務付けられています。

太陽光発電システムを導入

太陽光発電システムとは、太陽光のエネルギーを電気に変換する太陽光パネルを搭載することで、自宅で発電することができます。消費できるようにする発電方法です。太陽光発電システムは、日本のすべてのZEH住宅で導入されています。太陽光発電システムでは、日中は発電した電気を使いながら生活し、余った分の電気を家庭用の蓄電池にためることができます。そうしてためられた電機は、天気の悪い雨の日や太陽の光がない夜間に使うことが可能です。

HEMSを導入

ZEH住宅には、HEMSの導入が必要です。HEMSとは「Home Energy Management System」の略で、自宅で使用するエネルギーを節約するための管理システムです。自宅で使う家電や電気設備とつなぐことで、電気またはガスを使用した量をモニターやスマートフォンで確認することができます。さらに、家電機器を自動的に制御することもできるので、とても便利なシステムといえます。

ZEH住宅に住むと得られること

 

光熱費を安くしてお財布にも地球にも優しい

ZEH住宅は、自宅で消費エネルギーを生み出すことができるので、自然と光熱費を安くすることが可能です。太陽光発電システムから作られた電機は売ることができます。そのためひと月の収支がプラスになることもすくなくありません。ZEH住宅は、長い間生活するなかで節電の我慢をする必要がありません。

また現在、日本が電気を生み出すためにとっている発電方法は、火力発電です。火力発電は、発電する量によって温室効果ガスを発生します。温室ガスが出ることで、地球に害を与えてしまいます。しかし、ZEH住宅では、自宅で消費エネルギーを生み出すことができるので、温室効果ガスの発生を防ぐことができます。ZEH住宅は、お財布だけでなく地球にも優しい住宅です。

ZEH住宅に対して補助金が支給される

ZEH住宅には、国から1戸あたり定額75万円ほどの補助金が支給されます。支給された補助金を蓄電池の設置資金にするのもおすすめです。また、蓄電池を搭載することで、さらに最大40万円分の補助金を追加でもらうことができます。ご自宅の予算と相談しながらベストなプランを選びましょう。

 

ZEH住宅の仕様を理解しておこう

今回の記事では、ZEH住宅における使用について説明しました。ZEH住宅には、条件が多く手間がかかるイメージを持つ方がたくさんいます。しかし実際には、ご自身が理想とする住宅像を在宅メーカーや工務店に伝えることで、簡単に話を進めることができます。まずは、どんな家を建てたいのかを明確にすることがから始めてみることをおすすめします。

クレバリーホームの注文住宅