価格は?タイプで異なる二世帯住宅の家づくり

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

両親の高齢化や、共働きをしながらの子育てなど、どんな暮らしをしていくかを考えた時に『二世帯住宅』を選択されるご家庭は少なくありません。お互いの暮らしを尊重しながら、笑顔のたえない暮らしを続けていくことができたら幸せですよね。

家づくりで最も気になるのはやはり金銭面です。二世帯住宅という広い家を建てるとなると、価格もそれなりにするのでは…と思いますよね。今回は、二世帯住宅の家づくりのポイントとかかる費用、二世帯住宅の建築実例を合わせてご紹介します。

 


コラムのポイント
・二世帯住宅とは、『親世帯』と『子世帯』の二つの世帯が一緒に暮らす住宅のことです。『完全分離型』『部分共有型』『完全共有型』という三つの間取りパターンがあり、家族に合わせて間取りを決めることができます。
・二世帯住宅の平均予算は約2000〜3000万円ですが、どのような間取りにするかによって予算は大きく異なります。予算によっては、三階建てという選択がお勧めです。
・建築実例を参考にしながら、お互いの生活スタイルや暮らしに求めるものを尊重して、快適な二世帯住宅の家づくりを始めましょう。


 

 

− table of contents −
◼︎ 二世帯住宅とは

◼︎ 二世帯住宅3つのパターン
・間取り① 完全分離型
・間取り② 部分共用型
・間取り③ 完全共用型

◼︎ 二世帯住宅の価格相場

◼︎ 予算を増やして三階建てという選択

◼︎ 【三階建ての二世帯住宅】建築実例

◼︎ 暮らしの選択肢を広げよう

 

 

 

 

 

二世帯住宅とは


alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅とは、『親世帯』と『子世帯』の二つの世帯が一緒に暮らす住宅のことを言います。子世帯の夫婦と、夫婦どちらかの親世帯がともに暮らすパターンが多く、祖父母から孫までの三世代がともに暮らしています。

 

二世帯住宅3つのパターン


二世帯住宅には『完全分離型』『部分共有型』『完全共有型』という三つの間取りパターンがあります。どの間取りを選ぶかは、考え方や生活スタイル、生活リズムに合わせて決めることができます。

 

間取り① 完全分離型

玄関、バスルーム、トイレ、リビングなどすべてが分かれており、親世帯と子世帯の生活空間が、完全に分けられている間取りです。完全分離型は、さらに左右分離型と上下分離型に分けることができます。

左右分離型
親世帯、子世帯双方の家を横に並べたもの
広い敷地が必要

上下分離型
双方の家を縦に積み重ねたもの
狭小地でも可能
バスルーム、トイレ、リビングなどのすべての設備が2つずつ必要になるため、費用は高額になります。

 

間取り② 部分共有型

部分的に、親世帯と子世帯の生活空間を共有した間取りのことです。玄関や水回りは分けておき、リビングだけ共有する、寝室以外はすべて共有する、といったように様々なパターンがあります。

部分的に室内の設備を共有することで、初期投資を抑えることができます。

 

間取り③ 完全共有型

完全分離型、部分共有型と異なり、すべての空間を共有する間取りです。常に家族を身近に感じながら、協力しながら生活をともにすることができます。

広めの家を建てる必要がありますが、お風呂やキッチン、トイレなどすべてのスペースを共有するため、建築費は抑えることができます。

 

 

二世帯住宅の間取りには様々なスタイルがあります。どのスタイルを選ぶかによって、建築費や暮らしの満足度は大きく変わります。それぞれの家族の生活スタイルや生活リズム、将来設計を擦り合わせながら、家づくりの計画を立てていくと良いでしょう。

 

 

 

 

二世帯住宅の価格相場


alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

一般的な二階建ての家に比べると、二世帯住宅の費用は高くなります。暮らす人数が多いため、快適に暮らすだけのスペース確保や、お風呂やキッチンなどの設備に費用がかかるからです。

3〜5人前後で暮らす場合、30〜40坪必要だと言われています。この数字をもとに考えると、平均予算は約2000〜3000万円ですが、どのような間取りにするかによって予算は大きく異なります。完全共有型よりも完全分離型の方が、費用がかかります。

 

 

動物病院併用3階建て住宅は、ご来院の方を真剣に考えたデザイン&技術のおもてなし

 

 

 

 

予算を増やして三階建てという選択


alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅での暮らしを考えているものの、都内にはそこまでの土地がなく、あったとしてもかなり費用がかかってしまいます。同じ建てるなら、利便性の良い場所に建てたいものですよね。

こういった状況の時にお勧めしているのが、『三階建ての二世帯住宅を建てる』ことです。

 

魅力的な立地条件


三階建ての家は、狭い土地でもある程度の居住スペースを確保することができます。土地の制限が緩くなるため、広い土地を探すよりも、建築場所の自由度は上がり選択肢がぐっと広がります。建築における費用はかかりますが、土地の購入費用を抑えることができるため、トータルコストのバランスをとりやすくなります。

 

そして、狭小地でもよければ駅近や繁華街付近、公共施設の近くにも家を建てることができます。三階建ての家はどこでも建てていいというわけではなく、建てられるかどうかは地域ごとに法律で決まっています。閑静な住宅街の場合、三階建ての家が建てられない低層地域に指定されている可能性もあります。しかし、駅近や繁華街付近はそういった縛りもなく、建てやすいのが特徴です。

 

 

階層ごとに暮らしを分ける


二世帯住宅は、親世帯と子世帯がともに暮らします。完全分離型にしたい、部分共有型にしたい、という場合、生活スペースを分けやすくなります。

高齢化を考え、親世帯は一階スペース、子世帯は二階・三階スペースというように分けたり、二階スペースは共用リビング、一階と三階にそれぞれの居住スペースを分けたり、と工夫することができます。プライベートをしっかりと分けることができるだけでなく、階段の昇り降りといった身体への負担を考えずに暮らすことができます。

 

 

 

【三階建ての二世帯住宅】建築実例


alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

約20坪のお土地に玄関1つ
水回りは2つのコンパクト設計ながらもこだわり満載の二世帯住宅

豊島区N様邸
敷地面積:64.80㎡(約19.60坪)
延べ床面積:103.29㎡(約31.24坪)

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅
約20坪という土地に建てられた二世帯住宅。

それぞれの世帯にキッチンやお風呂などの設備を導入しつつも、圧迫感を感じにくく、暮らしやすい住まいになるよう細部に工夫を施しました。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

リビングを広く開放的に使いたい!

リビングには視界を遮るものがありません。お施主様の希望を実現するため、設置する予定だった家を支えるための壁をなくしました。他の壁や柱で支えを補うことで、この理想的なリビングが実現したのです。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

バルコニーもリビングと一体に

リビングの先には、奥行きのあるバルコニーがあります。家族全員が十分くつろげる大きなソファーも広々と置くことができます。

大きな吹き出し窓がリビングとの一体感を演出するだけでなく、リビング全体を広く明るく見せてくれます。

 

alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

秘密が隠されたお風呂

お風呂の横には坪庭を造り、お風呂の中からでも坪庭が見えるようになっています。

通常、お風呂を造る場合は窓を小さくしたりすりガラスにしたりと、中身が見えにくくなるようにするのですが、坪庭を眺めるためにあえて大きくクリアなガラスを設置。背の高い植物を植えたり格子を設置したりすることで、外からの視線を遮るようにしています。

 

プライバシーを守り立つも、快適な時間を過ごすことができるお風呂タイム。落ち着いたブラックを選ぶことで、坪庭との相性も抜群、高級感のある和モダンな仕上がりになりました。

 

約20坪のお土地に玄関1つ、水回りは2つのコンパクト設計ながらもこだわり満載の二世帯住宅

 

 

 

暮らしの選択肢を広げよう


alt=“”見出し画像 東京 二世帯住宅

二世帯住宅は、どのような間取り、設備を選ぶかによって価格が変わります。お互いの生活スタイルや暮らしに求めるものを尊重した上で、快適な暮らしを実現したいですね。

 

こんな家にしたい、という具体的なイメージがわかない、希望はあるけれど他の人の家づくりも参考にしたい方は、ぜひ建築実例をご覧になってみてください。

 

もっと価格について詳しく知りたい、間取りのアドバイスが欲しい、二世帯住宅を検討しているが疑問点がある…という方も、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

施工エリアは東京都23区及びその周辺が対象となります、遠方の方はお近くのクレバリーホームまでお問い合わせください。
※ただし、下記のエリアはご対応しておりますので、お気軽にご相談ください

  • 神奈川県(北部)川崎市・横浜市等
  • 千葉県(西部)浦安市等
  • 埼玉県(南部)草加市・川口市等
お問い合せ内容必須
カタログを請求する地盤調査、敷地環境調査、住宅資金計画書作成サービスについて聞きたい
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
連絡方法必須
ご住所必須

その他ご要望など