【寝室のクローゼット】使いやすい収納スペースの作り方と必要性を解説

寝室のクローゼッ

寝室にクローゼットがあるのは一般的ですが、利用方法や家の間取りによっては必要性がなく、別の収納方法を取り入れた方が生活しやすくなるかもしれません。

新築するときに収納スペースをできるだけ広く確保したいと思いがちですが、広さよりも場所や作り方が重要です。

寝室に使いやすいクローゼットを作って、生活をより快適にしていきましょう。

 


- point -

  • 寝室にどうしてクローゼットが必要なのか改めて確認しましょう。
  • 寝室にクローゼットがいらないケースを解説します。
  • 寝室のクローゼットを使いやすくするための方法をご紹介します。

 

− contents −
◼ 寝室にクローゼットが必要なワケ
◼ 寝室にクローゼットがいらないケース
◼ 寝室のクローゼットを使いやすくするコツ
◼ まとめ

 

寝室にクローゼットが必要なワケ

ベッド

一般的な間取りには、当然のごとく寝室にクローゼットが設置されています。

ひと昔前までは通常のクローゼットでしたが、最近はウォーキングクローゼットが主流になっており、広いスペースが必要になってきました。

洋服の収納目的で作られるクローゼットですが、改めて寝室での必要性を見ていきましょう。

夫婦の洋服を収納するため

寝室のクローゼットには、主に夫婦の洋服が収納されます。

夫婦それぞれの個室は作らないことが多いので、寝室は夫婦のプライベートスペースになります。

寝室=夫婦の部屋とされるので、夫婦の荷物は寝室に収納するというロジックになるでしょう。

 

大きなものをまとめて収納するため

先述しましたが、最近は収納力をあげるために、ウォーキングクローゼットの設置を希望する方が増えてきました。

寝室の収納スペースを広くすることで、使用頻度の低い季節物などを収納する納戸のような目的で使われます。

扇風機・除湿器・雛飾り・キャリーケース・布団乾燥機などを収納するのに便利です。

 

着替えるスペースを確保するため

ウォーキンググローゼットにすると、クローゼット内で着替えることができます。

鏡や照明を整えれば、手軽にコーディネートを楽しみながら着替えを進めることができるでしょう。

家族であっても着替えている過程を見られるのは恥ずかしいものです。

寝室というプライベートスペースであっても、更にクローゼット内を利用することで安心して着替えることができます。

 

書斎を兼用するため

ウィーキングクローゼット内に書斎スペースを作るケースも増えてきました。

  • 本の収納や調べ物をするため
  • 家でお仕事をするスペース確保のため
  • 裁縫やアクセサリー作りなど趣味を楽しむため

決して広くはないスペースですが、この狭さに落ち着きを感じ集中力が高まります。

 

最近はリモートワークも増えてきたので、家のパソコンでオンライン会議などをすることもあるでしょう。

家に居る家族は静かにしなくてはいけないと、音を立てたりお喋りをしたりする度に気を配る必要があります。

扉のあるウィーキングクローゼット内に書斎を作れば、このような負担も軽減しお互いが快適に過ごせるようになるでしょう。

 

新築時にディスク・棚などを造作すると統一感がでておしゃれなスペースに整います。

押し入れ棚があればそのままディスクにすることもできますし、スペースを確保してパソコンディスクを設置するのもいいですね。

 

寝室にクローゼット・ウィーキングクローゼットを作ることで、洋服以外の物を収納したり、収納以外の利便性を得られることが確認できました。

では逆に寝室にクローゼットを必要としないケースを見ていきましょう。

 

寝室にクローゼットがいらないケース

収納の基本は、使用する場所に収納することです。

「使いたい」「必要だ」と思った時に、サッと取り出せるのでストレスがありません。

寝室にクローゼットがいらないのは、寝室に収納する必要がないということですが、その分他の場所に収納スペースを確保する必要はあります。

 

ファミリークローゼットがある

最近では家事導線・生活導線をよくするために、ファミリークローゼットの設置に人気が高まっています。

脱衣室(主に洗濯物が出る)→洗濯室・ランドリールーム(洗濯をする)→ファミリークローゼット(洗濯したものを収納する)と間取りを繋げることで、作業効率を上げることができます。

ファミリークローゼットの収納力があるのなら、寝室にクローゼットを設けなくても問題ありません。

 

またファミリークローゼットは子どもが小さな時に役立ちますが、個室をもっている子どもたちは、成長と共に自分の洋服を子ども部屋に収納するようになるでしょう。

子ども達は、お風呂の後に使う部屋着やパジャマ、下着しかファミリークローゼットに収納する必要がなくなります。

その時期を見越して、寝室にクローゼットを作らないという考え方も合理的です。

家事導線については別記事を参考にしてください。

 

関連記事▷▷家事動線のいい間取りを考えよう│毎日の家事が楽しくなる家づくり

寝室が生活スペースと別階の場合

限られた土地に家を建てる狭小住宅であれば、生活スペースを増やすために3階4階と縦に家の作りの伸ばしていきます。

例えば寝室を3階、リビングダイニングやお風呂を1階に配置して、寝室のクローゼットに洋服を収納するとなると生活の動線が遠くなります。

  • 洗濯物を収納するのに3階まで上がる
  • クリーニング上がりの洋服を収納するのに3階まで上がる
  • 洗面台で顔を洗って、洋服を着替えるのにのに3階まで上がる
  • リビングでくつろいでいて肌寒くなったので、3階まで上着を取りに上がる

 

「寝る部屋」として、寝室の目的を絞れば、3階に寝室を作る間取りは合理的です。

しかし寝る以外に、収納スペースとしても利用するのは毎日の生活に負担がかかるでしょう。

先にお伝えしたファミリークローゼットは、小さいお子さんがいるご家庭に人気の間取りですが、居住スペースが縦に伸びる家づくりにも非常に便利です。

導線を考えれば、寝室に洋服を収納する必要はありません。

 

寝室のクローゼットを使いやすくするコツ

alt=”新築の収納アイディア”

寝室の必要性を確認したら、使いやすいスペースになるよう整えていきましょう。

クローゼットの形や広さ、寝具の収納方法についてお伝えしていきます。

 

ウォーキングクローゼットが適当か考える

ウォーキングクローゼットと聞くと、何となく「オシャレ」「たくさん入って便利」と思われがちですが、本当にそうなのでしょうか。

ウォーキングクローゼットは文字通り人が歩くスペースが必要になるので、それだけ居住スペースを削ることになります。

横歩きするほどの広さしか確保できないなら、通常のクローゼットにすることも検討してみましょう。

 

通常のクローゼットであれば、人が入るスペースは必要ありませんし、押し入れほどの奥行きもいりません。

それだけ他のスペースに広さを持たせることができるので、間取りに余裕がもてます。

 

扉なしで出し入れの手間を減らす

クローゼットには扉を付けることが一般的とされていますが、扉を付けいないことで得られるメリットもあります。

シンプルに扉の開け閉めをする必要がなくなるということです。

何かをする時にできるだけアクションを少なくすることが、効率化や便利さに繋がります。

「扉を開けずに中に入る」「扉を開けずに物をとる」それだけでも動きやすくなりますし、クローゼットに関しては全体を見通せるので、洋服選びがしやすくなります。

 

寝室はプライベートスペースなので、扉を付けないオープンなスタイルでもお客様に見られることはありません。

寝室のクローゼットに扉を付けるべきか、改めて考えてみましょう。

 

寝具を収納しやすいレイアウトとは

寝室のウォーキングクローゼットであれば、押し入れ棚を設けて寝具の収納場所を確保しましょう。

最近の寝具は、通常のクローゼットでも収納しやすいように、畳んで立てられる工夫がされています。

とはいえ一つ手間が増えてしまうので、やはり寝具の収納には押し入れ棚が便利です。

 

まとめ

収納

寝室にはクローゼットやウォーキングクローゼットを設置するのが一般的ですが、生活導線や家事導線、家の作りを考えると絶対に必要とは言えません。

収納スペースは広く取ることよりも、必要な収納量を必要な場所に設置することが重要です。

 

またプライベートスペースである寝室のクローゼットであれば、扉を付けなくても家族以外に見られることはありません。

物の出し入れが楽になったり、洋服選びがしやすくなったりと効率的に動けるので、扉の必要性も検討してみましょう。

寝室のクローゼットを見直して、導線のいい生活に整えていきましょう。

 

 

LINEでお問い合わせ

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

木造密集地域や防火地域において、木造ならではの施工性や設計の柔軟性、コストパフォーマンスを活かして木造耐火4階建て住宅(もくよん®)や、災害時の避難場所となる地下室や屋上を備えた災害住宅も提唱しています。

詳しいプロフィールはこちら