ZEHの電気代・光熱費は実際お得になる?投資回収・ランニングコストは?電気代以外のメリット・デメリットも

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?電気代以外のメリット・デメリットもチェック!

電気代の高騰、ZEHの義務化、災害対策など、これから家を建てる方にとって「ZEH」は必須の知識です。

省エネ・創エネ・高断熱なZEH住宅なら電気代の削減が期待できます。

 

本記事では、実際にZEH住宅を建てた場合に本当に電気代・光熱費が安くなるのか確認します。

新築住宅に移り住んだあと、電気代が家計の負担になることを防ぐために、高い断熱性と創エネ性能のある住まいを実現しましょう。

▶”業界最高水準”の高断熱・高耐久・耐震性能の家|クレバリーホーム東京

 

 

そもそもZEH住宅とは?

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?電気代以外のメリット・デメリットもチェック!

引用:経済産業省「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」

そもそも、ZEH住宅とは、どのような住まいを指すのでしょうか。

ZEHはNet Zero Energy Houseの略称で、エネルギーの総和がゼロになる住まいを指します。

 

つまり、断熱性能を高めつつ高効率の住宅設備を利用してエネルギーの消費量を削減するとともに、太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用してエネルギーを創出。
結果、宅内でのエネルギーの使用量の総和がゼロになる住まいを指します。

関連記事:都市型ZEH Orientedとは│補助金や狭小敷地面積の基準は?

関連記事:ZEH-M(マンション)とは?メリット・デメリットや補助金についても解説

ZEHにすると電気代・光熱費が安くなる理由

もっと具体的に、ZEHを選択することで電気代・光熱費を抑えられる理由を確認します。

消費する電力量が少なくなる

ZEH基準に合致する住まいを建てることで、使用する電力量が少なくなります。

一般的な住宅と比較して高い断熱性の窓や断熱材を使用するZEH住宅では、冷暖房を使用したとき部屋がすぐに温まります。

また、一度温まった室温が下がりにくいことも特徴に挙げられます。

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?ZEHで消費する電力量が少なくなる

引用:経済産業省「ZEHの普及促進に向けた政策動向とに関して」

ZEH基準相当の住まいと平成4年省エネ基準レベルの住まいとで、夜間に暖房を停止した後の室温変化を確認した実験では、室温変化が半分程度に抑えられたという報告もあります。

太陽光発電で電力を創れる

太陽光発電を利用して電力を創出できる点も、電気代・光熱費が安くなる理由に挙げられます。

太陽光発電協会によると、一般家庭における平均的な年間電力消費量は、4,743kWhです。

太陽光発電設備1kWあたり1,000kWhの電力量を期待できることから、住宅の屋根に4~5kWの発電設備を設置すれば、自宅で使用する分の電力を賄うことができそうです。

参考:太陽光発電協会「家庭で使用する電気をまかなえる?」

実際は太陽光発電は夜間や曇天時に発電できないことから、全ての電力を賄うことはできません。

しかし昼間の電力需要を満たすとともに余剰電力を売電することも可能で、十分な経済効果を期待できます。

 

さらに家庭用蓄電池やV2H(電気自動車のバッテリーを家庭用電力として利用する技術)を利用すれば、太陽光発電で貯めた電力を夜間に使用することもできます

 

こうした太陽光発電と関連する設備の設置に対しては、東京都では多様な補助金が用意されていますので、活用することでお得に太陽光を利用する設備を導入しましょう。

関連記事:東京都の太陽光発電導入促進事業を解説

関連記事:東京都の蓄電池設置への補助金を解説

関連記事:東京都のV2H補助金を解説

実際に光熱費はどれくらい安くなる?

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?実際に光熱費はどれくらい安くなる?

引用:国土交通省「家選びの基準変わります」

気になるのは、ZEHを建てたとき実際にどの程度電気代が安くなるのかということです。

国土交通省では、ZEH基準の家を建てたとき、年間の光熱費がどの程度安くなるのかを試算しています。

東京23区で現行の省エネ基準の家を建てた場合、年間の光熱費は「23万9,000円」となる一方で、ZEH基準の住宅では「19万3,000円」、太陽光パネルを取り付けた場合は「15万3,000円」にまで下がるとされています。

現行の省エネ基準の住まいと、ZEH+太陽光パネルの住まいとでは、年間8万6,000円もの違いが生まれる可能性があることが分かります。

 

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?実際に建てた人の実感は?

引用:株式会社リクルート「2023年 注文住宅動向・トレンド調査」

ZEHを導入した家庭において、毎月の光熱費削減の実感額を訪ねた調査では、毎月平均で7,754円の削減を実感できているようで、ZEHの導入による効果の高さを伺えます。

 

このように、ZEH住宅を選択することによる電気代の節約効果は非常に高いといえるでしょう。

しかし、ZEH住宅の効果を実感できるのは、断熱性や気密性について適切な設計・施工を行った場合に限られます
特に都内では、土地の周囲を背の高い建物に囲まれているなど、特殊な条件で家を建てるケースもあるでしょう。

 

東京でZEH住宅を建てるなら、東京23区で高性能住宅の建築実績が豊富なハウスメーカーがおすすめです。

業界最高水準の木造2階・3階建て住宅ならクレバリーホーム東京までご相談ください。

耐久性に優れた、50年先まで快適・安心な家SKYSHARE G2(スカイシェアG2)

▶業界最高水準の高断熱・高耐久・耐震性能の家|クレバリーホーム東京

他にもあるZEHのメリット

電気代・光熱費の削減に効果を発揮するZEHですが、ほかにも多様なメリットがあることが知られています。

ZEHの導入でほかにどのような効果を期待できるのか確認してみましょう。

断熱性が向上し快適に暮らせる

ZEH住宅を実現することで、高い断熱性能を持つ住まいが手に入ることから温熱環境の面で快適な暮らしを送れるでしょう

家で暑さ・寒さに起因するストレスが生じず、快適な室温の中で生活できます。

 

また、暖かい部屋から冷たい部屋へと移動したときに急激に血圧が上がることで生じるヒートショックの危険性を低減でき、温度変化による体調不良を避けられます。

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?断熱性の向上で快適に暮らせる

引用:国土交通省「室温の変化が居住者の健康に与える影響」

実際に、断熱改修を行った家と行う前の家とで、居住者の血圧の季節変化を調べた調査では、室温が安定している住まいの方が血圧が安定しているという結果が出ています。

災害の発生時も電気を使える

ZEH住宅に太陽光発電装置を搭載する場合は、災害が発生して停電になった場合でも電気を使い続けられる点は大きなメリットです。

 

太陽光発電装置には、停電時も使用し続けられるように、電気を直接利用するためのコンセントが設けられています(別途設置が必要な場合もあります)。

こうしたコンセントを利用することで、晴天時に発電を行っている間は電気を使用し続けられるでしょう。

 

蓄電池やV2Hシステムがある場合は、停電が長期間に渡っても電気を使用し続けられることも期待できます。

関連記事:災害に強い家を実現する3つの工夫とは?

家の資産価値が上がり売却時に有利

ZEHの認定を取得している家は、公的機関や認証機関のチェックを受けて一定の性能があることを認められた住まいです。

客観的に高性能な住まいであることを担保されているため、売却時に家の性能が一目で分かり高額での売却を見込めます

各種補助金でお得に家を建てられる

お金に関連して、ZEHの認定を受けた場合は各種補助金を利用できる点もメリットです。

 

経済産業省と環境省が主導する「戸建ZEH補助事業」は、ZEHの基準を満たした住まいに対して、55万円~の補助金を交付しています。

ほかにも2024年には「子育てエコホーム支援事業」の実施が決まっており、新築ZEH住宅では80万円の補助金が交付されます。

 

こうした各種制度を活用することで、ZEHなど高性能な住宅をお得に手に入れられる可能性があります。

参考:環境省「ZEH化等支援事業(令和6年度)」

参考:国土交通省「子育てエコホーム支援事業の概要」

気をつけておきたいZEHのデメリット

メリットの多いZEH住宅ですが、デメリットを感じるケースもありますので、建築前に把握しておきましょう。

建築費用が高くなる可能性がある

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?ZEHのデメリットは?

1つ目のデメリットは、高い性能の断熱材や窓を使用することから建築費用が高くなる可能性があることです。

対策としては、補助金の有効活用がおすすめです。建築後の電気代が安くなるだけでなく、高くなった建築費用を補助金で補填して早期に回収することができます。

快適な室内環境も手に入れられることから、必要な初期投資と考えてもよいでしょう。

太陽光発電システムなどのメンテナンスが必要

2つ目のデメリットは、メンテナンスの手間と費用がかかることです。

太陽光発電用のパネルは発電効率を保つために、一定期間ごとに清掃する必要があります。

さらに各部に設置されている電子機器も交換のタイミングが訪れます。

設置の初期段階から、住宅の設備仕様に応じてどの程度のランニングコストや手間が必要になるのかは異なりますのでハウスメーカーに確認しましょう。

天候によっては想定通り発電できない可能性も

3つ目のデメリットは、天候によっては想定通りに発電できない可能性があることです。

太陽光発電は太陽光を受けている間しか発電できず、雨天や曇天では発電効率が著しく下がってしまいます。

地域ごとの天気の特性に応じた収支予測を行うとともに、導入費用に対してどの程度の効果を期待できるのか試算することをおすすめします。

▶都内でZEH住宅を建てるならクレバリーホーム東京までご相談ください

まとめ│ZEHで電気代がお得に、創エネで災害対策も

ZEHの電気代・光熱費。実際お得になるの?ZEHで電気代の不安のない暮らしへ

ZEHを実現した都内3階建て木造住宅の事例>>>

ZEH住宅を実現した場合に、実際に電気代を含む光熱費が安価になるのか解説しました。

国土交通省の試算では、現行の省エネ基準の住まいと比較して、ZEH基準+太陽光発電の住まいは年間8万6,000円、光熱費が安くなります。

実際にZEH住宅に住んだ場合の節約度合いの調査では、月額平均7,754円が節約できているというデータもあり、ZEHの仕様が投資回収の原資になっていることが分かります。

 

これから都内で注文住宅の建築を予定している方は、ZEHの経済的なメリットを正確に把握したうえで、その他のメリット・デメリットやランニングコストも含めて総合的に導入を検討しましょう。

 

ZEHを導入するべきか迷っている方は、導入実績が多いハウスメーカーや工務店に直接聞くのがおすすめです。

都内でZEHを含む高性能な住まいを検討される方は建築実績が豊富なクレバリーホーム東京まで、お気軽にご相談ください。

 

クレバリーホーム東京は、お客様のご希望やライフスタイルに合わせた住まいづくりを提供しています。

  • 3階建て住宅・4階建て住宅
  • 木造耐火住宅
  • 狭小住宅
  • 地下室付き住宅・屋上付き住宅
  • 二世帯住宅

「こんな暮らしがしてみたい」「このエリアで暮らしたい」「狭小地過ぎて建てられないかもしれない」などの不安や疑問、そしてあなたの想いをお聞かせください。

お客様との何気ない会話からもご要望を汲み取り、最適なプランをアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

LINEでお問い合わせ

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

木造密集地域や防火地域において、木造ならではの施工性や設計の柔軟性、コストパフォーマンスを活かして木造耐火4階建て住宅(もくよん®)や、災害時の避難場所となる地下室や屋上を備えた災害住宅も提唱しています。

詳しいプロフィールはこちら