後悔しない『狭小住宅』を建てる方法

alt=“後悔しない狭小住宅”

マイホーム購入は、人生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。費用も時間も、エネルギーもかかります。せっかく建てるのであれば、後悔のない納得のいく家づくりをしたいですよね。
特に限られた土地に建てる狭小住宅は、納得のいく家に仕上げるためには知識もスキルも必要な上、抑えておきたいポイントがいくつかあります。今回は、後悔しない狭小住宅の家づくりに役立つポイントをまとめました。

 


コラムのポイント
・狭小住宅とは、約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家のことをいいます。延床面積約70平米の一戸建てを指すこともあります。
・狭小住宅を後悔しないためには、開放感を感じられる間取りにする、家の階数を増やす、吹き抜けを採用する、間取りプランを熟考するといった対策を講じることが大切です。
・知識豊富な頼れる業者と共に計画を進めていけば、家づくりの不安や迷いを抑えることができます。後悔しないためにも、納得のいく狭小住宅の家づくりを進めていきましょう。


 

− table of contents −

◼ 都心部に多い『狭小住宅』とは
◼ 狭小住宅が後悔される6つのポイント
  ・後悔ポイント① やっぱり狭い…
  ・後悔ポイント② 空調効率が悪くなる…
  ・後悔ポイント③ 部屋が暗い…
  ・後悔ポイント④ 動線が悪い…
  ・後悔ポイント⑤ 収納量が少ない…
  ・後悔ポイント⑥ 防犯面が不安…
◼ 後悔しないためにできること
  ・開放感を感じられる間取りにする
  ・家の階数を増やす
  ・吹き抜けを採用する
  ・間取りプランを熟考する
  ・経験値の高い業者に依頼する
◼ 頼れる業者と後悔しない家づくりを

 

 

 

 

 

 

 

都心部に多い『狭小住宅』とは


alt=“後悔しない狭小住宅”

都心部で家づくりをしよう、と考えている方は、狭小住宅という言葉をよく聞くのではないでしょうか。狭小住宅とは、約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家のことをいいます。延床面積約70平米の一戸建てを指すこともあります。
厳密に定義が決まっているわけではありませんが、狭く限られた土地に建てられた家が『狭小住宅』といわれています。

 

 

 

狭小住宅が後悔される6つのポイント


alt=“後悔しない狭小住宅”

よく考えて建てたはずなのに後悔されるのが家づくりです。狭小住宅の場合、どのようなポイントが後悔されるのでしょうか。

後悔ポイント① やっぱり狭い…


覚悟はしていたものの、狭小地に建てられた家はひとつの部屋が狭くなり、家全体が狭く感じてしまう…という方は多いようです、子どもが大きくなるにつれて、どんどん手狭になると思うと、辛いものがあります。
部屋の総数を減らしてひとつの部屋を広めに設計し開放感をつくる、背の低い家具を並べて圧迫感が生まれないようにする、など工夫すると良いでしょう。

後悔ポイント② 空調効率が悪くなる…


狭小住宅は、開放感を生み出すために間仕切りを減らすという選択が多くとられます。この場合、広々とした空間は手に入るのですが、空調効率が悪くなってしまい快適な室度を維持できなくなる可能性があります。部屋が広い分、冷暖房費が高くなるため、トータルコストを考えるとすごい出費になってしまう…ということも考えられます。
可動式の間仕切りを設置するなどして、空調効率を維持する工夫が必要です。

後悔ポイント③ 部屋が暗い…


狭小住宅は、住宅が密集した場所に建てられるケースが多いため、どうしても隣家との距離が近くなります。大きな窓を設置しても、南向きや東向きの窓を設置しても、日中の暗さに悩まされてしまう、ということは起こる可能性があります。天窓や地窓といった方々から太陽光を取り入れることができるような工夫が必要です。

 

alt=“後悔しない狭小住宅”

 

後悔ポイント④ 動線が悪い…


日常生活を送る中で、家の中を人が動く経路を線で表したものを動線といいます。この動線が悪い場合、家の中をいったりきたり、部屋同士の行き来がしにくい、など使いにくさが生じます。
狭小住宅の場合、部屋の広さを確保するために廊下をなくすという方法を提案されることもありますが、廊下があることで暮らしやすい動線が保てているという背景もあります。部屋の広さだけでなく、使い勝手も考えながら間取りや動線を考えると良いでしょう。

後悔ポイント⑤ 収納量が少ない…


狭小住宅を建てる時に、もっとも大きな悩みとして挙げられるのが収納量に関する悩みなのではないでしょうか。デッドスペースをなくし、部屋の広さを確保しつつ最大限設けた収納スペースでも、いざ暮らし始めてみると物足りなくなることは多々あります。
持ち物の総量を減らしたり、家具を最小限に抑えたり、と持ち物の量をコントロールすることで、少ない収納でも快適に暮らすことができます。

後悔ポイント⑥ 防犯面が不安…


土地が狭く、道路や隣家に隣接している狭小住宅。防犯面に関する不安は都度挙がる問題です。実際に家を建ててみると、家の影など死角になる場所が多く、想定していたものと違う…と頭を悩ます方も多いでしょう。
防犯カメラを設置したり、窓ガラスを防犯ガラスにしたり、人が歩くと大きな音がする防犯砂利を敷いたりと暮らしを守る工夫が必要です。

 

 

alt=“新築コンセント計画”

【新築】暮らしを快適にするコンセント計画|クレバリーホーム東京

 

 

 

 

後悔しないためにできること


alt=“後悔しない狭小住宅”

建ててから後悔だけはしたくないですよね。後悔しないためにも、家づくりを始める前にできる対策をしっかりと講じておきましょう。

開放感を感じられる間取りにする


限られた土地を活かして広々と暮らすためには、天井を高くする、仕切りを減らす、天窓を造る、など開放感を意識した間取りを考えることが大切です。狭く圧迫感がある空間に、人はストレスを感じます。ストレスを感じながらイライラ暮らすよりも、すっきりとした空間に笑顔で暮らせるような間取りの工夫が大切です。合わせて家具をコンパクトにする、色のトーンやデザインを統一するなど考えておくと、より開放感のある部屋にすることができます。

家の階数を増やす


土地の広さが限られている以上、家の広さも限られてしまいます。せっかく家を建てるのであれば、土地を最大限利用して3階建ての家にしたり、地下室を設置したりしてみてはいかがでしょうか。
部屋数が増えることにより、建築費用などはかかりますが、しっかりと居住スペースを確保できる上に理想もしっかりと詰め込むことができます。

吹き抜けを採用する


吹き抜けがあれば、縦に視界が抜けるため部屋をより広く感じることができます。もちろん開放感だけでなく、しっかりと太陽光を取り込んだり、風の通り道を作り出したりすることもできます。室内に自然の光が差し込み風が通るようになれば、季節の移り変わりを感じながら快適な毎日を過ごすことができるでしょう。
暖かい空気は上に流れるので、その性質を利用して、床暖房で温まった空気を吹き抜けから2階に流すといった工夫をしてみても良いですね。

 

alt=“後悔しない狭小住宅”

 

間取りプランを熟考する


ハウスメーカーの担当者や設計士、プランナーなど多くの人がしっかりと考えた上で間取りプランは考えていきます。もちろん最適なプランが提案されていますが、実際に暮らすのは自分たちです。提案された間取りが本当に暮らしやすい間取りなのか、使いにくい部分はないか、など自分たちの暮らしに当てはめて今一度考えてみましょう。
時間はかかるかもしれませんが、建てた後の生活の方が長いものです。快適な暮らしができるよう、熟考して間取りプランは決めていくようにしましょう。

経験値の高い業者に依頼する


狭小住宅を建てる場所は、土地が変形していたり隣家との距離が近かったりなど建築条件が厳しいことが多々有ります。それに加え、家に関する専門知識が豊富かどうか、東京の土地事情に詳しいかどうか、希望に応じた多数の提案ができるのかどうか、なども兼ね備えた業者に依頼する必要があります。
無料相談に参加する、ホームページを確認する、など事前に情報を集めた上で、狭小住宅の家づくりに強い頼れる業者に依頼するようにしましょう。経験値が豊富なら豊富なだけ、希望に合わせたアドバイスをもらいながら狭小住宅の家づくりを進めていくことができます。

 

 

alt=“見出し画像 東京 注文住宅 狭小住宅”

【狭小住宅】広々リビングのつくり方|クレバリーホーム東京

 

 

 

 

頼れる業者と後悔しない家づくりを


alt=“後悔しない狭小住宅”

家づくりを始めるとなると不安も多いですし、本当に建てていいのか迷う事も多いでしょう。しかし、知識豊富な頼れる業者と共に家づくりを進めていけば、その不安や迷いも抑えることができます。
後悔しないためにも、納得のいく狭小住宅の家づくりを進めていきましょう。

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホーム東京は、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。注文住宅の家づくりに関する疑問は、クレバリーホーム東京にお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など