ガレージハウスは木造でも建てられる?|クレバリーホーム東京

alt=“東京ビルトインガレージ”

家を建てるなら、木造の家にして、ガレージ付きの家にしたい!…そうは思っていても、木造住宅の場合、家全体の強度が心配だし、本当に建てられるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。木造住宅での暮らしは、健康面に配慮しつつ、木材の感触も楽しむことができます。その中で、さらにガレージのある暮らしを楽しめたら満足度もアップしそうですよね。

今回は、木造住宅でも建てられるガレージハウスと、気になる木造住宅の耐久性についてご紹介します。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・ガレージハウスとは、住宅とガレージが一体型になった建物のことです。車の安全を確保し、維持費を抑え、固定資産税の軽減につながるなど多くの利点があります。
・木造住宅は耐久性が気になるところですが、クレバリーホームの木造住宅は、厳しい基準をクリアしコストを抑えた丈夫です。
・実際に建てられた実例も参考にしながら、木造住宅の良さ、ガレージハウスの良さをひっくるめた、世界にひとつだけの家づくりを進めていきましょう!


 

− table of contents −

◼ ガレージハウスの特徴
・車の安全を確保
・維持費を抑える
・固定資産税の軽減
◼ 気になる…木造住宅の耐久性
・厳しい基準をクリアした家
・コストを抑えた丈夫な家
◼ ガレージハウス建築実例
・実例① 約10坪の敷地に建てたガレージハウス
・実例② 大胆に既存の壁は壊した設計
◼ 木造&ガレージハウスで理想の暮らしを

 

 

 

 

 

 

ガレージハウスの特徴


alt=“東京ビルトインガレージ”

ガレージハウスとは、住宅とガレージが一体型になった建物のことをいいます。そんなガレージの持つ役割は様々ですが、主な利点は次のようなものがあります。

 

車の安全を確保


ガレージが住宅の横に設置してあると、車は常に吹きさらしの状態になります。また、家から離れた場所に月極駐車場を借りた場合、常に目に届く場所にあるわけではないので、安全性が気になります。外に置いていた場合、車上荒らしや盗難、いたずらなどの心配はついて回りますし、長時間雨風にさらされていると車も劣化してしまいます。これは車だけでなく、自転車やバイクも同じでしょう。

こんな時、ガレージハウスなら常に目の届く場所に車を置いておくことができるので、安心です。屋根や壁で守られた空間なので、常に安心安全な状態で車を停めておくことができます。

 

維持費を抑える


ガレージハウスを建てる場合、通常の住宅に比べて費用が高くなります。車を出し入れできるだけのスペースを確保し、住宅の強度を保ち、そのための構造計算などに費用がかかってきます。そこだけを見ると、ガレージハウスは高い…と諦めてしまう方もいますが、ガレージハウスの利点はランニングコストにあります。

月極駐車場を借りて毎月費用を払雨と、積もり積もると大きな金額になります。さらに、吹きさらされた場所に長時間車を置いておくことで、メンテナンスの頻度も増えるでしょう。しかしガレージハウスなら、最初は費用がかかりますがランニングコストはほとんどありません。長い目で見ると、ランニングコスト削減になるのです。

 

固定資産税の軽減


固定資産税とは、毎年1月1日時点で住宅を所有している時に支払う税金のことです。ビルトインガレージは部屋扱いになるのでは、と考えシャッターの設置を躊躇される方もいらっしゃるのですが、それよりも固定資産税の軽減ができることに目を向けた方が良いでしょう。

ガレージハウスを建てる際、延べ床面積の1/5をガレージにした場合、その部分を固定資産税から軽減することができます。そうすることで、毎年かかる固定資産税を抑えることができるのです。

 

 

【ビルトインガレージ住宅】敷地18.79坪|延床34.16坪!2階に明るい吹抜けがあるリビングを実現した屋上付き技あり注文住宅

 

 

 

 

気になる…木造住宅の耐久性


alt=“東京ビルトインガレージ”

木造住宅を建てる際、気になるのはやはり耐久性です。鉄骨住宅、RC住宅など、他にも丈夫な建物も建てられることを思えば、木造住宅には不安を抱くのかもしれません。

 

厳しい基準をクリアした家


クレバリーホームが建てる木造耐火住宅は、厳しい『社団法人日本木造住宅産業協会』の基準もクリアした、安心安全な家です。

使用している木材は、エンジニアリングウッドと呼ばれる構造用集成材を採用しています。軽くて強い特徴を持つ一方で、節や割れによって強度が安定しない面も合わせ持つのですが、製材方法にこだわって構造用集成材にすることで、高い強度と安定した品質を実現しています。

頻発している地震などの自然災害にも耐えられるよう、20年、30年先でも家族を守り続けてくれる安心の住まいが実現するのです。

 

また、都心に多い防火地域や準防火地域にも建てることができます。本来、防火地域や準防火地域に木造住宅を建てるのはかなり難しく、高度な技術が必要です。しかし長年積み重ねてきた技術がそれを可能にします。

土地が狭く、防火地域、だけど木造住宅を建てたいしマイカーを持ちたい、という一見贅沢な願いを叶えることができるのです。

 

コストを抑えた丈夫な家


木造住宅の魅力は、鉄骨住宅やRC住宅よりも約20%もコストをカットして建てることができるという点です。同様の耐久性でコストを抑えることができるのは大きな魅力です。費用がかかると言われているガレージハウスも、木造住宅を選ぶことでトータルコスト自体を抑えることができます。

 

【屋上付き二世帯住宅】敷地36.25坪|延床82.81坪!変形地でも『鉄骨造並み』の広い間口で車3台が置けるビルトインガレージ

 

 

 

 

 

ガレージハウス建築実例


では、実際に建てられたガレージハウスを見てみましょう。

 

実例① 約10坪の敷地に建てたガレージハウス

alt=“東京ビルトインガレージ”

1階は趣味のスペースに。

alt=“東京ビルトインガレージ”

車とバイクが趣味というご主人は、念願のバイク整備スペースを確保するために、一から設計できる注文住宅を建てられました。1階部分を丸々ガレージにするため、邪魔になる柱や壁は排除したことで、広々と趣味を満喫できるスペースが出来上がりました。

alt=“東京ビルトインガレージ”

柱や壁を排除したため、1階部分は鉄骨に。内装はサイディングの無塗装板、アイアンの階段、木造の棚、スポットライトの照明…とシンプルでクールな趣味の空間は並々ならぬこだわりが感じられます。

 

 

実例② 大胆に既存の壁を壊した設計

alt=“東京ビルトインガレージ”

大胆に擁壁を壊し、大きな半地下にしたこちらのお宅。ガレージハウス以外にも、ガレージを持つ手段としてこのような選択肢もあります。

alt=“東京ビルトインガレージ”

車を2台並べて停めることができる駐車場は使い勝手が良く、建物自体の設計の自由度も広がりました。

土地探しの段階からご相談をいただければ、このような提案が可能ですし、そこから実現できるイメージも大きく膨らませていくことができます。

 

 

 

 

木造&ガレージハウスで理想の暮らしを


alt=“東京ビルトインガレージ”

ガレージハウスは、木造住宅でも建てることができます。もちろん、耐久性も備えているので安心です。木造住宅の良さ、ガレージハウスの良さをひっくるめた、世界にひとつだけの家づくりを進めていきましょう!

 

空間を有効活用したガレージハウスで暮らしている方はたくさんいらっしゃいます。建築実例を参考にした家づくりのご相談やご質問は、お気軽にお問い合わせください。お客様の理想に寄り添いながら、クレバリーホーム東京がお手伝いさせて頂きます。

いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など