【新築】二世帯住宅のお悩み解決!ライフスタイルを大切にする家づくりの方法とは

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

『二世帯住宅って、なんだかトラブルになりそう…』一緒に暮らす前からそんな不安で、もやもやとしていませんか?確かに、価値観も世代も違う家族が一緒に暮らす二世帯住宅。お互いの距離感や約束事など、気をつけておかないと思いがけないトラブルが起こる可能性は多々あります。
ただ、家づくりの段階で間取りの工夫をしておくことで、トラブルを避けることはできます。今回は、二世帯住宅で多く挙がるお悩みとともに、お互いの暮らしを尊重したうえで悩みを解決できる間取りの工夫ポイントをご紹介します。

 


コラムのポイント

・二世帯住宅の間取りをしっかりと工夫しておくことで、不要なトラブルを避けることができます。
・価値観も世代も違う人が一緒に暮らす以上、心地よく暮らすためにはお互いの歩み寄りはもちろん大切ですが、できる対策を講じた上で、新しい暮らしを実現していきましょう。


 

 

− table of contents −

◼ 二世帯住宅で多いお悩み
◼ 二世帯住宅の間取りパターン
◼ ライフスタイルを大切にする間取りの工夫
◼ 二世帯住宅で理想のライフスタイルを!

 

 

 

 

 

二世帯住宅で多いお悩み

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

二世帯住宅での暮らしで多いお悩み、失敗例をまずはみてみましょう。

お悩み① プライバシーがない…


玄関も共有、トイレも共有、のんびりすごすリビングも共有…と全ての部屋が共有になっていると、それだけプライバシーはなくなります。ほっと一息ついて1人の時間を楽しみたい、と思ってもその時間がつくれない環境にいると、ストレスが溜まる可能性も。

お悩み② 在宅での仕事が難しい…


在宅勤務になったものの、両親が一日中家にいるため集中して仕事ができない、守秘義務がある内容が聞こえていないか心配、などここ1〜2年で急激に増えた在宅勤務に関するお悩み。ライフスタイルの変化にすぐ対応できない間取りの場合、なかなか解決策が見つからず焦るかもしれません。

お悩み③ ライフスタイルの違い…


早朝に起きてゴソゴソし始める親世帯。夜遅くまで起きてテレビを見る子世帯。ちょっとした物音や話し声も相手にとっては負担になることもあり、生活の時間帯や過ごし方が違えば、それだけでストレスになる可能性も。

お悩み④ 収納スペースが足りない…


大人数が一緒に暮らす二世帯住宅は、家族みんなの持ち物を収納できるスペースが必要です。しかし元々土地が狭かったり、部屋数が多かったりすると、必要なだけの収納スペースがつくれない可能性も。散らかった部屋は暮らす人にとって大きなストレスになるため、収納スペースの確保は必須です。

お悩み⑤ 発言権がなくなってしまった…


家づくりを進める際、相手の家族に建築費を多く出してもらったため、気になっていることが言い出しにくくなってしまった、不満を伝えづらくなってしまった、など発言権がなくなってしまうことで暮らしがギクシャクしてしまう…というもの。発言権がないばかりに、ずっと我慢する生活は嫌ですよね。

 

 

 

二世帯住宅の間取りパターン

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

二世帯住宅の間取りは、大きく3つのパターンに分けられます。選ぶ間取りによって、解決できる間取りが変わってきます。

パターン① 完全共有型

寝室以外全ての部屋を共有する間取りを、完全共有型といいます。二世帯住宅とはいえ、比較的建築費をおさえることができる一方で、ほとんどプライバシーのない間取りです。二世帯住宅での暮らしに関する悩みも起こりやすい環境でもあるため、事前の話し合いが大切です。

パターン② 部分共有型

リビングだけ共有、水回りだけ共有、というように部分的に共有する間取りを、部分共有型といいます。
プライベートな空間を比較的つくりやすいため、お互いの距離が近すぎる事によって起こるトラブルなどは避けることができます。

パターン③ 完全分離型

外観はひとつの家になっているものの、家の中の全ての居住スペースが分かれている間取りを完全分離型といいます。ほぼ暮らしを分けることができるため、トラブルも起こりにくく穏やかな暮らしが実現します。一方で、もっとも建築費がかかる間取りでもあります。

 

 

 

二世帯住宅の建築実例

それでは、理想のライフスタイルを実現している二世帯住宅をご紹介します!

 

【約20坪の二世帯住宅】敷地19.60坪|延床31.24坪!
玄関1つ、水回り2つのコンパクト設計でもこだわりの二世帯住宅

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

玄関は1つ、水回りは2つと部分共有型になっているこちらの二世帯住宅。3階建てなので、それぞれの住空間をしっかりと確保することができています。約20坪というコンパクトなスペースながら、これだけの空間を確保できるのは設計力のなせる技です。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

二世帯全員がくつろぐことができるバルコニースペースは、明るく開放感抜群です。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

それぞれの世帯に水回りが設置されているため、自分たちのペースで食事をしたり、お風呂に入ったりすることができます。キッチンのグレードを上げる、お風呂に力を入れる、といったように自分たちがこだわりたい部分に費用をかけることができ、満足度の高い家に仕上がりました。

詳しい事例はこちら

 

 

【ロフト付き二世帯住宅】敷地81.61坪|延床84.01坪!
吹き抜けで開放的なリビングが特徴。将来の二世帯を考えた工夫満載

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

将来的に、二世帯住宅として暮らすことを想定して建てられたこちらのお家。吹き抜けがあり広々としたリビングが印象的です。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

室内は車椅子での移動ができるように廊下や室内を広く設計。玄関には車椅子で出入りできるようにスロープを設置、トイレも車椅子のままで出入りできるような広さを確保しています。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

クローゼットだけでなく、畳の小上がりの下、リビングの一角など至る場所に収納スペースがあるため、家族の荷物が増えたとしても綺麗に片付けることができますね。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

詳しい事例はこちら

 

 

【屋上付き二世帯住宅】敷地36.25坪|延床82.81坪!
変形地でも『鉄骨造並み』の広い間口で車3台が置けるビルトインガレージ

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

遠くにスカイツリーを望むことができる、屋上がついたこちらのお家。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

家族が集まり、ゆっくりと過ごすことができるリビング。スタイリッシュなデザインのアイランドキッチンが目を引きます。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

アイランドキッチンとは別にミニキッチンも設置してあるため、夜中や早朝など小腹がすいた時に気にすることなく、料理をつくることができます。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

大容量のシュークローゼットにウォークインクローゼットを設置。荷物をスッキリと片付けることができるので、おしゃれなリビングやキッチンの雰囲気も損なわれません。

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

エレベーターは家の中心に設置。どの部屋からでも移動がスムーズにできます。階段の登り降りが難しくなったとしても、安心ですね。

詳しい事例はこちら

 

 

 

ライフスタイルを大切にする間取りの考え方

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

二世帯住宅でのお互いの暮らしを大切にするためには、間取りを考える段階でしっかりと話し合いと工夫を重ねることが大切です。

暮らしに求めるものを書き出し相談


暮らしに求めるものは人それぞれです。まずはどんな暮らしをしたいのか、そのためにはどんな間取りが理想なのか、などイメージをしっかりと書き出してみましょう。

20年後、30年後を想定する


時が経つにつれ、ライフスタイルは徐々に変化していきます。20年も経てば、今一緒に暮らしている子どもたちも巣立っていくでしょうし、仕事や価値観も変化しているでしょう。
今の暮らしがずっと続くわけではない、ということを考慮した上で、自由度の高い間取りを考えておくことが大切です。

実績と経験のあるハウスメーカーに依頼する


数あるハウスメーカー全ての会社が、二世帯住宅を手がけることができるというわけではありません。二世帯住宅を建てる場合、間取りの考え方や選ぶ設備、税金面を考慮した広さの床面積など専門知識が必要になります。ホームページを確認し、二世帯住宅を建ててきた実績と経験のあるハウスメーカーに依頼するようにしましょう。

 

 

 

二世帯住宅で理想のライフスタイルを!

alt=”二世帯住宅の悩みを解決する家づくり”

二世帯住宅の間取りをしっかりと工夫しておくことで、不要なトラブルを避けることができます。価値観も世代も違う人が一緒に暮らす以上、心地よく暮らすためにはお互いの歩み寄りはもちろん大切ですが、できる対策を講じた上で、新しい暮らしを実現していきましょう。

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホーム東京は、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。省エネルギーの家づくりに関する疑問は、クレバリーホーム東京にお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など