【注文住宅】ダウンライトの後悔しない選び方

alt=”東京おしゃれな狭小住宅”

照明器具が主張しすぎることなく、室内全体を照らすダウンライト。明るさやライトの大きさなど種類が豊富で、注文住宅を建てるなら各部屋に設置したい!という方も多くいらっしゃいます。しかし、選び方を間違ってしまうと後悔してしまうことも多く、選ぶ時は気をつけたいもの。

そこで今回は、ダウンライトで後悔してしまうポイントや後悔しないためにしておきたいことなど、家づくりを始める前に知っておきたい『ダウンライトの選び方』についてまとめてご紹介します。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・ダウンライトとは、ペンダントライトやシーリングライトとは異なり、天井に埋め込まれた照明のことをいいます。
・注文住宅が完成してから後悔しないように、ダウンライトの設置場所や設置数、補償に関してはしっかりと確認しておきましょう。
・室内の雰囲気に合わせて明るさや照明の色を変えられるダウンライトは、注文住宅をよりおしゃれな家に仕上げてくれます。設置場所や設置数をよく検討した上で、家づくり計画を進めていきましょう。


 

− table of contents −
◼ ダウンライトとはどんなライト?
◼ ダウンライト、なぜ後悔?
・後悔① 自分たちで交換できない
・後悔② 寿命がわかりにくく交換時期が難しい
・後悔③ 掃除が大変
・後悔④ 意外と暗い可能性も…
・後悔⑤ 照らす場所と家具のバランス
・後悔⑥ 調整機能をつけていなかった
◼ 後悔する前にできる3つのこと
◼ おしゃれなダウンライトのある家づくりを!

 

 

 

 

ダウンライトとはどんなライト?


alt=”東京おしゃれな狭小住宅”

ダウンライトとは、ペンダントライトやシーリングライトとは異なり、天井に埋め込まれた照明のことをいいます。

メインの照明ではなく補助的な照明としての役割を担い、目立たない状態になっているので天井をすっきりと見せることができます。シンプルな空間にしたい、ごちゃごちゃとした雰囲気にしたくない、という方にとっては最適な照明です。

 

 

 

ダウンライト、なぜ後悔?


alt=”東京おしゃれな狭小住宅”

おしゃれでメリットの多そうなダウンライトですが、特性を知った上で設置しなければ後悔する羽目になってしまいます。

 

後悔① 自分たちで交換できない

電球だけを交換できるダウンライトではなく、器具と電球が一体型になっており器具を丸ごと交換して使用するダウンライトの場合、自分たちだけでは交換することができません。

一体型のダウンライトの場合、電気工事士に依頼をして交換してもらう必要があります。頻繁にお世話になるわけではありませんが、電球が切れてすぐに交換できないとなると、多少の不便を感じてしまうかもしれません。

 

後悔② 寿命がわかりにくく交換時期が難しい

多くの場合、ダウンライトにはLEDライトを使用します。LEDライトは蛍光灯などのように、寿命がきたらチカチカしたりプツッと切れてしまったりするわけではなく、明るさが半減していきます。そのため寿命がきたのかどうかという判断が難しく、いつ交換すればいいのかも難しいのが現状です。少し暗くなっただけではまだ使えると判断する人もいますし、もう寿命だと判断する人もいて、一概に交換時期が判断できずにほの暗さにストレスをためてしまうかもしれません。

日本照明器具工業会では、LEDの寿命は光束が初期値の70%に低下するまでと定義されており、初期値の70%になるには、約40,000時間かかるとされています。

 

後悔③ 掃除が大変

ダウンライトは、照明の上部や器具の周りにホコリがたまることがないため、通常の掃除やメンテナンスは手軽にできます。しかし、天井に設置されているため、いざ掃除をしようとなるとなかなか手が届かず、高い場所という危険も合わさって思いの外掃除が大変です。

脚立でも届かない場所に設置してしまうと、掃除だけでなく交換も大変なので、メンテナンスを考えて設置場所を決めるようにしましょう。

 

alt=”東京おしゃれな狭小住宅”

後悔④ 意外と暗い可能性も…

ダウンライトは天井に埋め込まれているため、横方向や上方向に光が広がりにくいのが特徴です。数は多く設置しているはずなのに部屋全体がなぜか暗い、部屋の隅が暗くて見えにくい、という可能性があります。

元々、ダウンライトは照明の中でも補助的な役割を担うため、壁や天井がどうしても暗く見えてしまいます。そこを想定した上で、どこに設置するのか、数はどのくらい必要なのか、といった照明計画を立てていくようにしましょう。

 

後悔⑤ 照らす場所と家具のバランス

一度場所を決めてしまうと、ダウンライトの数や設置数はなかなか変更することができません。ソファーやベットの真上に設置すると眩しくなってしまいますし、テーブルやカウンターなどの真上に設置しなければ手元が暗くなってしまいます。どこに家具を置くのか、室内のどこを照らすのか、といった照明計画をしっかりと立てた上で設置場所を決めるようにしましょう。

また、ダウンライトの位置を考えた上で模様替えをする必要があります。頻繁に模様替えをするのであれば、場所や角度を変更しやすいダウンライトを選ぶようにしましょう。

 

後悔⑥ 調整機能をつけていなかった

ダウンライトの中にも、明るさや電球の色味を調節できるものがあります。明るさや電球の色味が調整できなくても困らないのでは…と思うかもしれませんが、ちょっとリラックスしたい時や気分を変えたい時などは、調整機能の付いている照明が重宝します。気分やシチュエーションに合わせて照明の明るさや色味が変えられないことが、ちょっとしたストレスになることもあります。

状況に合わせて明るさや色味を変えられるように、ダウンライトの調整機能をつけておくことをお勧めします。

 

 

 

 

後悔する前にできる3つのこと


alt=”東京おしゃれな狭小住宅”

設置してから後悔してしまわないように、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

 

⒈ 設置場所の検討しておく

どこにダウンライトを設置するのか、事前にしっかり検討しておきましょう。

テーブルの上やリビングの中心など、夜でも明るくしたい場所にライトが当たるように、設置場所を決めていきます。縦に並べたりバランス良く分散したりすることで、バランス良く設置することができます。

コンクリートの打ちっ放しや天井裏がないなど、天井の状態によってはダウンライトを設置できないこともあります。設置可能なのか調べた上で、設置場所を検討していきましょう。

 

⒉ 設置数と電球色の確認しておく

いくつ必要なのか、どんな色にするのかを検討しておきましょう。リビングやダイニングと異なり、廊下やトイレなどは必要数が限られます。どのくらいの明るさを求めているのかを話し合った上で決めていくと良いでしょう。

また、寝室に適した電球色と廊下に適した電球色も異なります。どんな過ごし方をするのか考えた上で、シチュエーションに合わせて電球色を決めていくようにしましょう。

 

⒊ ライトの補償を確認しておく

メーカーによって異なりますが、ダウンライトに使用するLEDライトの補償期間は2〜5年ほどです。築数年でライトが暗くなってきた際、スムーズに交換できるように、補償期間を確認しておきましょう。

取り付け場所の移設や落下による故障、地震や落雷による異常電圧の発生での故障や損傷の場合は、有料での補償になります。後で慌てないためにも、あらかじめ確認しておきましょう。

 

【新築】暮らしを快適にするコンセント計画|クレバリーホーム

 

 

 

おしゃれなダウンライトのある家づくりを!


alt=”東京おしゃれな狭小住宅”

この住宅を詳しく見てみる▷

 

室内の雰囲気に合わせて明るさや照明の色を変えられるダウンライトは、こだわりのつまった注文住宅をよりおしゃれな家に仕上げてくれます。設置場所や設置数をよく検討した上で、家づくり計画を進めていきましょう。

 

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホーム東京は、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。省エネルギーの家づくりに関する疑問は、クレバリーホーム東京にお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など