【中野区・新築戸建て】スタイリッシュな屋上のある3階建て特集

alt=“屋上付き3階建て住宅”

 

東京に家を建てる時、避けて通れないのが土地の狭さと価格の高さ問題です。これらがネックになり、理想の家が建てられない…と感じている方は少なくありません。とはいえ、どんなにネックに感じることがあったとしても、それを超えて満足のいく家づくりをすることは可能です。例えば、3階建てにしたり、屋上を造ったりすることで、理想の家に近づける可能性はぐんと広がります。

今回は、土地の広さをネックにしない屋上のある3階建ての家や建築実例をご紹介します。これからの家づくりにぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・東京に家を建てる上で、土地の広さや価格の高さをネックに感じるかもしれません。しかし、3階建てにしたり屋上付きにしたりすることで、これらの問題は難なくカバーすることができます。
・3階建てと屋上を組み合わせることで、それぞれの良さを活かした家づくりができます。
・建築実例を参考にしながら、新築戸建て住宅づくりを進めていきましょう。


 

− table of contents −

◼ 土地を活かした3階建てと屋上
・3階建てのメリット
・屋上のメリット
◼ 【中野区】屋上のある3階建て特集
◼ 3階建て+屋上の家を建てるなら…

 

 

 

 

 

 

 

土地を活かした3階建てと屋上


alt=“屋上付き3階建て住宅”

東京に家を建てる上で、土地の広さや価格の高さをネックに感じる方は多いのではないでしょうか。確かに、限られた広さや予算内に希望を詰め込み、理想通りの家を建てるのは難しいかもしれません。しかし、3階建てにしたり屋上付きにしたりすることで、これらの問題は難なくカバーすることができます。

 

3階建てのメリット


alt=“屋上付き3階建て住宅”

メリット① 日当たり良好で暖かい

周りの家の高さを機にすることなく、太陽光を部屋の中に取り込むことができます。特に3階部分は明るく暖かく過ごすことができるので、思い切ってリビングを設置すれば家族団らんの時間をより楽しむことができます。

しっかりと陽の光が入るため、部屋の中も暖かくなりやすく、暖房費も抑えることができます。

 

メリット② 快適な風通し

3階という高さを活かして、風通しを良くすることができます。風が通らない家は、どうしても空気がよどんでしまいますが、そんな心配もありません。

3階部分で洗濯物を乾かせば、太陽の光と風通しのよさですっきりと乾かすことができます。

 

メリット③ 可能性が広がる部屋の使い方

3階建てにすれば、その分部屋数を増やすことができます。子どもたち一人ひとりの部屋をつくることが可能になりますし、書斎や広い衣装部屋などをつくることも可能です。

また、1階部分は賃貸として貸し出し、2階3階部分は自分たちの住宅にする、という暮らし方も可能です。暮らしに合わせて家の使い方を変えていくことができるので、家の可能性を大きく広げることができます。

 

 

屋上のメリット


alt=“屋上付き3階建て住宅”

 

メリット⒈ バーベキューにプールに読書

機材や食材を準備すれば、遠くのバーベキュー場に行かなくてもバーベキューができます。夏はプールを楽しむことができますし、チェアを置いておけばいつでも青空の下で読書を楽しむことができます。

家ではちょっと難しいかも…と思っていたようなことでも、屋上があれば遊びや楽しみの選択肢が広がります。

 

メリット⒉ 緑化でリラックススペースに

屋上は、そのまま開放感ある空間として利用することもできますが、プランターや鉢植えを並べれば屋上庭園として活用することができます。庭がなくても、いつでも土いじりができますね。

屋上で野菜を育てて収穫すれば、毎日の食卓に並べることもできます。子どもたちにとっては最高の食育になりますし、大人にとっても毎日忙しい中に癒しの時間を設けることができます。

 

メリット⒊ 洗濯物を広々干せる贅沢スペース

天気のいい日は、家族みんなのシーツを洗い、布団をカラッと干すことができます。他の洗濯物を干していても、気にする必要はありません。家族が増えてくると、毎日の洗濯物は増えてきますし、乾かなかった場合のストレスはかなり大きなものになります。しかし屋上があれば、贅沢にスペースを使って洗濯物を乾かすことができます。洗いたてのシーツに包まれて気持ち良く眠れる日常が手に入ると思うと幸せですね。

 

 

 

 

【中野区】屋上のある3階建て特集


3階建てと屋上のメリットをご紹介してきましたが、両方を組み合わせて家づくりをすることももちろん可能です。それぞれの良さを活かして建てられたお家をご紹介します。

 

 

【屋上と屋根裏収納】敷地34.98坪|延床35.19坪!
2階の上空間を上手に使った白黒のコントラストがスタイリッシュな注文住宅

alt=“屋上付き3階建て住宅”

プライベートな屋上空間

alt=“屋上付き3階建て住宅”

左右非対称な外観のこちらのお家。その外観を活かして、3階部分が小屋裏収納と屋上スペースになっています。

小屋裏収納は、大容量で使い勝手の良い収納になっています。この小屋裏収納が壁となり、周囲からの視線を遮る家族だけのプライベートな屋上空間が実現しました。

 

ツートーンのスタイリッシュな雰囲気

alt=“屋上付き3階建て住宅”

外装は白と黒のタイル、内装は床や壁を白で統一、ドアや手すりなどは黒で統一、とトータルコーディネートすることでスタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。それぞれの色が良さを引き立て合いスタイリッシュの中にも温かさが滲み出ています。

 

【屋上と屋根裏収納】敷地34.98坪|延床35.19坪!2階の上空間を上手に使った白黒のコントラストがスタイリッシュな注文住宅

 

 

 

 

【屋上付き3階建て住宅】敷地27.90坪延床49.34坪!
パントリーから趣味のスペースまで造作の稼動棚で空間をうまく使った住宅

alt=“屋上付き3階建て住宅”

見た目にも風通しにもこだわったバルコニーの横格子

alt=“屋上付き3階建て住宅”

こだわってデザインされた、黒い横格子がスタイリッシュなバルコニー。デザイン性が高いだけでなく、風通しも抜群です。通常、格子を設置すると風通しが悪くなることもあるのですが、3階建てという高さを存分に活かした風通しを味わうことができます。

alt=“屋上付き3階建て住宅”

こちらのお家を建てる場合、斜線制限という高さの制限がありました。斜線制限とは、隣家の日照や通風を良くするため、道路の日照や通風を確保して圧迫感を与えないため、北側に立つ家の採光を確保するためなどに規制されるものです。

alt=“屋上付き3階建て住宅”

理想の間取りを実現するためには、階段を制限の厳しい位置に設置する必要がありましたが数cm単位まで試行錯誤しながら設計をした結果、高さの制限に収めながら使い勝手を考慮した階段の設置ができました。

 

【屋上付き3階建て住宅】敷地27.90坪|延床49.34坪!パントリーから趣味のスペースまで造作の稼動棚で空間をうまく使った住宅

 

 

 

 

 

 

 

3階建て+屋上の家を建てるなら…


alt=“屋上付き3階建て住宅”

せっかく家を建てるなら、住みたい土地に住みたい家を建てて暮らしたいですよね。3階建てや屋上のある家は、暮らしの中で味わえる楽しみをぐっと増やすことができます。楽しみの選択肢を増やし、自分たちだけの理想の暮らしを作り上げていきませんか?

 

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホームは、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。注文住宅の家づくりに関する疑問は、クレバリーホームにお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など