広さは?理想のキッチンのつくり方|家づくりの間取りプラン

alt=”理想のキッチンの広さ”

毎日使うキッチン。せっかく家を建てるなら、キッチンは広くて綺麗でおしゃれで使い勝手の良いものにしたいですよね。使い勝手の良いおしゃれなキッチンにするためには、よく考えて間取りを決めていくことが大切です。
今回は、キッチンの間取りを考えるときにおさえておきたいポイントと、おしゃれなキッチンの建築実例をご紹介します。どうしようか悩んでいる今、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


コラムのポイント

・キッチンの広さは、一般的には4.5畳が目安といわれています。しかし、オープンキッチンなのか壁付きキッチンなのかによって必要なスペースは変わってくるため、これから間取りを考えていくなら4.5畳前後を目安にしておくと良いでしょう。
・毎日使うキッチンを使い勝手の良いおしゃれなものにするためには、暮らしに合わせた間取り計画が重要です。後悔のないように事前にしっかりと話し合いをした上で、理想のキッチンをつくりあげていきましょう。


 

− table of contents −

◼ 家族の笑顔が集まるキッチン
◼ 一般的なキッチンの広さは?
◼ キッチンの間取りポイント
◼ キッチンの建築実例
◼ 理想のキッチンをつくるなら…

 

 

 

 

 

家族の笑顔が集まるキッチン

alt=”理想のキッチンの広さ”

毎日の食事をつくるキッチン。せっかく家を建てるなら、おしゃれで使い勝手の良いキッチンをつくりたいですよね。美味しい料理が並んだ食卓を囲めば、家族みんなが笑顔になりますし、健康に過ごすことができます。広さや間取りはもちろんのこと、収納スペースやデザインまで、しっかりとこだわりを詰め込んで理想のキッチンをつくっていきましょう。

 

 

 

一般的なキッチンの広さは?

alt=”理想のキッチンの広さ”

キッチンの広さは、一般的には4.5畳が目安といわれています。しかし、オープンキッチンなのか壁付きキッチンなのかによって必要なスペースは変わってくるため、これから間取りを考えていくなら4.5畳前後を目安にしておくと良いでしょう。

オープンキッチンの場合


リビングやダイニングの方に向いて設置された、開放感のあるオープンキッチン。アイランドキッチンやペニンシュラキッチンがこれにあたります。家族と会話をしたり子どもの様子をみたりしながら料理ができる、デザイン性が高い、など様々なメリットがあります。オープンキッチンの場合、家族が行き来できる通路をつくることを考えると4.5〜5畳程度必要になります。

壁付きキッチンの場合


壁の方を向いて設置されたキッチンには、I型キッチンやL型キッチンがあります。開放感はそこまでないものの、省スペースを活かしたキッチンづくりができます。オープンキッチンほどのスペースは必要ないため、3畳〜でも十分に感じるかもしれません。

いずれにしろ、どんなシステムキッチンを選ぶのか、キッチンにどのくらいのスペースを使うことができるのかによって広さは変わってきます。キッチンのタイプや予算を考えた上で、理想の広さを考えていきましょう。

 

 

 

キッチンの間取りポイント

alt=”理想のキッチンの広さ”

食事の支度や片付けなど、家事をスムーズに進めていくためにはキッチンの間取りを工夫することが大切です。

間取りに合ったシステムキッチンを選ぶ


キッチンには様々なタイプがありますが、間取りによって合うキッチンとそうでないキッチンとがあります。スペースが限られているのにアイランドキッチンを選んでしまうと、キッチンが狭く感じてしまいますし、ペニンシュラキッチンの方がスペースを有効に活用できることもあります。間取りに合わせて、まずはキッチンを決めていきましょう。

使いやすい高さを選ぶ


キッチンにも使いやすい高さがあり、
身長÷2+5センチ
が最適な高さといわれています。システムキッチンそのものの高さはJIS規格で80㎝、85㎝、90㎝と決められているため、主にキッチンに立つ人の身長に合わせて選ぶと良いでしょう。体にあっていない高さを選んでしまうと、肩や腰への負担などストレスがかかってしまうため注意が必要です。

また、見落としがちなのがスリッパやマットの高さです。使用するマットやスリッパによっては、身長が3㎝以上高くなることもあります。そうなると、せっかく合わせたキッチンの高さもズレが生じてきます。スリッパやマットも考慮した上で、キッチンの高さを選ぶようにしましょう。

 

alt=”理想のキッチンの広さ”

最適な収納スペースをつくる


最近のシステムキッチンには大容量の収納スペースがついているため、ほとんどの調理器具や食器は片付けることができます。とはいえ、いつの間にか増える物に合わせて収納棚や引き出しをどんどん買ってしまうと、せっかくのキッチンが狭くなってしまいますよね。
間取りを考える時、収納スペースの量が心配であればあらかじめ造作棚や壁面収納、パントリーなどをつくっておくようにしましょう。後から家具を買い足す必要はなくなりますし、おしゃれで広々としたキッチンをキープすることができます。

▶︎【新築】キッチンの間取り計画|おすすめオプションと収納をチェック!

家事動線を考える


料理中の無駄な動きを減らすためにも、家事動線を考えて間取りを決めていくようにしましょう。コンロと冷蔵庫の距離は120〜270㎝、シンクと冷蔵庫の距離は120〜210㎝が理想とされています。広ければいいというものではなく、広すぎるとむしろ不便に感じることもあります。間取りにもよりますが、この距離内に収まるようにそれぞれの設備を設置して、スムーズに家事ができるよう工夫してみましょう。

alt=”理想のキッチンの広さ”

▶︎シンクとコンロが二の字に分かれたセパレートタイプの高級キッチン

 

また、家事をスムーズにするのであればコンセントの数と位置も重要です。家電をたくさん使うキッチンで、コンセントを何度も抜き差しするのはストレスになります。どこでどんな家電を使うのかを考え、あらかじめ配線計画を立てておきましょう。

リビングとのバランスを考える


広々としたリビングは理想ですが、やはりリビングやダイニングとのバランスは重要です。キッチンスペースを広くとりすぎてしまい、家族でくつろぐためのソファーを置けなくなった、リビングが狭くなった、という後悔は避けたいもの。全体のバランスを考えながら、キッチンの間取りを考えていきましょう。

 

 

 

キッチンの建築実例

それでは、クレバリーホームが手がけたキッチンの建築実例をご紹介します。

 

スペースを活かしたペニンシュラキッチン

alt=”理想のキッチンの広さ”

約18坪の土地に建てられたこちらの3階建て住宅。階段を登ってすぐに目に飛び込んでくるペニンシュラキッチンが、この部屋の主役です。

alt=”理想のキッチンの広さ”

alt=”理想のキッチンの広さ”

白とグレーの色合いが素敵なこちらのキッチンは、元々ついている収納スペースに合わせて壁面収納もたっぷりと。家電もたくさん並べることができます。置き場所に迷いがちなゴミ箱を置くスペースも、ちゃんとつくられているのが嬉しいですね。

この建築実例をもっと見てみる▶︎▶︎

 

壁を有効に活用した壁付けキッチン

alt=”理想のキッチンの広さ”

壁一面に設置されたこちらのキッチン。シンク、作業台、コンロが一直線になったI型キッチンは、冷蔵庫も一直線に並べることができます。全てが並んでいるため、キッチンやダイニングテーブルはコンパウトに、その分リビングを広々と使うことができます。

alt=”理想のキッチンの広さ”

alt=”理想のキッチンの広さ”

吊り戸棚を多めに設置してあるため、調理器具はもちろんのこと、いざという時の保存食もしっかりとストックすることができますね。

この建築実例をもっと見てみる▶︎▶︎

 

収納力抜群!パントリーのあるキッチン

alt=”理想のキッチンの広さ”

ベージュ〜ホワイトでまとめられたこちらのキッチン。カウンターで仕切られているため、まるで専用スペースのようにも見えます。カウンターを使えば、配膳や片付けもスムーズにできそうですね。

alt=”理想のキッチンの広さ”

alt=”理想のキッチンの広さ”

このキッチンの魅力はなんといっても大容量のパントリーです。これだけ広いスペースがあれば、たくさんの保存食をストックすることができますね。収納する物のサイズに合わせて棚の高さも変えられるので、整頓も楽にできます。

この建築実例をもっと見てみる▶︎▶︎

 

 

 

理想のキッチンをつくるなら…

alt=”理想のキッチンの広さ”

毎日使うキッチンを使い勝手の良いおしゃれなものにするためには、暮らしに合わせた間取り計画が重要です。後悔のないように事前にしっかりと話し合いをした上で、理想のキッチンをつくりあげていきましょう。

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。

    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    神奈川県 川崎市等, 千葉県 浦安市等, 埼玉県 草加市・川口市等

    お問い合わせ内容

    必須

    【下記ご興味のある家タイプをチェックしてください】※複数回答可

    MONOプレイスハウジングスクエアクレバリーライフタイル・ガイドブックエクステリア&インテリアラインナップカタログTECHNICAL GUIDE

    お名前

    必須

    メールアドレス

    必須

    電話番号
    半角でご記入ください

    必須

    年齢

    必須

    連絡方法

    必須

    現住所

    必須

    郵便番号

    都道府県

    市区町村
    番地

    マンション
    アパート名

    当社を知った
    きっかけ

    必須

    その他

    任意


    監修者情報

    高坂 昇

    高坂 昇ou2株式会社 専務取締役 一級建築士

    リフォームと新築の両方の専門チームを持つ当社の強みを活かして、お客様のあらゆるご要望にお応えします。また、弊社では特に地下室への取り組みを強化しております。地下室に関するご質問、ご相談等ございましたらお気軽にご相談ください。

    詳しいプロフィールはこちら