【新築】狭小住宅を後悔しないために今からできる5つの準備

width="1300px"

 

 

狭小住宅を建てると、狭くて間取りの自由度も低い家になるのが不安…。これから家づくりを始めるのに、もうそんな不安に押しつぶされそうになっていませんか?
確かに、狭小住宅は限られた土地に建てるため狭いと感じるかもしれません。しかし工夫次第で、狭さを感じさせない満足いく家づくりをすることは可能です。

狭小住宅を建てた人が、どんなところに後悔をするのかといった意見を参考に、これからの家づくりに活かせるポイントをまとめました。

 

width="1300px"

 


コラムのポイント
・狭小住宅で後悔されがちな点として、間取りや冷暖房効率、建築費、騒音、プライバシーの確保などが挙げられます。
・限られた土地に建てる家づくりを後悔しないためにも、建蔽率について知っておく、家事動線や生活動線を考えておく、収納について考えておく、色が与える効果や縦の空間の活用方法を知っておくなど、あらかじめ準備をしておきましょう。
・狭小住宅の家づくりは、数多くの実績を誇るクレバリーホーム東京にお任せください。


 


 

 

狭小住宅で後悔されがちなポイント


width="1300px"

狭小住宅は、狭い土地に建築された狭く小さい家のことです。主な定義はありませんが、15〜30坪以下の土地に建てる家がそう呼ばれています。

すでに家づくりをした人は、狭小住宅のどの部分に後悔した…と感じるのでしょうか。

 

間取り


狭小住宅に限ったことではありませんが、間取りが後悔ポイントとして挙げられることは多々あります。限られたスペースの中で、リビングやダイニング、トイレなどを配置するのが難しく、一つひとつの部屋が狭くなってしまった、生活動線や家事動線が悪くなってしまった、ということが挙げられます。

仕切りをあまり作らず、開放感のある空間に仕上げ、暮らしやすい間取りにするためには、事前の打ち合わせをしっかりとしておきましょう。また、実際に住んでいる姿をイメージし、家族の動きを考慮しながら間取りも考えていくのも良いでしょう。

 

 

冷暖房効率


狭小住宅を広々とした空間にするために、間仕切りを減らすのはよくある工夫です。しかし、間仕切りを減らしたために室温を一定に保つことが難しく、冷暖房効率が悪くなってしまったというのが後悔されがちなポイントとして挙げられます。また、冷暖房効率悪化と共に、各部屋の音が響きやすいというのも挙げられます。

いずれにしろ、部屋の室温を一定に保てるような断熱性の高い外壁を使用する、狭さを感じさせないデザイン性の高い間取りを採用する、といった工夫が必要です。

 

 

建築費


狭い家だから建築費は抑えられる…と思うかもしれませんが、意外にかかるものです。地盤が丈夫でなければ土地改良のための費用がかかりますし、外壁や床材、壁紙などこだわればこだわった分、費用がかかります。

狭小住宅=安い、というわけではないことを考慮し、家づくりを進めることが大切です。

 

 

騒音


狭小住宅は狭小地に建っているため、隣家や車通りの激しい道路がすぐそばにあるというパターンも珍しくありません。そのため、隣家や道路の騒音に悩まされることも。

しっかりと防音対策をしておかないと、暮している間ずっと騒音に悩まされてしまう可能性もあります。外壁材のこだわる、騒音が気にならないよう間取りを工夫するといった対策をあらかじめしておきましょう。

 

 

プライバシー


狭小住宅は隣家や道路と隣接しているため、生活音や会話が筒抜けになってしまいます。よく考えて家を建てる場所を選ばないと、周りに気を使うことに疲れてしまうこともあります。

騒音対策同様、外壁材や間取りの工夫、どうやってプライバシーを守るかを考えておくことが大切です。

 

 

 

 

狭小住宅を後悔しないためにできること


width="1300px"

せっかく建てる家ですから、できれば後悔したくありませんよね。後悔しないために知っておきたいことや考えておきたいことを、あらかじめ把握しておきましょう。

 

準備① 建蔽率について知っておく


建蔽率とは、敷地面積に対して家を建てられる面積のことです。これは防災や風通しといった観点で決められているものです。

家は、購入した土地全面を使って建てられるというわけではありません。狭小地だけど、土地全体を使って家を建てればいいか…というわけにはいかないのです。家を建てようと思ったら狭い家しか建てられなかった、ということのないように、購入しようとしている土地の建蔽率はどのくらいなのか、その建蔽率で建てられた広さの家で満足なのか、といった点はあらかじめ検討しておきましょう。

 

 

準備② 動線を考えておく


動線がすっきりとまとまっていれば、狭小住宅でもごちゃごちゃした間取りにならず、理想の暮らしをすることができます。

家族みんなが動きやすい動線にするためには、どこに何を配置し、どのような間取りにするのかをしっかりと考えておきましょう。動線を考えて開放感のある部屋にすることで、広々とした部屋にすることができます。

 

 

準備③ 収納も考えておく


どうしても狭い空間となってしまう狭小住宅は、収納をどうするかによって部屋の広さや感じ方が大きく変わります。階段の下、カウンターの下、クローゼットの上部など、デッドスペースは積極的に収納に活かしていく工夫が必要です。

 

これから家づくりを始める、収納スペースについてはこれから考える、というのであれば、まずは持ち物の見直しを行いましょう。お子様がいたり、趣味のものがたくさんあったりすると、どうしても荷物は増えがちになります。しかし、そのまま増やし続けていては、物によって室内が圧迫されてしまう生活が後々繰り広げられてしまいます。本当に必要な物だけに囲まれて生活できるよう、物が増えたら定期的に見直しをし、管理する癖をつけておきましょう。そうすることで、いざ収納について考える時でも、適正量を把握した上で決めていくことができます。

 

 

準備④ 色の組み合わせを知っておく


同じ部屋の広さでも、様々な色の家具が並んでいる部屋よりも、真っ白な家具で統一された部屋の方が広く感じるものです。どんな色使いの家具や壁紙、床材インするかによって、部屋の広さの感じ方は大きく変わってきます。

狭小住宅という限られた部屋は、広く見せるための工夫が大切です。家を建てた後、どんな家具を置いていくかによっても、空間の感じ方は大きく変わります。どんな色で統一するかをあらかじめ考えておき、実際に家づくりが始まったらカラーコーディネーターにアドバイスを求めるのも良いでしょう。

 

 

準備⑤ 縦の空間の活用方法を知っておく


限られた広さの土地に家を建てる狭小住宅ですが、横の広さは限界があっても上下には空間を確保することができます。

家には地下室や3階建てという選択があります。この選択肢が加わることで、一気に居住スペースが広くなり、間取りに余裕が生まれます。もちろん費用面が気になるかもしれませんが、家を建てた後の何十年という期間を、『狭い…』と思いながら暮らすのと、『費用はかかっても地下室を造っておいてよかった』『3階建てにしておいてよかった』と思って暮らすのとでは、満足度が異なります。

 

土地の広さには限界がありますが、家の建て方は工夫次第で限界を超えることができます。快適な暮らしを実現する選択肢は無数にあるということを知っておきましょう。

 

 

 

 

クレバリーホームで後悔しない家づくり


width="1300px"

一生に一度の家づくりですから、できれば後悔したくありません。東京という利便性の良い場所を選ぶとなると、どうしても狭小地という選択になってしまうこともあります。

 

狭小地とはいえ、工夫次第で快適に暮らすこと、空間のゆとりを感じる家づくりは可能です。クレバリーホーム東京は、数多くの狭小住宅を建ててきた実績があります。これからの家づくりでお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください。