二世帯住宅は完全分離でも後悔することがある|二世帯住宅づくりを成功させる方法(間取り、費用面)

二世帯住宅づくりを成功させる方法(間取り・費用面)

二世帯住宅には、ご家庭単位で生活を営む完全分離型や家族みんなで暮らす完全共有型など、いろいろなスタイルがあります。

しかし今までは別々に暮らしてた家族が一緒に暮らすことへの不安、完全分離型にしても失敗してしまうのではないかという懸念点などから、二世帯住宅に躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

二世帯住宅を成功へ導くためには、しっかりとポイントを押さえて家づくりを進めることが大切です。

今回は、二世帯住宅の家づくりを成功させる方法についてクローズアップしてみましょう。

二世帯住宅のプランによるメリット・デメリット、事前に知っておきたい情報などを集めました。

 


- point -

  • 二世帯住宅にもいろいろなパターンがあり、選択肢により暮らし方にも影響をあたえます。
  • デメリットを感じさせない家づくりのポイントを押さえ、気軽に暮らせるそんな住まいを目指しましょう。

 

二世帯住宅は完全分離・一部分離・完全共有の3パターン|メリット・デメリットを確認

完全分離の二世帯住宅

二世帯住宅では、下のような3つのパターンに分けることができます。

  • 親世帯・子世帯のスタイルで暮らし続けられる「完全分離型」
  • ある程度の距離感を保てる「一部分離型」
  • 家族がみんなでワイワイ過ごす「完全共有型」

後悔しない二世帯住宅にするためには、3つのパターンの違いを知ることが成功への近道です。

 

・親世帯・子世帯のスタイルで暮らし続けられる「完全分離型」

普通のお住まいのように、住宅に関するほとんどのものがふたつずつある住宅です。

中には家族としてのふれあいを残すため、「玄関だけ共有して、あとは完全分離の二世帯住宅」という形を選ぶ方もいらっしゃいます。

3つのパターンの中で1番自由度の高い間取りをつくることができます。

完全分離型には、さらに2つの種類があります。

 

上下分離型

建物は1つでも上下階に親世帯・子世帯の居住空間をつくります。

マンションの上下階での生活をイメージすると、分かりやすいでしょう。

1階部分を親世帯、2階部分を子世帯にすることで、ご両親がフラットな間取りで過ごすことができ安全です。

 

左右分離型

1つの建物を左右に分離したパターンです。

上下分離よりも振動や音が伝わりにくく、プライバシー面でも安心です。

室内に親世帯・子世帯が一緒に使えるスペースをあらかじめ取り入れるなど、アイデア次第でいろいろな可能性がふくらみます。

 

・ある程度の距離感を保てる「一部分離型」

完全共有型とは違い、自分たちで共有スペースを選択できる部分は大きな魅力です。

一般的には、玄関やキッチンなどの水回りスペースの一部を共有するというパターンが多くみられます。

選択する設備や間取りにより、費用面に大きな変化が出るのがこのパターンです。

完全分離とまではいきませんが、程よいプライバシー保護の効果を感じることができるでしょう。

 

・家族がみんなでワイワイ過ごす「完全共有型」

完全共有型の二世帯住宅は、親世帯と子世帯がひとつの家に一緒に暮らすパターンです。

個々の個室以外はみな共有スペースとなるため、家族間の距離感が最も近いのが特徴です。

コミュニケーションも取りやすく、「一つ屋根の下の大家族」のイメージです。

 


 

クレバリーホーム東京は、都内の家づくりに密着した住宅会社です。

都内という厳しい土地事情や周辺環境に合わせ10cmも無駄にしないプランをご提案し、狭小地においても快適な二世帯・三世帯住宅をお手伝いしています。

予算や土地の状況に合わせ、今までの経験やノウハウを活かし、しっかりサポートいたします。

東京で二世帯住宅を・・・と検討中の方は、お気軽にご相談ください。

クレバリーホーム資料請求

 

>>資料請求・お問い合わせ

 

パターンにより二世帯住宅の魅力は変化します。

次にパターン別のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

 

完全分離のメリット・デメリット

メリット・生活スタイルが違っても、気を使わずに済む

・お隣さんのように、スープの冷めない距離で助け合える

・将来、賃貸へ転用・お子様との二世帯住宅へなど、方向転換がしやすい

デメリット・他のパターンの中で1番建築費がかかってしまう

・左右分離型では、敷地が広いスペース必要なケースもある

・困っているときなど、親世帯・子世帯の様子の変化が確認しにくい

一部分離のメリット・デメリット

メリット・つかず離れず、ある程度の距離感を保てる

・共用部を多くすることで、建築費用を抑えられる

・親世帯・子世帯の中で譲れない部分は共有しないなど、間取りの自由度がある

デメリット・共有部の選び方により、ストレスがたまってしまうケースがある

・共有部の使い方に気遣いが必要となる

・間取りを分けていても、共有部があることで境界が曖昧になりやすい

 

完全共有のメリット・デメリット

メリット・家族でワイワイとにぎやかに過ごせる

・いつも誰かが側にいてくれるという安心感がある

・共有部の多さ=敷地面積を抑えつつ建てることができる

デメリット・距離感が近すぎて、気を使ってしまう

・ライフスタイルの違いが、不満につながるケースがある

・プライバシーを保護しにくい

 

パターンにより、メリット・デメリットも異なります。

デメリットは決して悪いことではなく、知ることでリスクを軽減できるチャンスにつながります。

上記のようなデメリットを把握しつつ、実際に完全分離の二世帯住宅を建築した方が後悔につながったポイントをみていきましょう。

 

関連記事:二世帯住宅のタイプ別│母一人と一緒に住む間取りを考える

 

二世帯住宅を完全分離にして後悔した具体例

完全分離二世帯住宅

完全分離のパターンでは、間取りを分けたことで生まれるデメリットがあります。

完全分離にして「後悔した」と感じる主な要因は、以下3つです。

  • 間取りをもっと工夫すればよかった
  • 費用負担についてもっと話し合えばよかった
  • 意外な暮らしづらさを想定していなかった

後悔ポイントを知り、良い間取りを完成させるアイデアにつなげましょう。

 


 

クレバリーホーム東京では、狭小住宅から3階・4階建て住宅、地下室付き・屋上付き住宅など、お客様のライフスタイルに合わせた住まいづくりをご提供しています。

いろいろなスタイルに対応してきたからこその経験やノウハウは、快適な二世帯住宅に活かすことができます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

>>資料請求・お問い合わせ

 

暮らしてから分かった・・・「間取りをもっと工夫すればよかった」

  • 上下分離にし、上を子世帯にしたら、上からの音が気になる
  • 完全分離パターンに気をとらわれすぎて、収納スペースの不足など、間取りの自由度が活かしきれなかった
  • せっかくの二世帯なのに、会わない日も多く、コミュケーションが取りにくい
  • 玄関を別にしてしまい介護など用事のある際、行き来がしにくくなってしまった

いくらイメージをふくらませても、暮らしてからでなければ分からない問題があるのは事実です。

上の後悔例を間取りに活かす工夫を考えておきましょう。

 

こんなはずじゃなかった・・・「費用負担についてもっと話し合えばよかった」

  • 全ての空間がふたつずつあることで、光熱費などがかかる
  • 光熱費の支払いを話し合っておらず、トラブルにつながった
  • 家に関する費用割合に折り合いを付けず、家づくりをしてしまった

完全分離という形にこだわりすぎては、二世帯で暮らす良さを半減させるケースも考えられます。

家族により暮らしやすい形は変化することを、頭の中に入れつつ検討していくことが重要です。

 

気持ちが滅入る・・・「意外な暮らしづらさを想定していなかった」

  • 完全分離にしたが、やはり友人を呼びにくい
  • 外回りの掃除や庭の使い方など、価値観の違いからトラブルになる

ライフスタイルの違いや親世帯・子世帯の考え方により、判断も対応も変化します。

事前に親世帯・子世帯ごとの気持ちや意見を出し合い、調整していくことがとても大切です。

 

関連記事:デメリットだらけ?二世帯住宅に纏わる失敗例について

 

 

完全分離の二世帯住宅づくりを成功させる方法|事前の話し合いが重要

上のような後悔につながるポイントは、家づくりの際に解決できることも多いのです。

家づくりの最中に、どのようなことをしたら成功への近道になるのかを考えてみましょう。

 

間取り|各世帯の快適性を話し合う

家は、とても長い期間使用します。

そのため今だけではなく、将来を見据えた計画がとても重要になります。

快適性をアップさせるために、間取りに対して下のような話し合いをしておきましょう。

 

  • 足音や生活音など、伝わらない工夫

和室に扉を

>>こちらの事例をもっと見てみる

こちらのお住まいでは、和室で静かに過ごせるよう、引き戸を閉めることができます。

また上下階分離であれば、上階のリビングと個室をなるべく離す間取りにすることも方法のひとつです。

 

  • 親世帯・子世帯が行き来のしやすい扉や環境

完全分離移動しやすい環境を

>>こちらの事例をもっと見てみる

こちらのお住まいでは、扉ではなく1階親世帯の廊下から、2階子世帯のリビングを行き来できるホームエレベーターが設置されています。

ホームエレベーターを上手に活用し、間取りを分離する・家族をつなぐアイテムとして使用しています。

子世帯のキッチンにも近いこの位置は親世帯が体調を崩されたりしても、また子世帯がそうなった際も双方で手助けすることができます。

 

小上がりのあるリビング

>>こちらの事例をもっと見てみる

完全分離で生活を分けた場合、親世帯・子世帯の家族が行き来した際、過ごしやすい環境を整えておくことも必要です。

こちらのお住まいでは、リビング内に使い勝手の良い小上がりが配置されています。

日頃は家族の憩いのスペースとして、そしてご両親がいらっしゃってものんびり過ごしていただけます。

 

その他にも下のようなポイントを、話し合っておきましょう。

  • スペースを無駄にせず収納できるアイデア
  • 生活する上で身体への負担がかからない工夫
  • 周囲からのプライバシー対策も◎、交流できる中庭などの設備
  • 親世帯・子世帯の生活動線・家事動線を意識した設計

 

間取りに対して話し合っておきたいポイントとして、「完全分離」にこだわり過ぎないことも必要です。

一部分離・完全共有の良い部分を取り入れることも、方法のひとつです。

家づくりを検討している時から、しっかりと親世帯・子世帯の意見を出し合いながら後悔のない二世帯住宅を目指しましょう。

 

費用負担|各世帯が納得できるバランスを話し合う

あえてお金の話は避けたい・・・と思いがちですが、住み始めてからではなかなか話題に出しづらくなるケースも多いものです。

 

  • 水道光熱費の支払い割合
  • 住宅ローン、町内会費、固定資産税など、住宅の維持にかかる費用の分担

 

上記のようなケースは暮らしていく中でずっと発生し続けていくため、不満につながりやすいのです。

あらかじめ話し合い割合や分担を決めておくことで、二世帯住宅への生活の不安解消にもつながります。

お金の話し合いは適当に済ませず、住む前に解決させておくことをおすすめします。

 

ストレスのない暮らし|生活ルールを話し合う

やはり家族とはいえ、年代も過ごしてきた環境も違う方との生活には意外な落とし穴もあるでしょう。

親世帯・子世帯が納得するルールを決めておくというのも、トラブルを回避する方法です。

 

  • 共用部分の掃除分担や共有部・庭の使い方など、基本となる生活ルール
  • 親世帯・子世帯への行き来の仕方を話し合っておく(プライバシーの保護)
  • ポストを分け、親世帯・子世帯のプライバシーを尊重する
  • ご両親だけではなく兄弟などとの同居の期間があるようであれば、将来を見据えて話し合っておくことも必要

 

話し合いは大切と分かっていても、家族内だけで話し合うことが難しいケースも考えられます。

打合せをしながら家族間の意見を洗い出し、施工会社に間を取り持ってもらうなど、話し合いが家づくりのブレーキにならない工夫が必要です。

住宅のプロの力を借りて、建てる前・建てた後にも負担にならない方法を見つけていくことが重要ですね。

 

関連記事:【事例紹介】小さい家の二世帯住宅│快適な間取りのポイントまとめ

 

二世帯住宅の費用負担を軽減する補助金・減税制度

住宅の建築費用を少しでも抑えられたら・・・と誰しもが思うことでしょう

二世帯住宅の建築費用をサポートする補助金・減税制度には、たくさんの種類があります。

 

  • 不動産所得税の軽減措置
  • 固定資産税と都市計画税の軽減措置
  • 完全分離二世帯住宅の税と権限措置(新築の場合)
  • 住宅ローン減税
  • 二世帯住宅の住宅取得等資金に関わる贈与税非課税措置
  • 東京ゼロエミ住宅(2023年 東京ゼロエミ住宅の概要解説)
  • 自治体独自の補助金 など

こちらで上げたものは、ほんの一例に過ぎません。

パッと見ただけでは内容が分かりづらいため、「自分たちは使えるの?」、「二世帯住宅でも大丈夫?」など、お気軽にお尋ねください。

 

>>資料請求・お問い合わせ

 

クレバリーホーム資料請求

 

まとめ

今回は、二世帯住宅の家づくりを成功させる方法についてクローズアップしてきました。

住宅の建築は、頭や心の中にある形のないものを形にするため、楽しくもあり、その一方難しさもあります。

検討していく中でも、不安や疑問もいっぱいです。

 

クレバリーホーム東京では、経験豊富な設計士がお客さまの小さな声にも耳を傾け、理想の暮らしを叶えるお手伝いをしています。

デザイン性に優れているのはもちろん、耐震性の高い住まいや防犯面をアップさせる工夫など、暮らしやすさも一緒に考えていきましょう。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいなぁ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。

ぜひあなたの声を、聞かせてください。

後悔しない二世帯住宅を、私たちと一緒に建ててみませんか。

LINEでお問い合わせ

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

木造密集地域や防火地域において、木造ならではの施工性や設計の柔軟性、コストパフォーマンスを活かして木造耐火4階建て住宅(もくよん®)や、災害時の避難場所となる地下室や屋上を備えた災害住宅も提唱しています。

詳しいプロフィールはこちら