高気密住宅ってどんな家?

alt=“高気密住宅”

広告やSNSでよく目にする『高気密住宅』という言葉。性能の高そうな、暖かそうな家というイメージはあるものの、実際はどんな家なのかよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。

隙間が少ない高気密住宅は、暖かく省エネな毎日を送ることができる高性能な家です。どんなメリットやデメリットがあるのか、高気密住宅を建てる時はどのようなポイントに注意をしたらいいのか、など気になるポイントをまとめました。

 


コラムのポイント
・家の隙間が少なく、隙間からの空気の出入りが少ない家を『高気密住宅』といいます。
・高気密住宅を建てる際は、ZEHに対応しており、施工スキルの高いハウスメーカーに依頼すると安心です。
・気密性の高い家を手に入れて、夏は涼しく冬暖かい、快適な暮らしを手に入れましょう。


 

− table of contents −

◼ 高気密住宅とは
◼ 高気密住宅のメリット・デメリット
◼ 高気密住宅を建てる前に…
◼ 高気密住宅で快適な毎日を!

 

 

 

 

 

 

高気密住宅とは


alt=“高気密住宅”

家の隙間が少なく、隙間からの空気の出入りが少ない家を『高気密住宅』といいます。

断熱材やテープ、精密に設計してつくられた建材で建てられているため、夏は室内の冷気が逃げにくく、冬は暖かい空気が逃げにくくなります。反対に、家の中に暑い空気や冷気を入れにくくすることもできます。
隙間からの空気の出入りがほとんどなく、エアコンで冷やした涼しい空気や、暖房で暖めた暖かい空気が外に漏れる心配がほとんどありません。室内外の空気の出入りを最小限まで抑えているため、効率良く冷暖房を稼働することができ、光熱費を抑えることができます。

 

 

 

 

高気密住宅のメリット・デメリット


alt=“高気密住宅”

高気密住宅のメリットやデメリットを見てみましょう。

 

メリット


メリット① 湿度を一定に保つことができる

室温を一定に保つことができるため、湿度も一定に保つことができます。梅雨の時期は、ジメジメとした湿気がこもる心配がほとんどありません。また、冬場に特に悩まされる結露もほとんど発生しないため、壁紙や床板などが痛むことなく綺麗な状態で保つことができます。

湿度を一定に保つことで、体への負担も少なく健康に暮らすことができるのです。

 

メリット② 電気代の節約になる

気密性が高いと、室内外の空気の出入りが少なくなります。そのため、いくらエアコンをかけてもなかなか部屋が冷えない、暖房をつけても暖かくならない、という心配がありません。冷暖房を効率よく稼働させることができるので、エネルギー使用量が上がることなく、電気代を抑えることができます。

 

メリット③ ヒートショック予防になる

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が急上昇したり急降下したりすることによって起こるもので、心筋梗塞や脳梗塞に繋がる症状のことです。冬場、冷えた体で急に熱いお湯に入った時、暖かいリビングから寒いトイレに行った時などに起こりやすくなります。

気密性の高い家は、室温を一定に保つことができるので、こういった症状を引き起こしにくくなります。

 

メリット④ 騒音対策になる

気密性が高い家は、遮音性も高くなります。感染道路沿いに建つ家や、学校、公共施設、公園などの側に建つ家はどうしても騒音に悩まされやすくなります。しかし気密性を高めておくことで、外から聞こえてくる騒音をシャットアウトすることができます。また、子どもの泣き声や騒ぐ声など、家の中の声が外に漏れる心配も減らすことができます。

 

alt=“高気密住宅”

 

デメリット


デメリット① カビや結露が発生しやすくなる可能性がある

建築基準法の改正で、住宅には24時間換気システムを設置するように義務付けられていますが、気密性が高い家は換気がうまくできない可能性が高くなります。また、家の気密性がどれだけ高くても、隙間を生みやすい窓の気密性や断熱性が低ければ、結露やカビ発生の原因となります。

気密性が高く、断熱性も高く、しっかりと換気をして快適な室内環境を保つ、というようなバランスが大切です。

 

デメリット② シックハウス症候群を引き起こす可能性がある

シックハウス症候群とは、住宅建材に使用される接着剤や壁紙の塗料などから、化学物質が放出されることで頭痛やめまいを引き起こす症状のことです。害虫からの被害を避けるため、家を丈夫に長持ちさせるために必要な処理に当たるものも多くあります。

気密性の高さゆえ、これらの化学物質がいつまでも室内に残り、こういった症状を引き起こす可能性があります。

 

デメリット③ 建築費用が高くなる

高気密住宅を建てる場合、しっかりと設計をした上で施工を行い、性能の高い断熱材や建材を使って家を建てていきます。そのため、通常の住宅と比べると必然的に建築にかかるコストがかかります。

ただ、最初に費用はかかりますが、住み始めてからの光熱費などのランニングコストは抑えることができます。暮らした後の生活も視野に入れた上で、検討することが大切です。

 

 

 

 

高気密住宅を建てる前に…


alt=“高気密住宅”

これから高気密住宅を建てるために、特に押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

ZEHに対応しているハウスメーカーを選ぶ


ZEHとは、断熱性能が高く省エネ効果の高い家の事で、必然的に気密性も高くなります。

高気密住宅を建てるためには、優れた建築技術や設計技術を持ち合わせたハウスメーカーを選ぶ必要があります。こういった会社の多くは、ZEH住宅を建てるノウハウやスキルを持ち合わせているので、家づくりを依頼しようとしているハウスメーカーがZEHに対応しているのかどうか、まずは確認してみましょう。

 

施工スキルも重視する


隙間のない高気密な住宅を建てる場合、より高度な施工技術が求められます。結露が発生しにくく、気密性の高い家にするためには技術力が求められます。

依頼するハウスメーカーと提携している業者が、どれほどの施工スキルを持っているのか、それは信頼できるものなのか、などはあらかじめチェックしておきましょう。

 

暖房器具の検討をしておく


石油ストーブは、一気に部屋が暖かくなるのが魅力です。しかし気密性の高い家で使い続けると、二酸化炭素や有毒なガスが室内に多く溜まってしまったり、室内の酸素が不足して一酸化炭素中毒を引き起こしたりする可能性が高くなります。

このような危険を避けるためにも、冬場にどんな暖房器具を使うのかを考えておきましょう。

 

 

ZEH住宅ってどんな家?

 

 

 

 

高気密住宅で快適な毎日を!


alt=“高気密住宅”

快適な住まいは、立地やデザイン、価格だけが満足するものではなく、暮らし始めてからの心地よさが重要です。気密性の高い家を建てることで、夏は涼しく冬暖かい、快適な暮らしを手に入れましょう。

 

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホーム東京は、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。注文住宅の家づくりに関する疑問は、クレバリーホーム東京にお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など