【注文住宅】キッチンはどうする?おすすめの間取りと工夫をご紹介|クレバリーホーム東京

alt=“おすすめキッチンの間取り”

憧れのマイホームには、できる限り使いやすく素敵なキッチンを造りたいですよね。とはいえ、キッチンといえど種類がたくさんあり、どれをどんな基準で選べばいいのかわからない…という方も多いかもしれません。
料理の時間を楽しむためにも、使いやすいキッチンにするためにも、今回は注文住宅を建てる前に知っておきたい間取りやキッチンのポイント、オプションの選び方をまとめてご紹介します。

 


コラムのポイント
・使いやすいキッチンは、『身長 ÷ 2 + 5〜10cm』の高さのもので、ワークトライアングルを意識した造りになっているものです。
・キッチンには、I型、L型、アイランド型の3種類があります。
・キッチンの扉や材質、オプションにもこだわって、使いやすくおしゃれなキッチンに仕上げましょう!


 

 

− table of contents −

◼ 使いやすいキッチンとは
  ・身長 ÷ 2 + 5〜10cm
  ・ワークトライアングルを意識する
◼ 間取りのタイプは3種類!
  ・I型キッチン
  ・L型キッチン
  ・アイランド型キッチン
◼ 扉やオプションの選び方
  ・キッチンの扉
  ・キッチンのオプション
◼ 素敵なキッチンで理想のマイホームに!

 

 

 

 

 

使いやすいキッチンとは


alt=“おすすめキッチンの間取り”

使いやすいキッチンは、ある方程式によって導き出すことができます。

身長 ÷ 2 + 5〜10cm


キッチンには使いやすい高さがあります。もともと設置してあるものしか使ったことがない…という方は初耳かもしれませんが、キッチンには使いやすいとされている高さがあり、
身長 ÷ 2 + 5〜10cm
これが使いやすいキッチンの高さとされています。主にキッチンを使う人の身長に合わせてカウンターの高さは選べるようになっているので、間取りの計画段階で良いサイズのものを選ぶと良いでしょう。ショールームなどで選ぶ際は、シンクの深さや蛇口の高さも合わせて使いやすいものを選ぶことをお勧めします。

そして対面キッチンの場合、キッチンの通路幅にも使いやすい幅があります。90〜120㎝の幅にしておけば、家族で料理をするときも使いやすく、行き来がしやすくなります。

ワークトライアングルを意識する


キッチンの作業効率が良くなるワークトライアングルという設計があります。冷蔵庫、水まわり、コンロまわりの3点を結んだ時にできる三角形の事で、この三角形が正三角形に近いほど作業効率が良くなると言われています。
理想としては、

冷蔵庫と水まわりの距離…120〜210㎝
水まわりとコンロの距離…120〜180㎝
コンロと冷蔵庫の距離…120〜270㎝

とされており、これらすべての合計が6m以内に収まるように設計すると、さらに使いやすくなるといわれています。

 

 

 

 

間取りのタイプは3種類!

キッチンの間取りは、大きく分けて3種類あります。

I型キッチン

alt=“おすすめキッチンの間取り”

コンロからシンクまでが一直線に並んでいるキッチンの事を、I型キッチンといいます。コストを抑えて設置できるだけでなく、ダイニングの面積を広くとれる、キッチンの選択肢が多い、など多くのメリットがあります。開放感のある造りなので、家族との会話がしやすいのも魅力です。
壁付けタイプにしてしまうと、水や油ハネがどうしても気になるので、キッチン周りを綺麗に保てるよう工夫が必要です。

L型キッチン

alt=“おすすめキッチンの間取り”

壁伝いにL字のような形になったキッチンを、L型キッチンといいます。料理をするスペースが取りやすく作業効率が良い、狭い家でも広めのキッチンを確保しやすい、などのメリットがあります。
L型の角の部分がやや使いにくくなっているので、キッチン家電やキッチン雑貨類の配置に工夫が必要です。

アイランドキッチン

alt=“おすすめキッチンの間取り”

キッチンが壁とくっつくことなく、独立した島のようなつくりになっているものをアイランドキッチンといいます。SNSや雑誌などで多く取り上げられており、おしゃれなお家の多くで採用されているので、憧れている人も多いキッチンです。
開放感がありインパクトもあるため、空間のアクセントになりますが、視線を遮るものがなかったり収納が少なかったりします。片付けが苦手な方や物が増えやすい方は、キッチンタイプの再考や収納の工夫が必要です。

間取りにあったキッチンを選ぶことが大切ですが、暮らす人の性格に合わせて使いやすいものを選ぶことが大切です。

 

 

 

 

 

扉やオプションの選び方


どんな扉の材質や色にするか、どんなオプションを選ぶか、などによってもキッチンの雰囲気と使い勝手は大きく変わります。

キッチンの扉


alt=“おすすめキッチンの間取り”

キッチンの扉には様々な材質や色があります。家づくりの段階で、床材や壁紙などと合わせてトータルコーディネートすることで、より空間にフィットしたキッチンになります。

化粧シート

合板に樹脂を使ったシートを貼ったもので、色数が多く値段も安いため、手軽に選ぶことができます。お手入れも簡単ですが、時間が経つと表面が剥がれやすくなります。

天然木

合板の上に薄くカットした天然木の板を貼り付けたもので、木の風合いが美しい扉です。汚れやシミがつきやすいので、こまめなお手入れが必要です。

ステンレス

サビや水、汚れに強いステンレスは、お手入れも簡単です。シンプルなすっきりとした印象が部屋全体のイメージを左右します。

ガラス

通常のガラスに比べ、強度が高いガラスを使用した扉です。割れてしまった時も飛散しにくくなっているので安心です。扉の中が見えやすいので、使い勝手が良い反面綺麗な状態を保つ必要があります。

 

キッチンのオプション


alt=“おすすめキッチンの間取り”

最近は、作業効率を良くしたりお手入れを楽にしたりするオプションが数多くあります。

タッチレス水栓

手をかざすだけで、自動で水が出てくるタッチレス水栓は、手が汚れていても蛇口を汚すことなく手を洗うことができます。調理中はもちろんのことと、小さくて手が届かないお子様が使いやすいつくりでもあります。
必要な時だけ水を使うので、水の節約、水道代の節約になります。

食器洗い乾燥機

使い終わった食器をそのまま入れて、手軽に綺麗にすることができる食器洗い乾燥機は、家族の人数が多いご家庭や来客が多いご家庭で活躍すること間違いなしです。
家づくりの段階で選ぶ食器洗い乾燥機は、システムキッチン内にあらかじめ備え付けられるビルトインタイプを選べるので、キッチンの雰囲気を壊すことなく、場所も取ることがありません。お手入れさえしっかりしておけば、家事負担を減らし、水道代、電気代も抑えることができる心強い味方です。

ビルトイン浄水器

浄水器を取り付けてしまえば、いつでも美味しい水を飲むことができます。ペットボトルでまとめ買いしたり、ウォータースタンドを設置して毎月重たい水をセットしたり…という手間がありません。カートリッジの交換をする必要はありますが、それ以上に手軽に美味しい水を飲むことができます。設置費用はかかりますが、ランニングコストを考えると設置して損はないでしょう。

 

 

 

 

素敵なキッチンで理想のマイホームに!


alt=“おすすめキッチンの間取り”

キッチンに立つ時間、キッチンで過ごす時間は想像以上に多いものです。使いやすいキッチンにするとともに、マイホームをより魅力的に見せてくれるデザインや材質のものを選ぶようにしましょう。

初めてのことで、家づくりなんてわからないことばかり…という方もご安心ください。クレバリーホーム東京は、ハウスメーカーとして様々な経験やデータを持っています。注文住宅の家づくりに関する疑問は、クレバリーホーム東京にお問い合せください。数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った家づくりをさせて頂きます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

    施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
    ※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

    • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
    • 千葉県(西部)浦安市等
    • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
    お問い合せ内容必須
    カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    連絡方法必須
    ご住所必須

    その他ご要望など