狭小住宅の秘密は足場にあり

狭小地での家づくりは、高度な構造の知識や施工能力が必要です。

狭小地での家づくりは、高度な構造の知識や施工能力が必要です。

狭小住宅は狭い土地に建てるため、多くが細く縦に長い形状の家です。また、周囲に住宅が密集している場合が多く、施工の際は通常の家を建てる時以上に、高度な構造知識や施工能力が必要となります。
クレバリーホーム城東店は、数多くの狭小住宅の施工実績があります。そのため、経験に基づいた豊富な知識や建築スキルをベースに、家づくりを進めていくことができます。

期待と不安が入り混じる初めての家づくり。狭小住宅というちょっと特殊な家づくりでも、安心してお任せください。

 

足場の品質=作業場の安全性と品質

家づくりにおいて、品質を左右する足場作りはとても重要です。
狭小住宅は、元々狭い土地に建てられたものが多く、建築段階で十分な足場を確保することが難しいケースが多々あります。しっかりと組まれて安定した足場は、作業場の安全性に直結します。

状況に応じて適切な足場が組まれることで、建築を安全に進めていくことができます。それは現場の作業効率を上げて時間的な余裕を生み出すだけでなく、安心して作業を丁寧に行うことができる環境を作り上げます。
そんな環境下でつくりあげられた狭小住宅は、仕上がりの品質も高く保つことができるのです。

 

ご近所さまへの配慮も、もちろん怠りません。

自分の家の前の道路だけでなく、隣の家の敷地内にも足場を建てなければならない…。狭小住宅の家づくりでは、そういったケースも珍しくはありません。このような場合、着工する前の工事計画段階でご近所さまとの話合いを行い、調整をして参ります。
家づくりの段階でも、終わった後もずっと続くご近所関係。ご近所さまとの関係を良好に保つことで、出来上がった家に安心して住み続けることができるのです。
ご近所さまに配慮した施工体制づくりや、資材置き場・駐車場などの確保をいたします。

60㎝幅の足場にするのか、30cmの足場にするか


狭小住宅・狭小敷地では工事における足場を30cm幅で作るのと50cm幅で作るのとで、利用できる住宅の床面積が異なります。

60cm幅の場合

施工をする時に建物から足場の柱までが60㎝あれば(おおむね)敷地内に最適な足場が建てられます。この場合は、大分余裕があります。

30cm幅の場合

幅が30㎝程度は人が横歩きでなら進める幅です。この場合、足場の柱を敷地の外側いっぱいに立てます。

設計技術と施工技術を持つ弊社では、このような狭小住宅における足場の幅を狭める狭小住宅の足場の幅を抑える技術を持っています。10cmも無駄にしない家づくりをしているので足場にこだわる事で、お客様の敷地を無駄遣いしない家づくりが実現できるのです


狭小住宅の秘密は足場にあり。10㎝も無駄にしない家づくりを。

 

狭小住宅の家づくりを左右する足場。このような細部にも配慮し、施工管理にも十分な力を注いでいます。
安全な環境の元で造り上げられた、よりよい家づくりはクレバリーホーム城東店にお任せください。

お問い合せ内容必須
カタログを請求する
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
連絡方法必須
ご住所必須

その他任意