リビングが暗くならないための対策方法│後悔しないおしゃれな新築計画​

リビングが暗くならないための対策方法

家族が集まってくつろいだり、今日あったできごとを報告したりと、楽しい時間を過ごすはずのリビングが暗くては、なんとなく気分が上がらないと感じられるかもしれません。

また読書をしたり、お子さんの勉強をみたりするにも不便なので、他のスペースを利用することになるでしょう。

リビングが暗いと、いつの間にか家族が集まりにくいスペースになってしまうかもしれません。

 

家族の笑顔があふれる明るいリビングにしたいのなら、外からの光を十分に採り込むことのできる間取りにする必要があります。

今回はリビングが暗くならない家づくりとして、明るいリビングにするための間取りをご紹介していきます。

その前に、リビングが暗いと気分以外にも起こりうるリスクについてご覧ください。

 


コラムのポイント

  • 外の光が入ってこない暗い部屋には、どのようなリスクがあるのかお伝えしていきます。
  • 採光しにくい狭小住宅などでも、日差しをたっぷり採り入れることのできる間取りのポイントをご紹介します。

 

− table of contents −
◼ 暗いリビングに潜むリスクとは​​
◼ リビングが暗くならないための対策方法​​
◼ まとめ

 

暗いリビングに潜むリスクとは​

リビング

リビングが暗いと字が読みにくかったり、雰囲気が暗くなったりするだけではなく、生活に悪い影響を及ぼすかもしれません。

まずは暗いリビングに潜むリスクを理解していきましょう。

 

光熱費が高くなる

リビングが暗いと日中でも照明をつけることになります。

家族構成やお仕事の環境によっては、日中リビングで過ごす時間が長いというご家庭もあるでしょう。

照明をつける時間が長い分、電気代が高くなってしまいます。

 

またリビングが暗いということは、日差しが入りにくいからなので、冬場は寒いと感じられるでしょう。

部屋を暖めるためにエアコンなどの暖房器具をつけることになるので、さらに電気代がかさんでしまいます。

 

湿気をため込みやすい​

日差しが入りにくい部屋は湿気をため込みやすい特徴があります。

家を留守にしがちで、換気が十分にできていない場合はなおさらです。

 

湿気の多い環境が長く続くと、カビが発生したり、ダニが繁殖したり、さらには白アリの被害にあうことも考えられます。

アレルギーを引き起こす原因になり兼ねないので、湿気対策をして快適な環境を整えましょう。

 

リビングが暗くならないための対策方法​

リビングが暗くならないためには、新築計画でしっかりと間取りを整える必要があります。

隣の建物との距離が近い狭小住宅であっても、間取りしだいで明るく開放感のある家づくりは可能です。

照明やインテリアで明るさをプラスすることもできますが、間取りを整えて明るい部屋の土台をつくっていきましょう。

 

吹き抜けをつくる​

吹き抜け

>>>こちらの事例を見てみる

外の自然な光を取り入れるには、吹き抜けをつくるのが有効です。

吹き抜けとは、下の階の天井を作らずに、上の階と空間を繋げた間取りのことです。

縦に空間が繋がるので、明るく開放的な印象に仕上がります。

 

1階に窓を設けると防犯性への不安や、プライバシーが守られにくいことを懸念する方もいらっしゃるでしょう。

また窓を設けても、隣との距離が近いので影になるから光が入らないという場合もあります。

吹き抜けをつくると1階部分に窓がなくても上階からの光を共有できるので、明るいリビングに仕上げることが可能です。

 

敷地面積が狭いと吹き抜けをつくるのがもったいないと思われがちですが、畳1畳程の空間であっても吹き抜けの効果を十分に感じることができます。

リビングの一部に吹き抜けをつくって、高い位置から光を採り入れていきましょう。

関連記事:小さい家に吹き抜けをつける理由とは?│狭小住宅の事例をご紹介

 

ハイサイドライト(高窓)を取り付ける​

ハイサイドライト

>>>こちらの事例を見てみる

ハイサイドライトとは、高い位置に設置した窓のことです。

形状はさまざまですが、横長のタイプが多くみられます。

 

高い位置に窓を設けると効率よく光を採り入れることができるので、大きな窓を設置しにくい壁側に最適です。

窓の形状にもよりますが、人の目線よりも上に設置できるので、プライバシーが守られやすくなります。

 

高さがあるといっても隣の上階からの目線が気になる場合があるので、すりガラスを利用するのもおすすめです。

また夜に光が漏れることを避けたいのであれば、カーテンやブラインドをつけることもできます。

 

またハイサイドライトは換気にも有効ですが、高さによっては開閉しにくい場合があるので注意が必要です。

他の窓だけでは換気が不十分と思われる場合は、チェーン式(手動)の開閉できるタイプがあるので検討してみましょう。

 

ハイサイドライトを設置することで、プライバシーを確保しながら効率よく採光することができます。

「隣の窓と顔合わせになる」「窓を設けると家具が置けない」「低い窓は防犯面での不安がある」そのような場合は、ハイサイドライトを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事:窓で決まる!おしゃれな注文住宅の窓選びとポイント

 

上階にリビング設ける​

リビング

>>>こちらの事例を見てみる

高い位置にリビングがある方が採光がしやすいので、1階ではなく2階や3階にリビングを設けるのもおすすめです。

とくに都心に家を建てる場合は土地がコンパクトになるので、土地いっぱいに建物を建てる必要があります。

そのため隣の家との間にスペースがないので、1階部分は影になりがちです。

1階よりも2階、2階よりも3階の方が、周りの環境の影響を受けにくくなるので、採光がしやすくなります。

明るいリビングからは開放感たっぷりの景観が広がるでしょう。

 

上階にリビングを設けることのデメリットは、家の中での階段移動が増えてしまうことです。

年を重ねてから生活スペースを1階に移動させることを想定したり、ホームエレベーターの設置なども含めて、家族で話し合ってみましょう。

関連記事:【実例】3階建てってどんな間取り?こだわりと合わせてご紹介

 

部屋の壁を明るくする​

リビング

>>>こちらの事例を見てみる

​新築計画の壁紙選びも、リビングを明るくするための大切なポイントです。

壁紙を白やオフホワイトにすることで、外から入ってきた光を反射させ、より遠くのスペースまで明るく照らすことができます。

さらに床→壁→天井と明るい色を取り入れると、縦の空間が大きく広がるので、開放感のある印象に仕上げることができるでしょう。

関連記事:【新築の壁紙】失敗しない選び方│アクセントクロスでおしゃれ感アップ

 

まとめ​

リビングダイニング

リビングが暗くならないための対策方法を、お伝えしてきました。

昼間でも暗いリビングは、電気をつけている時間が長いことや、日差しが入らないことで冬はエアコンを利用する機会が増えることから、光熱費がかさばりがちです。

また湿気をため込みやすくなるため、カビ・ダニ・白アリの原因になり兼ねません。

 

生活環境を整えるためにも、採光は家づくりの大切なポイントです。

  • 吹き抜けをつくって上階から採光する
  • ハイサイドライト(高窓)をとりつけて、プライバシーを確保しながら効率よく採光する
  • 外環境からの影響を受けにくい上階にリビングを設けて採光をする
  • 白やオフホワイトなどの明るい壁紙を利用して、外からの日差しをより遠くに届ける

リビングを明るく仕上げると、快適な生活環境を整えることができます。

自然と家族の集まるリビングにして、楽しい毎日を過ごしていきましょう。

 

施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。

※下記エリアについては、担当者にご確認ください。

神奈川県 川崎市等, 千葉県 浦安市等, 埼玉県 草加市・川口市等

お問い合わせ内容

必須

【下記ご興味のある家タイプをチェックしてください】※複数回答可

MONOプレイスハウジングスクエアクレバリーライフタイル・ガイドブックエクステリア&インテリアラインナップカタログTECHNICAL GUIDE

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号
半角でご記入ください

必須

年齢

必須

連絡方法

必須

現住所

必須

郵便番号

都道府県

市区町村
番地

マンション
アパート名

当社を知った
きっかけ

必須

その他

任意


個人情報の取り扱いについて

■お客様情報の利用目的について
当社がお客様からお預かりした個人情報は、以下の目的のために、その目的の範囲内で利用させていただきます。
1:お客様に対し、住宅プランの提供のため
2:請負契約又は売買契約を締結したお客様の住宅を建築・増改築・リフォームするため
■保有個人データの利用目的について
1:当社が建築・増改築・リフォームしたお客様のアフターメンテナンスを行うため
2:当社がお客様に提供するサービスにおいて利用するため
3:お客様に特別なサービスや新しい商品などの情報を的確にお知らせするため
4:お客様にあったサービスを提供するため
5:当社の建築・増改築・リフォームした住宅の利用状況や利用環境などに関する調査を実施して客観的にお客様の満足度を把握するため
6:必要に応じてお客様に連絡を行うため
7:会計監査上の確認作業を行うため
当社の個人情報取扱の詳細については、[プライバシーポリシー]ページにてご確認ください。
このサイトについて|プライバシーポリシー|サイトマップ クレバリーホーム城東店は、注文住宅の家建築住宅メーカーです。

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

リフォームと新築の両方の専門チームを持つ当社の強みを活かして、お客様のあらゆるご要望にお応えします。また、弊社では特に地下室への取り組みを強化しております。地下室に関するご質問、ご相談等ございましたらお気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら