30坪の間取りを広く見せる7つの工夫と実例|おしゃれな注文住宅のつくり方

alt=”30坪の間取り”

『30坪』という限られた間取りの場合、狭く感じるかもしれない、間取りの自由度が低そう、など家づくりを億劫に感じるかもしれません。しかし土地が狭かったとしても、家が広く感じる工夫ポイントを知っておけば狭さを感じない理想の家を建てることは可能です。

今回は、『30坪』という限られたスペースでも広く見える間取りのポイントや建築実例をまとめてご紹介します。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・30坪は、畳約60枚分のスペースをいいます。建ぺい率によって、居住スペースにできる広さが変わります。
・30坪という限られた土地でも、工夫次第で開放感のある家づくりは可能です。快適に住み続けられるよう、実績の多い信頼できる業者とともに家づくりを進めていきましょう。


 

− table of contents −

■30坪の間取りの広さはどのくらい?
■30坪の間取りを広く見せる7つの工夫
■30坪を活かすビルトインガレージという選択
■30坪の間取りを活かした家づくり建築実例
■30坪の間取りも工夫次第で開放的に!

 

 

30坪の間取りの広さはどのくらい?


alt=”30坪の間取り”

『30坪』と聞いて、どのくらいの広さなのか思い浮かべることはできますか?狭そうだな、あまり広くなさそうだな、といったイメージはすぐに沸くかもしれませんが、実際にどのくらいの広さなのでしょうか。

1坪は3.30578平米(平方メートル)で、この1坪はおよそ畳2枚分の広さに相当するとされています。そのため、30坪の土地はおよそ畳60枚分の広さとなります。30坪は狭い…と感じるかもしれませんが、畳60枚分と考えると意外と広い空間なのです。

 

延べ床面積はどうなる?


30坪の土地に家を建てるからといって、畳60枚分の広さの家を建てることができるわけではありません。家を建てる時に注意したいのが、『建ぺい率』です。

建ぺい率は、土地に対して建てられる家の面積の比率を示します。都市計画法によって定められており、地域によって数字が異なりますが、約40~60%が建ぺい率とされています。

例えば建ぺい率が40%だった場合、土地に対して家を建てられる面積は40%となります。この計算で見ると、実際の家の面積は30坪以下になり、延べ床面積も狭くなってしまいます。建ぺい率は変更することができないため、土地購入時に気をつけるとともに、実際のスペース以上に広く見せるように間取りを工夫することがおしゃれな家づくりの鍵となります。

▶︎【狭小住宅】15坪以下でも大丈夫!敷地面積に左右されない住宅設計

 

 

30坪の間取りを広く見せる7つの工夫


alt=”30坪の間取り”

30坪という限られたスペースを広く見せるためには、間取りを決める段階で次の7つの工夫をしておくことが大切です。

 

工夫① 部屋数を減らす

部屋数を減らすことで、一部屋あたりの広さを広げることができます。家族の人数分だけ部屋をつくりたいところですが、ここはあえて広い部屋を造るのがポイントです。家族皆がくつろぐリビングが、広々とした開放感のある部屋ならそれだけで家全体が広く見えます。

▶︎狭い家の間取りの考え方│狭小住宅を快適空間にするコツ

工夫② 天井を高くする

天井が高ければ、それだけで部屋が広く開放感が生まれます。天井を高くとった上の部屋は、物置などに活用すれば段差も気になりません。部屋に圧迫感がないため、30坪のような狭い土地でものびのびと部屋で過ごすことができます。

▶︎おしゃれな細長い家の暮らしやすい間取りアイデア|東京の狭小住宅実例

 

工夫③ あえて収納スペースをつくる

狭くなったとしても、収納専用の部屋を設けましょう。各部屋に収納するための家具をどんどん増やしてしまうと、普段過ごすスペースが狭くなり圧迫感が生まれます。家具を増やさなくてもいいように、専用のスペースをつくることで家全体の居住スペースを広く確保することができます。

▶︎新築の収納はどうする?後悔しない収納スペースのつくり方

 

工夫④ 建物の上下を伸ばす

地下室を設置したり3階建てにしたりすることで、居住スペースを増やすことができます。地下室は閉鎖的な空間というマイナスなイメージがありますが、静かに集中できる場所、映画鑑賞や楽器演奏を楽しめる場所として活用できます。また3階建ても1フロアまるまる増やすことができるので、間取りの幅が大きく広がります。ただし、容積率によっては実現不可能の場合もあるため注意が必要です。

▶︎東京の3階建て間取りアイデア|ビルトインガレージなどおすすめ間取りを紹介

 

工夫⑤ スキップフロアを設置する

スキップフロアは、室内に段差を作ることで視覚的に空間を仕切るものです。スキップフロアにすることで、壁で空間を仕切ることなく開放感のある部屋にすることができます。空間に躍動感も出ますし、おしゃれな雰囲気も演出することができるため、限られた間取りを活かすには最適です。

▶︎あの狭小住宅がおしゃれな3つの理由

 

工夫⑥ 吹き抜けの設置

家の中に吹き抜けを設置することで、空間が縦に長くなります。その長さによって、空間に開放感が生まれます。特に狭小地の場合、隣家との距離が近く満足のいく採光ができない場合がありますが、吹き抜けならたっぷりと光を取り入れることができますし、その明るさによってさらに開放感を感じることができます。

▶︎東京の3階建て間取りアイデア|ビルトインガレージなどおすすめ間取りを紹介

 

工夫⑦ テラスやバルコニーとのつながりをつくる

テラスやバルコニーなどの外部空間とのつながりも意識しながら間取りを考えることで、実際よりも広く感じる空間ができあがります。リビングやダイニングからテラスやバルコニーが繋がるように、リビングの床材とウッドデッキの床材の色を合わせる、同じ植物を室内と庭に置き、つながっているようにするなど工夫をしてみましょう。

 

alt=”30坪の間取り”

▶︎【屋上付き3階建て住宅】敷地27.90坪|延床49.34坪!パントリーから趣味のスペースまで造作の稼動棚で空間をうまく使った住宅

 

 

 

30坪を活かすビルトインガレージという選択


alt=”30坪の間取り”

車を所有する暮らしを選択する場合、ビルトインガレージもおすすめです。30坪という限られた敷地にガレージをつくると、家が狭くなるイメージがあるかもしれませんがそんなことはありません。

ビルトインガレージは、ガレージ部分を延べ床面積の1/5以内にするなど条件を満たすことで、延べ床面積から除外されるという緩和措置があります。そのため、限られた土地を有効に活用することができます。

▶︎東京でビルトインガレージをつくるメリット|3階建てビルトインガレージの間取り実例

 

alt=”30坪の間取り”

もちろん、建ぺい率の関係で土地ギリギリまで住宅を建てることができない時も、ビルトインガレージなら土地をしっかり活用できる可能性があります。30坪を活かすビルトインガレージもぜひ視野に入れて、間取り計画を検討していきましょう。

▶︎【木造耐火の家】敷地17.33坪|延床34.35坪!間口が狭くて奥行きがある縦長敷地に狭小3階建て

 

 

 

30坪の間取りを活かしたおしゃれな家づくり建築実例


alt=”30坪の間取り”

文京区S 様邸 /
敷地面積:71.96㎡(21.74坪)
延床面積:113.61㎡(34.32坪)

こちらの住宅は、30坪に満たない土地に建てられたものです。しかし狭さを感じることなく、開放感のある空間に仕上がっています。

『南東西の3方向を隣家に囲まれた敷地で、設計で工夫をして光と開放感を得たい!』というご希望を叶えるため、まず窓を工夫しての採光の計画をおこないました。

alt=”30坪の間取り”

alt=”30坪の間取り”

床近くの地窓や天井近くの高窓は効果的に配置し、直射日光が入るか入らないかの工夫だけではなく、明るく感じる視覚効果も狙いました。

alt=”30坪の間取り”

室内にはできるだけ吹き抜けをつくり、傾斜屋根に合わせて傾斜天井を採用。そこまで幅のない吹き抜けですが、開放感ありますね。

alt=”30坪の間取り”

2階から3階、3階から屋上への階段はスケルトン階段に。屋上ペントハウスには天窓を設置しました。そうすることで、階段が吹き抜けの役割を果たすこともできます。天窓からの光が3階を通過して、2階のリビングまでたっぷりと降り注ぎます。

alt=”30坪の間取り”

alt=”30坪の間取り”

モダンとナチュラルの融合を、とデザインには徹底的にこだわりおしゃれに仕上げました。

alt=”30坪の間取り”

外観はベースに金属サイディング。玄関ドアやバルコニーの腰壁に木目調のパネルを使用。モダンとナチュラルのコントラストが、しっかりと外観のアクセントになっています。インテリアも無垢のフローリングに無垢のインテリアドアとこだわり、モダンな設計の中にも温かみを与えています。

▶︎この家の建築実例をもっと見てみる

 

 

 

30坪の間取りも工夫次第で開放的に!


alt=”30坪の間取り”

30坪という限られた土地でも、工夫次第で開放感のある家づくりは可能です。快適に住み続けられるよう、実績の多い信頼できる業者とともにおしゃれな家づくりを進めていきましょう。

理想の住まいづくりを失敗したくない!という方は、東京23区での施工にこだわり、住まいづくりのノウハウ満載のクレバリーホーム東京にぜひご相談ください。

 

 

 

施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。

※下記エリアについては、担当者にご確認ください。

神奈川県 川崎市等, 千葉県 浦安市等, 埼玉県 草加市・川口市等

お問い合わせ内容

必須

【下記ご興味のある家タイプをチェックしてください】※複数回答可

MONOプレイスハウジングスクエアクレバリーライフタイル・ガイドブックエクステリア&インテリアラインナップカタログTECHNICAL GUIDE

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号
半角でご記入ください

必須

年齢

必須

連絡方法

必須

現住所

必須

郵便番号

都道府県

市区町村
番地

マンション
アパート名

当社を知った
きっかけ

必須

その他

任意


個人情報の取り扱いについて

■お客様情報の利用目的について
当社がお客様からお預かりした個人情報は、以下の目的のために、その目的の範囲内で利用させていただきます。
1:お客様に対し、住宅プランの提供のため
2:請負契約又は売買契約を締結したお客様の住宅を建築・増改築・リフォームするため
■保有個人データの利用目的について
1:当社が建築・増改築・リフォームしたお客様のアフターメンテナンスを行うため
2:当社がお客様に提供するサービスにおいて利用するため
3:お客様に特別なサービスや新しい商品などの情報を的確にお知らせするため
4:お客様にあったサービスを提供するため
5:当社の建築・増改築・リフォームした住宅の利用状況や利用環境などに関する調査を実施して客観的にお客様の満足度を把握するため
6:必要に応じてお客様に連絡を行うため
7:会計監査上の確認作業を行うため
当社の個人情報取扱の詳細については、[プライバシーポリシー]ページにてご確認ください。
このサイトについて|プライバシーポリシー|サイトマップ クレバリーホーム城東店は、注文住宅の家建築住宅メーカーです。

監修者情報

高坂 昇

高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

リフォームと新築の両方の専門チームを持つ当社の強みを活かして、お客様のあらゆるご要望にお応えします。また、弊社では特に地下室への取り組みを強化しております。地下室に関するご質問、ご相談等ございましたらお気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら