東京の新築一戸建て特集!

alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

東京に建てる新築一戸建て。既に建てた人たちは、どんな家でどんな暮らしをしているのかとても気になりますよね。
新築一戸建て、と言っても同じものばかりではなく、狭小住宅に二世帯住宅、屋上付き住宅、地下室付き住宅、3階建て住宅と様々なタイプがあります。今回はパターン別戸建て住宅まとめと、新築一戸建て購入時のポイントをご紹介します。

 


コラムのポイント
・新築一戸建て住宅には、狭小住宅や二世帯住宅、屋上付き住宅、地下室付き住宅、3階建て住宅など様々なタイプがあります。事例をもとに、自分たちの暮らしにピッタリなタイプを見つけましょう。
・新築一戸建て購入時は、周辺環境や敷地面積、間取り、地盤に注意して選ぶのがポイントです。
・ご要望に合わせて、家づくりのご提案をさせて頂きます。お気軽にクレバリーホーム東京に、お問い合わせください。


− table of contents −
◼ パターン別一戸建てをご紹介
・狭小住宅
・二世帯住宅
・屋上付き住宅
・地下室付き住宅
・3階建て住宅
◼ 新築一戸建て購入時のポイント
・ポイント① 周辺環境
・ポイント② 敷地面積
・ポイント③ 間取り
・ポイント④ 地盤

◼ 新築一戸建てで叶える東京暮らし

 

 

 

パターン別一戸建てをご紹介


クレバリーホーム東京が今までに手がけた、様々な家をご紹介します。

 

狭小住宅

 

二世帯住宅

 

屋上付き住宅

 

地下室付き住宅

 

3階建て住宅

 

 

 

 

新築一戸建て購入時のポイント


alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

わからないことだらけの家の購入ですが、ポイントさえ押さえておけば理想にぴったりな家での暮らしが実現します。

 

ポイント① 周辺環境


alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

購入した後も家の内装や設備は変えることができますが、周辺環境は変えることができません。そのため、妥協なく選びたい部分でもあります。子どもが小さいうちは子育て環境が整っているか、教育に力が入っている地域か、などの確認が必要です。また、年を重ねて体の自由度が下がった後も、近くに病院やスーパーなど生活の基盤となる施設が整っているかも大切です。
以下のチェックポイントを参考に、家を購入する場所を考えていきましょう。

 

☑️ 家のすぐ隣に大きなビルや商業施設が建つ計画はないか
☑️ 工場の騒音の影響は受けないか
☑️ 娯楽施設など夜遅くまで賑わうような施設がないか
☑️ 治安はどうか
☑️ スーパーやコンビニ、病院や教育施設までのアクセスはどうか
☑️ 共用のゴミ置き場や自治会の掲示板を確認し、地域の雰囲気を確認
☑️ 駅からの遠さはどうか
☑️ 通勤手段、交通手段は整っているか
☑️ 近くに公園があるか
☑️ 同世代の家族がいるか
☑️ 夜の街の様子はどうか

 

家の近くにビルや商業施設が建つかどうかは、役所の都市計画図で確認することができます。色が塗ってある部分は、都市として開発・整備を進めていく市街化区域であるとともに家を建てられる場所でもあります。検討している土地がどうなっているかはあらかじめ調べておきましょう。長く住むことを思えば、必要なことはあらかじめ調べておくことが大切です。個人差がありますが、周辺環境が気になり始めると体調面にも支障をきたす人もいます。
譲れない部分は明確にし、住む場所は決めていきましょう。

 

ポイント② 敷地面積


alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

敷地面積は、家を購入するための予算や土地があるかどうかにも関わってきます。その中でも、まずは住みたい地域を決めた上で土地を探していきましょう。予算と照らし合わせながら、自分たち家族に丁度良い広さの都市を探していくことが大切です。

『住生活基本計画(全国計画)における誘導居住面積水準及び最低居住面積水準』(国土交通省)の、世帯人数ごとに戸建て住宅で目標にしたい面積を見ると、3人家族で生活するために必要な広さは100㎡、4人家族の場合は125㎡、坪数にすると、3人家族の場合約30坪、4人家族の場合約38坪とされています。Sのため、住宅の坪数としては35~40坪ほどが一般的でしょう。

これはあくまでも目安なので、家族の暮らしをイメージしながら、どのくらいの広さがあれば家族みんなが快適に過ごすことができるのかという計画を立てると良いでしょう。

 

ポイント③ 間取り


alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

どのような間取りにするかは、後の暮らしやすさを大きく左右します。リビングをどのくらいの広さにするのか、個室はいくつ造るのか、といった理想だけでなく、どの部分なら妥協できるのかもしっかりと考えておくことが大切です。

間取りがうまく考えられていれば、家事動線や生活動線が整い、収納もたくさんある快適な家となります。家事の負担を減らすだけでなく、暮らしの満足度も高くなるでしょう。プロの意見をしっかりと聞きながら、間取りを決めていくことが大切です。

 

ポイント④ 地盤


alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

どんな場所にどんな家を建てるかは重要ですが、その家を建てる場所の地盤がどうなっているかも重要です。どんなに立派な家を建てたとしても、地盤が強固なものでなければ、家だけでなく暮らす私たちの安全も守ることができません。
地震での被害や不同沈下を避けるためにも、専門業者に依頼して地盤の強さがどのようになっているのかについて、あらかじめ調べておきましょう。

 

 

 

 

新築一戸建てで叶える東京暮らし


alt=“”見出し画像 東京 新築一戸建て

家づくりで妥協は禁物です。とはいえ、予算や敷地の関係で諦めなければならなくなるようなこともたくさんあります。そんな時は、クレバリーホーム東京にご相談ください。お客様の希望に合わせた土地探しのお手伝いや、理想の注文住宅づくり、限られた敷地に建てる狭さを感じさせない家など要望に合わせて家づくりのご提案をさせて頂きます。
数多くの実績をもとに、お話をさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。