対面キッチンで後悔?キッチンの間取り設計のコツを紹介

新築を建てる際やリノベーションの際、キッチン周りの設備をグレードアップし、対面式キッチンの導入を検討しているという人もいるでしょう。対面キッチンは見た目がおしゃれで憧れる人も多く、人気のキッチンスタイルとなっています。

 

しかし、なかには対面キッチンにしたことで使い勝手が悪く家事の効率が落ちてしまったという人もいるのです。では、なぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか。

今回は、対面キッチンの特徴や間取り設計でのコツについて紹介していきます。

 


コラムのポイント
・便利でおしゃれな対面キッチンの魅力や特徴について紹介していきます。
・対面キッチンを導入して後悔しないよう、設置の際のポイントや注意点について理解をしておきましょう。


− table of contents −
◼ 対面キッチンってどんなキッチン?
◼ 対面キッチンにはこんなメリットがある
◼ 【後悔しないために】対面キッチンのデメリットを紹介
◼ おしゃれで便利な対面キッチンの家を建てよう

対面キッチンってどんなキッチン?

 

対面キッチンとは、どのようなキッチンのことを指すのでしょうか。対面キッチンにはいくつかの種類があり、それぞれ形状や使い勝手が異なります。そのため、自身の住む家の間取りやライフスタイルに合わせて選択することが重要です。

アイランド型キッチン

アイランド型キッチンは、その名の通りキッチンスペースが独立し壁と接していません。そのため、設置するためには広めのスペースが必要となります。実際にキッチンエリアに立ってみると、壁や柱など視線を遮るものがないため、とても開放的に感じるでしょう。

 

食事の準備や片づけなどの移動もしやすく、最近では主流になっているスタイルです。子供がいる家庭でも子供と並んで料理ができるなど、広さを活かした使い方ができます。

 

ペニンシュラ型キッチン

キッチンスペースの左右どちらかが壁と接しているため、アイランド型キッチンほど広いスペースを必要としません。また、間取りの制約を受けにくいので、アイランド型キッチンを設置するほどのスペースが取れない家でもペニンシュラ型キッチンであれば設置できることもあります。

 

どちらかに壁を背負うことで設置しやすい反面、もう片面はアイランド型キッチンのような開放的な空間になっていることから、使い勝手もよく最近注目されているキッチンスタイルです。

 

I型キッチン

I型キッチンの特徴は対面キッチンとしてリビングなど家のなかを見渡すことができつつ、キッチンの手元を隠すことができることです。キッチンカウンターを高めにすることで、キッチン周りのゴチャゴチャ感や生活感を部屋から見えなくできる点がメリットでしょう。

 

家族の様子は確認できるようにしたいけど、手元やもので散らかりがちなキッチンスペースはあまり見せたくないという人にとってはおすすめのキッチンとなります。

 

L型キッチン

L型の対面キッチンはI型キッチンよりも作業スペースが広く、L字型になっていることから移動が楽であるという特徴があります。作業台を使用しながら真横にあるコンロの様子も確認できるため、家事の効率も上がるでしょう。

 

L型キッチンの場合、壁に面した部分にコンロを設置するのがセオリーであるため油汚れなどが飛びにくいのもメリットの一つです。スペースを上手く活用することで使い勝手のよいキッチンスペースをつくることができます。

 

セパレート型キッチン

セパレート型キッチンの特徴は、シンクとコンロが別々に分かれている点です。シンクとコンロが別々のスペースとなっているので、それぞれに作業台を設置できるのが大きなメリットとなります。広々とした作業スペースが欲しいという人におすすめのキッチンスタイルです。

 

対面キッチンにはこんなメリットがある

 

対面キッチンを設置することでどのようなメリットがあるのでしょうか。対面キッチンには、キッチンスペースをリビングダイニングと隔てている従来のキッチンにはない魅力がたくさんあるので、そのメリットについて紹介していきます。

関連記事▷▷【新築】キッチンの間取り計画|おすすめオプションと収納をチェック!

見た目がおしゃれ

対面キッチンは見た目がおしゃれです。キッチンのデザインをリビングダイニングと揃えることも可能であるため、より空間に統一感をだすことができるでしょう。モダンな雰囲気の部屋であれば、キッチンのデザインもホワイトやブラックといったデザインにすることで、より清潔でスタイリッシュなキッチン空間となります。

 

部屋同様にデザイン性に富んでいるため、見た目にこだわりたい人にはおすすめのキッチンスタイルといえるでしょう。

 

家族とコミュニケーションがとりやすい

対面キッチンにすることで、リビングにいる家族とのコミュニケーションがとりやすくなります。従来のキッチンはリビングと空間が分かれており、家族に背を向けながらの作業となるため、コミュニケーションがとりやすいとはいえません。

 

しかし、対面キッチンであれば常に家族の顔を見ながらの家事が可能であるため、家族との時間を大切にしたい人にとっては大きなメリットとなります

 

収納スペースを多くとれる

対面キッチンは壁面を利用することで収納スペースを増やすことが可能です。また、キッチンの横にパントリーを設けることで、調味料やインスタント食品、飲料水など保管しておきたいものを整理・収納することもできます。

 

キッチンは使っていくうちにものが増え、散らかりやすくなってしまう場所であるため、そのような収納方法を活かせば、いつまでもきれいに使うことができるでしょう。

 

【後悔しないために】対面キッチンのデメリットを紹介

対面キッチンにはいくつものメリットがあり、間違いなく生活の質を向上させてくれるだけの効果があります。しかし、いざ対面キッチンの導入を決めても、実際に使ってみたら「こんなはずじゃなかった」という声があることもまた事実です。

 

では、対面キッチンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

関連記事▷▷【新築】忘れないで!キッチンのゴミ箱置き場

設置には広いスペースが必要

対面キッチンを設置する際には、ある程度の広さが必要となります。とくにアイランド型キッチンなどはキッチン自体が独立しており、その周囲を移動するためのスペースも必要です。そのため、無理にアイランドキッチンを設置したことによって、リビングダイニングの間取りが狭くなってしまい後悔しているという人もなかにはいます。

 

対面キッチンを設置するのに必要なスペースを確保するためには、ほかの部屋の間取りを狭くしなければならないこともあるので、しっかりと検討してから間取り設計を行いましょう。

 

サイズや形状によっては使い勝手が悪くなる

対面キッチンの魅力は広く使いやすいという点ですが、サイズや高さなどは普段よく使用する人に合わせて決定しましょう。壁との幅が狭いと人がすれ違えなかったり、高さが高かったり低かったりする場合には無理な体勢で使用することにより、身体を痛めてしまうこともあります。

 

後からサイズの変更をすることは難しく、余計な費用がかかってしまうため、必ず最初に適切なサイズを確認し設置をしていきましょう。

 

汚れに気を配らなければならない

対面キッチンをリビングダイニングに隣接して設置する際、汚れが周りに飛び散ることを気にかけておきましょう。料理の際や洗い物をしているときなど、気付かぬうちにスポンジの泡や油汚れが部屋にまで飛んでしまうかもしれません。

 

なるべくこまめにキッチン周り以外のスペースも床掃除をすることを心がけ、キッチン以外のスペースも常に清潔に使用できるようにしましょう。

 

おしゃれで便利な対面キッチンの家を建てよう

対面キッチンは見た目がおしゃれで、機能性も抜群のおすすめキッチンです。対面キッチンを導入することで家事の効率が向上するだけでなく、家族とのコミュニケーションも活発にとることができます。

 

しかし、便利な反面広いスペースが必要だったり汚れなどにも気をつかわなければならないため、メリット・デメリットの双方を確認したうえで導入を検討しましょう。

今回の記事を参考に、対面キッチンを導入して後悔しないよう最適な間取り設計をしてみてください。

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など

     

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。

    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    神奈川県 川崎市等, 千葉県 浦安市等, 埼玉県 草加市・川口市等

    お問い合わせ内容

    必須

    【下記ご興味のある家タイプをチェックしてください】※複数回答可

    MONOプレイスハウジングスクエアクレバリーライフタイル・ガイドブックエクステリア&インテリアラインナップカタログTECHNICAL GUIDE

    お名前

    必須

    メールアドレス

    必須

    電話番号
    半角でご記入ください

    必須

    年齢

    必須

    連絡方法

    必須

    現住所

    必須

    郵便番号

    都道府県

    市区町村
    番地

    マンション
    アパート名

    当社を知った
    きっかけ

    必須

    その他

    任意


    監修者情報

    高坂 昇

    高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

    リフォームと新築の両方の専門チームを持つ当社の強みを活かして、お客様のあらゆるご要望にお応えします。また、弊社では特に地下室への取り組みを強化しております。地下室に関するご質問、ご相談等ございましたらお気軽にご相談ください。

    詳しいプロフィールはこちら