ZEHのメリットとは?メリットとデメリットを詳しく解説

住宅で使うエネルギーを自宅で作りだすことのできる「ZEH」。最近できた言葉で、すべてを理解している人はすくないのではないでしょか。そこでこの記事では、ZEH住宅におけるメリットやデメリットについてご紹介します。これからZEH住宅を建てることを検討している方の参考になれば幸いです。

そもそもZEHとは

ZEH住宅のメリットやデメリットを紹介する前に、まずはZEH住宅について軽くおさらいしておきましょう。ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、エネルギー消費量を正味0にすることを目指した住宅です。他にも「ゼロエネルギー住宅」や「ゼッチ」とも呼ばれています。

人が生活するには、住宅で消費するエネルギーを完全に0にするのは大変です。とはいえ、今回のゼロエネルギーとは、完全に0ではなく、正味ゼロ。つまるところ、プラスマイナスゼロにすることです。

またZEH住宅は、高機能な断熱材を利用する必要があります。そのため屋内の環境を最適な状態に保つことができます。

省エネルギーを保ちエネルギーの消費量をできるだけ少なくします。それだけでなく、太陽光発電システムを導入することで、消費量と同じ量のエネルギーを自宅で生み出せる住宅をZEHと呼びます。

ZEHのメリット

ZEH住宅を建てることで、どんな嬉しいことがあるのか気になりますよね。そこで、ここではZEH住宅におけるメリットをご紹介します。

光熱費を安くできる

ZEH住宅は、自宅で消費エネルギーを生み出すことができるので、自然と光熱費を安くすることが可能です。ZEH住宅に使う断熱材は高性能で、夏場や冬場なの季節を問わずお部屋の中を快適な温度で保つことができます。また、太陽光発電システムで作ったエネルギーを売ることが可能です。そのため収支がプラスになることも考えられます。ZEH住宅は、数十年生活する住宅で節電の我慢をせずに光熱費が安く済ませることができます。

ヒートショックの防止ができる

ZEH住宅は、屋内における温度の急激な変化がありません。そのため、ヒートショックの心配がありません。ヒートショックとは、家の中で急激な温度変化により、血圧が大きく変動して心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまう現象です。ZEH住宅では、高性能な断熱材を採用します。高機能な断熱材を使うことで、住宅全体を一定の温度で保ちやすくします。そのため、屋内での急激な温度変化がありません。安心して快適な住宅で生活することが可能です。

補助金が支給される

ZEH住宅には、国から1戸あたり定額75万円ほどの補助金が支給されます。住宅を購入するときは、ほとんどの方がローンを組むのではないでしょうか。そんな時でもZEH住宅を建てることで、補助金としてまとまったお金がもらえるのでローンを軽減することが可能です。また、蓄電池を設置する資金としてもおすすめです。蓄電池を搭載することで、最大40万円分の補助金を追加でもらうことができます。

災害時も安心できる

ZEH住宅の必須条件ではありませんが、蓄電池を追加設置することで太陽が沈んだ後でも日中に生み出したエネルギーを使うことができます。また、蓄電池を設置することで災害時の対策になります。例えば、急に停電してしまっても蓄電池から電気を供給できるので、停電の影響を受ける心配がありません。電気自動車を持っている場合、蓄電池から充電することが可能です。そのため、非常事態に備えて非難することができます。

地球にやさしい

現在、日本の電力は火力発電が約8割を担っています。しかし火力発電は、発電する量が多いほど大量の温室効果ガスを発生します。ZEH住宅では、自宅で消費エネルギーを生み出すことができるので、温室効果ガスの発生を防ぐことができます。また、火力発電所の資源である石油や石炭には、使える限度が決まっています。ZEH住宅は、限られた資源を残すために大きく貢献します。

HEMSシステムがエネルギーのバランスを整える

ZEH住宅には、エネルギーを管理したり自動的に制御するHEMSシステムの導入が必須です。HEMSシステムは、住宅のさまざまな電気機器と接続することができ、一括で自動的に制御することを実現したシステムです。電気や電源の消し忘れがあると電気を無駄にしてしまいますよね。HEMSは、自動で瞬時に効率が良くなるように設定を調整してくれます。ZEH住宅は、電気の無駄をなくして効率的な生活を送ることができます。

ZEHの唯一のデメリット

いくつかメリットをご紹介しましたが、実はZEH住宅には唯一のデメリットがあります。それは、予算が上がってしまうこと。ZEH住宅には、高機能な断熱材や太陽光発電システムを導入しなければいけません。そのため、一般の住宅と比べると建てる費用が増えてしまいます。

とはいえ、そういった部分を無くすために補助金が出ていることを考えると、ZEH住宅はお得かつ安心で安全な住宅です。

ZEH住宅はメリットがいっぱい!

この記事では、ZEH住宅におけるメリットやデメリットについて説明しました。ZEH住宅には価格が上がってしまうデメリットがありますが、それをカバーできるほど多くのメリットがあります。ZEH住宅は、建ててしまえば何十年も優れた機能を使うことが可能です。まずは、住宅を建てる際にかかる資金の算出から始めることをおすすめします。

クレバリーホームの注文住宅