【土地ありの場合】家を建てる費用はいくら?注文住宅の平均費用や建てた人の年収、家づくりの流れ

【土地ありの場合】家を建てる費用はいくら?注文住宅の平均費用や建てた人の年収、家づくりの流れ

相続や贈与された土地など、すでに土地ありの場合、家を建てる費用はいくらになるのでしょうか?

本記事では、土地ありで注文住宅を建てる平均費用建てた人の平均年収費用の内訳家づくりの流れについてご紹介します。

みんなの平均費用やおおまかな流れを把握したい方は、ぜひ記事を参考にしてくださいね。

 

 

家を建てる平均費用

土地ありで家を建てる費用

家を建てる平均費用について、住宅支援機構によるフラット35利用者調査(2022年度)を参考に、ご紹介します。

参照サイト:フラット35利用者調査:住宅金融支援機構 2022年度

【土地あり】注文住宅の平均費用

土地あり=土地を所有している状態で注文住宅を建てる場合、全国平均費用は「3,717万円」です。

家を建てる費用の推移

引用元:フラット35利用者調査データ

人件費や建築材の高騰により、住宅価格は注文住宅に限らず、年々上昇傾向にあります。

【土地なし】注文住宅の平均費用

土地を所有していない場合、「土地購入費+注文住宅の建築費」がかかります。

土地価格は、住むエリアによって大きく異なるため、注文住宅の総額にも差が生じます。

 

エリア総額建築費土地代
全国平均4,693万円3,194万円1,499万円
首都圏5,405万円3,117万円2,288万円
近畿圏4,893万円3,133万円1,760万円
東海圏4,693万円3,394万円1,299万円

 

土地なしで注文住宅を建てる場合の全国平均は「4,693万円」となり、土地ありの「3,717万円」と比較して、「976万円」も高くなります。

土地ありで注文住宅を建てた人の平均年収

サラリーマン 男性

土地ありで注文住宅を建てた人の平均年収必要な年収について、確認してみましょう。

平均年収

【土地ありで注文住宅を建てた世帯の平均年収】

全国首都圏
世帯年収623万円680万円
年齢46.2歳47.1歳
年収倍率6.9倍7.0倍

 

世帯年収「600万円~700万円」程度が平均であり、年収が夫:500万円 妻:200万円のご家庭であれば、注文住宅を十分検討できますね。

 

関連記事:【40代の住宅ローンの平均借入額や年収別の目安は?】年齢による制限や3000万・4000万のシミュレーション 

費用別の必要な年収

注文住宅の費用別に、必要な年収の目安について、ご紹介します。

 

【費用別に必要な年収】

借入額必要な年収毎月の返済額
2000万円年収300万円51,000円
3000万円年収450万円77,000円
4000万円年収600万円103,000円
5000万円年収750万円129,000円

※金利0.5% 借入期間35年間 元利均等返済の場合

無理のない住宅ローンの借入額の目安は、年収倍率で「6倍~7倍」といわれています。

しかし、同じ借入額でも、「選ぶ金利」「借入期間」によって、適切な年収は異なります。

日本人の約7割が選ぶ変動金利は、固定金利と比べて金利が低く、毎月の返済負担を大幅に軽減できます。

 

エコな住まい・経済的な住まいを目指す人におすすめできるSKYSHARE OG

▶【東京都助成金対象】太陽光発電+蓄電池で実現するオフグリッド住宅

土地ありで注文住宅を建てる費用内訳

注文住宅 費用

注文住宅を建てる費用の内訳について、順番にご紹介します。

 

  • 本体工事費
  • 付帯工事費+別途工事費
  • 諸費用

本体工事費

土地ありで家を建てる 費用内訳

本体工事費は、注文住宅にかかる総額の70%程度になることが多い、建築費のメインとなる項目です。

建物の基礎や骨組み、屋根や外観など、家を形づくるためにかかる費用になります。

住宅会社を比較する目安として坪単価を参考にする方も多いと思いますが、坪単価で計算できるのは本体工事費のみです。

【例】

坪単価70万円×30坪(延床面積)=2,100万円(本体工事費)

 

坪単価のみで予算を決定してしまうと、予算オーバーになる恐れが高くなるため、注意しましょう。

付帯工事費+別途工事費

付帯工事費+別途工事費は、総額の20%程度になる費用です。

給排水工事やガスの引き込み工事、地盤改良や外構工事が入ります。

地盤改良費と外構工事費は、土地の条件やこだわりによって、高額になりやすいため、必ず見積書を確認しましょう。

諸費用

諸費用は、全体の10%程度にあたる費用です。

 

【諸費用の内訳】

項目内容
設計料設計事務所:建築費×10%~15%

ハウスメーカー:建築費×2%~5%

地鎮祭10万円前後
登記費用や司法書士への報酬所有権保存登記は司法書士に依頼するのが一般的
火災保険・地震保険住宅ローンを利用する場合、加入を必須条件とする金融機関がほとんど
融資事務手数料・ローン保証料金融機関に支払う費用

 

注文住宅の建築費が4,000万円の場合、諸費用は「400万円」が目安です。

諸費用は、基本的に現金で支払うため、事前にいつ・いくら必要になるのか、支払いタイミングを担当者に確認しておきましょう。

 

関連記事:【2024】注文住宅の補助金・助成金・減税制度一覧|いくら・いつもらえるのかについて解説 

新宿モデルルームオープン

注文住宅の引き渡しまでの期間

土地ありの場合にかかる「期間の目安」について、ご紹介します。

 

注文住宅の流れ期間の目安
①    資金計画1カ月
②    住宅会社探し1カ月~2カ月
③    間取りプラン作成1カ月
④    住宅会社を決定・契約2カ月~3カ月
⑤    建物の詳細打ち合わせ
⑥    着工4カ月~7カ月

 

⑦    完成・引き渡し

 

期間の目安は、住宅会社を決定するまでは「3カ月~5カ月」、契約してから引き渡しまでは「6カ月~10カ月」です。

すべて合わせると、「9カ月~1年3カ月程度」かかることを想定しておきましょう。

土地探しが必要ないため、敷地に入る仮プランを比較し、スムーズに契約まで進むことができます。

 

人気の記事:「東京で地震に強い地域はどこ?」23区地震危険度ランキングから分かること

制震王

土地ありで家を建てる流れ「7ステップ」

家 流れ

土地ありで家を建てる流れについて、詳しくご紹介します。

  •  資金計画
  • 住宅会社探し
  •  間取りプランの作成
  •  住宅会社と契約
  •  建物の詳細打ち合わせ
  •  着工
  • 完成・引き渡し

①資金計画

まずは、家を建てるための予算を決定します。

家族構成やライフプランによって、最適な予算は異なるため、将来の収支バランスを考慮し、余裕を持った資金計画を検討してみましょう。

②住宅会社探し

家づくりを成功させるためには、住宅会社探しは、もっとも重要だといえます。

「資料請求」「施工会社の実績を確認する」など、複数の住宅会社を比較し、理想の家を実現できる会社を見極めましょう。

後悔しないために、大手ハウスメーカーだけではなく、地域に特化した住宅会社など、幅広く情報収集することが大切です。

東京の厳しい建築条件をクリアできる技術力など、住宅会社ごとの強みを比較してみましょう。

 

東京で注文住宅をご検討中の方は、東京23区での施工実績が豊富なクレバリーホーム東京まで、お気軽にご相談ください。

LINEでお問い合わせ

③間取りプランの作成

家づくり相談会

「間取りプラン」と「見積書」を作成してもらいます。

ここで注意したい点は、見積書に記載されている項目です。

住宅会社ごとに見積書の書き方は異なるため、どの工事までが費用に含まれているのか、外構も含めた総額を確認しましょう。

④住宅会社と契約

プラン決定後に、住宅会社と正式に「工事請負契約」を結びます。

契約後は、間取り変更やキャンセルが簡単にできないため、契約内容を十分に確認してからサインしましょう。

➄建物の詳細打ち合わせ

間取りプラン決定後は、建物詳細について打ち合わせをおこないます。

内装や外観、仕様など、細かな部分も含めて綿密に決めていきます。

行政にプランを提出し、「建築確認済証」が交付されたら、金融機関と住宅ローン契約をおこなう流れです。

⑥着工

いよいよ建物の着工に移ります。

近隣への挨拶まわりや工事の無事を祈る地鎮祭は、このタイミングでおこないます。

着工後は、工事状況を確認しつつ、完成するまで待ちましょう。

⑦完成・引き渡し

完成後は、行政の完了検査施主も立ち会う竣工検査をおこないます。

立ち合い時に、気になる箇所があれば指摘し、補修を依頼します。

すべての検査終了後に、残代金の支払い(決済)し、引き渡しを受ける流れです。

まとめ

土地ありで注文住宅を建てる場合の平均費用や建てた人の平均年収、内訳や家づくりの流れについて解説しました。

すでに土地を所有している場合、敷地を最大限に活用した家づくりが、成功するためのポイントになります。

東京で注文住宅をご検討中の方は、23区内での施工実績が豊富なクレバリーホーム東京まで、お気軽にご相談ください。

  • 3階建て住宅・4階建て住宅
  • 木造耐火住宅
  • 狭小住宅
  • 地下室付き住宅・屋上付き住宅
  • 二世帯住宅
  • 賃貸住宅

「こんな暮らしがしてみたい」「このエリアで暮らしたい」「狭小地過ぎて建てられないかもしれない」などの不安や疑問、そしてあなたの想いをお聞かせください。

お客様との何気ない会話からご要望を汲み取り、最適なプランのアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

ヨコだけではなくタテの空間を上手に活用する住宅を、私たちと一緒に建ててみませんか。

LINEでお問い合わせ

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

木造密集地域や防火地域において、木造ならではの施工性や設計の柔軟性、コストパフォーマンスを活かして木造耐火4階建て住宅(もくよん®)や、災害時の避難場所となる地下室や屋上を備えた災害住宅も提唱しています。

詳しいプロフィールはこちら