【耐震等級3】後悔する3つの理由│意味ない、いらないって本当?耐震等級1でも十分?

【耐震等級3】後悔する3つの理由│意味ない、いらないって本当?耐震等級1でも十分?

「耐震等級3を取って後悔した…」
このように、耐震等級3の取得について、後悔を抱える方もいるようです。

また、耐震等級3は「意味ない、いらない」「耐震等級1でも十分」と、耐震等級は不要であるという意見を目にすることもありますが本当なのでしょうか?

そこで本記事では、耐震等級3の取得で後悔する瞬間や、意味がないとされる理由について解説します。

記事の終わりには、耐震等級の取得の意味やメリットも解説しますので、住まいの耐震性に興味を持つ方は、ぜひ比較検討の参考にしてください。

50年先まで快適、安心な家 耐久・耐震・断熱に優れた SKYSHARE G2 誕生

▶業界最高水準の耐震・耐久・断熱性能住宅【SKYSHARE G2】

耐震等級3の取得で感じる「3つの後悔」

建物の耐震性能を1・2・3の3段階で分かりやすく評価する耐震等級。

その中で最高等級である3の取得で後悔を感じるのは、以下の場面です。

  • 壁・窓の位置が制限されることがある
  • 建築費用が割高になる
  • 平時は耐震等級3のメリットが感じにくい

関連記事:耐震等級とは?1・2・3の違いも分かりやすく解説

壁・窓の位置が制限されることがある

耐震等級を取得するためには、地震の力に耐えるための壁(耐力壁)を一定以上バランスよく配置する必要があります。

「耐震等級3を取得するために、大きな窓のある家を建てられなかった」
「吹き抜けのある空間に憧れていたのに、耐震等級3を取るために諦めた」

このように、理想の間取りを実現できなかった場合に後悔を感じる可能性があります。

 

なお、耐震等級3でも設計の工夫次第で、大きな窓や吹き抜けのある空間を実現することは可能です。
耐震性へ配慮をしながら要望も叶えられるよう、検討中のハウスメーカーに相談してみましょう。

▶強靱化大賞「優秀賞」を受賞した【クレバリーホーム東京】に相談する

建築費用が割高になる

耐震等級取得の後悔:建築費用アップ

耐震等級を高めるためには、耐震性を高める建材を使用するため施工費用が高くなります

また、等級3の達成を確認するために、設計にも手間がかかり費用が高まるでしょう。

予算に上限がある場合は、予算をかけるべき部分にメリハリをつける必要があります。

平時は耐震等級3のメリットが感じにくい

勧められるままに耐震等級3を取得した場合も、メリットがよく分からないまま建築費用が上がることから後悔する可能性があります。

耐震等級3の家は被災してはじめて本当の価値が実感できます。
地震がない平時は、地震保険料が安くなったり、心理的な安心感はありますが、耐震性を高めることに対しての明確な価値は実感しにくいかもしれません。

こうした3つのケースが、耐震等級3の取得に対して後悔を抱える場面です。

耐震等級3「意味ない、いらない」という人の理由とは?

さらに、耐震等級3に対して「意味ない、いらない」という意見があるのは、主に以下の2つの理由からです。

倒壊・崩壊を100%防げる訳ではない

1つ目は、耐震等級3を取得した場合でも、住まいの倒壊・崩壊を100%防げる訳ではないことです。

住宅はいくら耐震性を高めても「絶対に倒れない」とは言い切れません。
想定以上の大地震が発生したり、津波を受けた場合など、耐震等級3を取得していても地震による被害を受ける可能性をゼロにするのは困難です。

耐震性が高いだけでは地震対策として十分でないから

2つ目は、耐震性を高めた住宅も繰り返し発生する地震に対してダメージを受けることです。

高い耐震性の住宅も、地震を受ければ柱と梁の接合部などにダメージが蓄積します。
本震に加えて複数回地震が発生した場合、ダメージの大きくなった箇所が元となり、損傷を起こすリスクがあります。

地震に強い家づくりには、耐震性だけでなく、耐震+制震の考え方が重要です。

「耐震」+「制震」で実現する地震に対して強い住まい

▶「耐震」+「制震」で実現する地震に強い住まい【制震王】

耐震等級1でも十分?

現行の建築基準法に合わせて住宅を建てる場合、耐震等級1と同等の基準になります。

実は耐震等級1でも、震度6強~7クラスの地震に対しても倒壊・崩壊しない強度を期待できますので、「耐震等級は1でも十分」という意見もあるようです。

 

「耐震等級3が意味ない、いらない理由は何?」
「耐震等級1でも十分なの?」

こうした疑問をお持ちの方は、検討中のハウスメーカーに気軽に聞いてみましょう。
会社ごとの耐震に対する考え方を確認できるでしょう。

災害に強い家づくりについてのご相談はこちらから

▶ジャパン・レジリエンス・アワード2023(強靱化大賞)優秀賞を受賞

耐震等級3の必要性・メリット

ここまで、耐震等級3の後悔や「いらない・必要ない」意見について解説しました。
一方で耐震等級3を取得する必要がある理由とメリットについても確認しましょう。

大きな地震を受けたとき倒壊・崩壊を防げる

耐震等級1の住まいと耐震等級3の住まいの被災状況比較

引用:国土交通省「熊本地震における建築物被害の原因分析」

1つ目の理由は、大きな地震を受けたとき、倒壊・崩壊を防げることです。

2016年に発生した熊本地震後の建物調査によると、耐震等級1の住まいで倒壊または大破した住宅があった一方で、耐震等級3の住まいでは倒壊・大破した住宅はありませんでした

本調査結果から、耐震等級3を取得することで、住宅の倒壊に巻き込まれる恐れ、住宅が深刻な損傷を受ける可能性を減らせることが分かります。

損傷を抑え地震後の生活再建がスムーズに

2つ目の理由は、地震が発生した場合の住宅の損傷を抑えられること、さらに地震後の生活再建をスムーズにできることです。

耐震等級に関する資料(新築住宅の性能表示かんたんガイド)

引用:住宅性能評価・表示協会「新築住宅の性能表示かんたんガイド」

耐震等級3には「倒壊を防止すること」と「損傷を防止すること」2つの目的が設定されています。

耐震等級1は震度6強~7の地震でも倒壊・崩壊しないことを期待できる一方で、損傷の生じにくさは震度5強の地震を対象としています。
つまり、震度6以上の揺れに対しては損傷を受ける恐れがあるということです。

耐震等級1の1.5倍の強度を期待できる耐震等級3を取得することで、倒壊・崩壊しないことに加えて、損傷を防ぎ地震後の生活再建をスムーズにする働きも期待できるでしょう。

関連記事:【首都直下型地震で助かるには?】いつ来る・どう備える│4つのポイントと対策

住まいの資産価値が高くなる

3つ目の理由は、住まいの資産価値が高くなることです。

耐震等級3は第三者機関である住宅性能評価機関によって審査され、認定を受けます。
転職・転勤などで家を売却したり賃貸に出すこととなった場合、耐震等級3を取得していれば、第三者の目で見て地震に強い住まいであることが分かり、他の同程度の物件より評価が高まることが期待できます。

売却する場合も賃貸に出す場合も、耐震等級1よりも良い条件で売却・賃貸できるでしょう。

地震保険料の割引制度を受けられる

4つ目の理由は、地震保険料の割引制度を受けられることです。

地震保険料には様々な割引制度が用意されています。
たとえば「耐震等級割引」では、耐震等級3の住まいの場合50%もの割引を受けられます。

参考:日本損害保険協会「地震保険の保険料の割引制度について」

耐震等級年間保険料
耐震等級330,900円
割引なし61,650円

※ロ構造・東京都・契約金額1,500万円で算定
参考:日本損害保険協会「地震保険料の試算」

耐震等級の割引を受けた場合と割引のない場合、シミュレーションして比較すると年間3万円もの違いになります。

地震保険は複数年契約するケースが多く、耐震等級3と割引なしの差額は年々大きくなっていくことでしょう。

住宅ローンの金利優遇を受けられる

フラット35Sの利用で耐震等級の取得により金利の割引を受けられる

参考:住宅金融支援機構「フラット35S」

5つ目の理由は、住宅ローン商品によっては金利優遇を受けられることです。

たとえば、フラット35を利用する場合、耐震等級3を取得することで「フラット35S 金利Aプラン」を利用でき、5年間0.5%の金利引下げを利用できます。

住宅金融支援機構の試算では、5年間で約80万円もの差額が生まれるとのことで、耐震等級を取得するための費用の増額を軽減できることとなります。

まとめ│耐震等級3の住まいはクレバリーホーム東京へ

温かみのある風合いの木造耐火住宅(台東区)

【台東区】地震による火災にも強い木造耐火住宅の事例>>>

耐震等級3の取得で後悔する場合や「意味ない、いらない」とする意見について解説するとともに、メリットについても紹介しました。

不要である意見がある一方で、熊本地震後の建物被害の調査結果を見ると、耐震等級3の取得で建物の倒壊・崩壊や損傷を防げることが期待できます。

メリット・デメリットや調査データなどから、耐震等級の取得について具体的に検討してみましょう。

 

地震に強い家を建てるなら、高い耐震性と耐火性を兼ね備えた耐震等級3の住まいがおすすめです。
東京で地震と火災に強い家を建てるなら都内トップクラスの豊富な施工実績のあるクレバリーホーム東京までお気軽にご相談ください。

防火地域に建てるクレバリーホーム東京の「木造耐火住宅」はこちらから

▶都内トップクラスの施工実績|地震火災にも強い「木造耐火住宅」

 

LINEでお問い合わせ

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

木造密集地域や防火地域において、木造ならではの施工性や設計の柔軟性、コストパフォーマンスを活かして木造耐火4階建て住宅(もくよん®)や、災害時の避難場所となる地下室や屋上を備えた災害住宅も提唱しています。

詳しいプロフィールはこちら