【東京】理想が詰まった戸建て・狭小住宅5選|クレバリーホーム東京

alt=“東京戸建て狭小住宅”

東京に家を建てたい!と思うものの、土地の高さや利便性などがネックになり、自分たちには無理かも…と諦めかけていませんか?
土地に限りがある東京の家づくりには、『狭小住宅』という選択肢があります。もちろん、狭小住宅だからといってただ狭いだけの家ではなく、広さを感じる工夫、快適に過ごすことができる工夫をすることによって、想像以上に快適な暮らしを実現することができます。
今回のコラムでは、東京に建てられた狭小住宅を、家主様のこだわりを織り交ぜながらたっぷりご紹介します。もしかすると、自分たちの理想をすでに叶えているお家があるかもしれませんね。夢を実現していくこれからの家づくりの手立てとして、このコラムが参考になれば幸いです。

 


コラムのポイント
・『狭小住宅』とは、約15〜20坪以下の土地に建てられた家、延床面積約70平米の一戸建ての家のことをいいます。どんな狭い土地でも、工夫と実績を駆使することで快適に過ごせる家づくりは可能です。
・狭小住宅の実例を参考にしながら、これからの家づくりを一緒に進めて参りましょう!


 

− table of contents −

◼ 東京の家づくり事情
 ・東京に多い、狭小住宅って何?
 ・10cmも無駄にしない家づくり
◼ 狭小住宅5選をご紹介!
◼ 家づくりには理想を詰め込んで

 

 

 

 

 

 

東京の家づくり事情

alt=“東京戸建て狭小住宅”

東京には東京の、家づくりのポイントがあります。

東京に多い、狭小住宅って何?


『狭小住宅』とは、約15〜20坪以下の土地に建てられた家、延床面積約70平米の一戸建ての家のことをいいます。
狭さに抵抗がある、あまり間取りの自由度がないのではないか、とかつてはあまりいいイメージがなかった狭小住宅ですが、価値観が多様化した今、あえて狭小住宅に暮らすという選択をする人も増えています。

隣の家との間隔が狭かったり、道路が近くて車の音がうるさかったり、住宅地の中で採光が難しかったり…と、東京に家を建てるからこそ感じる課題を、負担に感じる方は多くいらっしゃいます。しかし、どんな土地でもどんな条件でも、工夫次第で住み心地の良い家を建てることは可能です。
狭い敷地の中にどれだけ部屋数を確保できるか、ゆとりを感じられる空間にできるか、収納や動線などの機能性を高めることができるか、これらは設計力とテクニックで解決することができます。

10cmも無駄にしない家づくり


家を建てるなら、土地いっぱいに広々とした家を建てたい。誰もが願う家づくりを実現するためには、たとえ10㎝でも無駄にせず全て活用することが大切です。10cmも無駄にしない、を常に実現していけば、無駄になるようなスペースは生まれません。幅が10cm違うだけで、廊下の開放感やキッチンの作業性、リビングの雰囲気も変わります。10センチにこだわれるかどうか、これが住み心地を大きく左右するのです。

 

 

 

 

 

 

狭小住宅5選をご紹介!

【ホームエレベーター付き住宅】敷地11.34坪|延床23.54坪!
約11坪の土地をめいっぱい活用。光あふれるリビングが魅力な3階建て

文京区S様邸
敷地面積:11.34坪(36.81㎡)
延べ床面積:23.54坪(77.83㎡)

alt=“東京戸建て狭小住宅”

リビングの壁一面に設置した窓がポイントのこちらのお家。たっぷりと光が差し込み、風もしっかりと取り込むことができます。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

敷地ギリギリに建てて土地はめいっぱい有効活用。室内には造作家具をたくさん造り、収納スペースを確保。狭小住宅でも収納スペースには困りません。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

 

 

【3階建て狭小住宅】敷地40.65坪|延床23.42坪!
旗竿地でも光あふれる開放的な空間を実現。鉄骨階段と飾り梁が魅力

文京区 T様邸
敷地面積:134.38㎡(40.65坪)
延床面積:77.42㎡(23.42 坪)

alt=“東京戸建て狭小住宅”

重厚感のある外観を見て乗っ取り、室内にも落ち着いた空間が広がっています。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

3階の窓から2階のリビングに光が差し込み、天井も高さがあるので開放感があります。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

キッチンとダイニングの間には、対面式の作業カウンターを。何をして過ごそう?とわくわくしますね。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

 

 

 

【3方向を隣家に囲まれた敷地】敷地21.74坪|延床34.32坪!
吹抜けと徹底した窓の採光の計画で開放感のある家に

文京区 S 様邸 /
敷地面積:71.96㎡(21.74坪)
延床面積:113.61㎡(34.32坪)

alt=“東京戸建て狭小住宅”

三方が隣家に囲まれているため明るさが心配でしたが、床近くの地窓や天井近くの高窓を効果的に配置することで解決。吹き抜けや天井を斜めにするなどの工夫を盛り込み、暗さも狭さも気になりません。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

モダンとナチュラルが融合した階段には、暖かさとスタイリッシュさが共存しています。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

 

 

 

【あらゆる難題を次々解決】敷地26.27坪|延床50.52坪!
人通りの多い道に面しているので外から見えないように、でも光は入るように

中央区 S 様邸 /
敷地面積:86.86㎡(26.27坪)
延床面積:167.04㎡(50.52坪)

alt=“東京戸建て狭小住宅”

人通りが多いので外から見えないようにしたい、たくさんある本をたっぷり収納したい、洗面台を2人で使えるようにしたい…。こだわりをたくさん詰め込んだこちらのお家は、ご要望をほぼ100%実現しました。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

注文住宅の良さは、絶対にできないことはない、ということです。理想の住まいを実現するためには、予算は置いておいて、まず希望を伝えることがポイントです。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

 

 

 

【狭小3階建て】敷地19.82坪|延床39.04坪!
石とタイルの2トーンで高級感溢れる家

足立区 I様邸
敷地面積:65.52㎡(19.82 坪)
延床面積:129.05㎡(39.04坪)

alt=“東京戸建て狭小住宅”

外壁タイルから高級感がにじみ出ているこちらのお家。
2階と3階のバルコニーには目かくし格子を設置し、プライバシーを守りながらも風が入り、アクセントになっています。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

狭小地ですが3階建てにしたことで、家族それぞれが好きに過ごせるスペースが確保できました。

alt=“東京戸建て狭小住宅”

 

 

 

 

家づくりには理想を詰め込んで

alt=“東京戸建て狭小住宅”

都内に家を建てることで、通勤時間を短縮できたり、休日も都内で過ごせたりと暮らしの満足度を大きく向上することができます。『狭小住宅』という選択を、これからの家づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか。

家づくりなんて初めてのことで、わからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホーム東京は、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。注文住宅の家づくりに関する疑問は、クレバリーホーム東京にお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

  • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
  • 千葉県(西部)浦安市等
  • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
お問い合せ内容必須
カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
連絡方法必須
ご住所必須

その他ご要望など