30坪をどう活かす?広さを感じる間取りの工夫

 

家を建てる時に気になるのが、どこまで広い部屋にできるかですよね。土地が狭くても、家が広く感じる工夫を知っておけば、空間を活かした豊かな生活が実現します。
今回は、『30坪』に着目し、広く見せる間取りのポイントや建てた後にもできる工夫などをご紹介します。

これからの狭小地への家づくりの参考にしてみてください。

 


コラムのポイント
・1坪は3.30578平米(平方メートル)です。この1坪は、およそ畳2枚分の広さに相当します。30坪は、畳約60枚分のスペースをいいます。
・30坪を広く見せる間取りのポイントは、思い切って広い部屋を設置する、天井を高くする、収納スペースを工夫する、建物の上下を伸ばす、スキップフロアの設置などが挙げられます。
・家を建てた後も、家具を低くしたり色みやトーンを揃えたりして、広さを感じられる工夫をしていきましょう。


 

 

 

 

 

30坪の広さはどのくらい?


『30坪』と聞いて、どのくらいの広さかすぐに思い浮かべることができますか?狭そうだな、あまり広くなさそうだな、といったイメージはすぐに沸くかもしれませんが、実際にどのくらいの広さなのでしょうか。

 

1坪は3.30578平米(平方メートル)です。

この1坪は、およそ畳2枚分の広さに相当するといわれています。延べ床面積が30坪の場合、およそ畳60枚分の広さとなります。畳60枚分となると、意外に広く感じるかもしれません。
30坪は狭い…と感じるかもしれませんが、意外と広い空間なのです。

 

 

建ぺい率によって広さは変わる


30坪の土地に家を建てる場合、畳60枚分の広さの家ができる!と喜ぶのはまだ早いです。

家を建てる時に注意が必要なのが、建ぺい率です。これは土地に対して建てられる、家の一階の面積の比率を示します。
住宅地という環境を守る為に都市計画法によって定められており、地域によって数字が異なります。住宅地の場合、約40〜60%です。

建ぺい率が40%だった場合、土地に対して家を建てられる面積は40%となります。この計算で見ると、30坪という土地に建てられる家の広さは変わってきてしまうのです。

建ぺい率はどうすることもできません。
限られた土地に家を建てるのであれば、家の中を広く見えせれるような工夫が必要です。

 

 

 

 

30坪を広く見せる間取りのポイント


30坪を広く見せるためには、間取りを決める段階でできるポイントを押さえておきましょう。

 

 

思い切って広い部屋を


部屋数を減らすと、一部屋あたりの広さを広げることができます。家族の人数分だけ部屋が欲しいかもしれませんが、ここはあえて広い部屋を造るのがポイントです。

家族皆がくつろぐリビングが、広々とした開放感のある部屋ならそれだけで家全体が広く見えます。広い部屋に身を置くことで、心も穏やかに日々過ごせるでしょう。

 

 

天井を高く


天井が高ければ、それだけで部屋が広く開放感が生まれます。天井を高くとった上の部屋は、物置などに活用することで段差も気になりません。

子どもが大きくなっても、圧迫感を感じずに部屋で過ごすことができます。

 

 

収納スペースを工夫


30坪という限られたスペースであれば、狭くても収納の部屋を設けましょう。収納するための家具をどんどん増やしてしまうと、普段過ごすスペースが狭くなるだけでなく圧迫感が生まれます。家具を増やさなくてもいいように、収納スペースは大切です。

また、限り見せる収納に活用できる棚を設置しておくのも一つの方法です。見せる収納であれば、不要なモノは増えすぎず常に綺麗な状態をキープすることができます。あえて見せることで、素敵なインテリアの一部も担ってもらいましょう。

 

 

建物の上下を伸ばす


30坪という限られた土地でも、地下室を設置したり3階建てにしたりすることで、居住スペースを増やすことができます。

地下室の場合、閉鎖的な空間というマイナスなイメージがありますが静かに集中できる場所、映画鑑賞や楽器演奏を楽しめる場所として活用できます。

また3階建てにした場合、1フロアまるまる増やすことができるので、間取りの幅が大きく広がります。

 

建築費を考えると手が出ない…と思うかもしれませんが、長い人生を過ごす場所、終の住処になるかもしれない場所だと考えると、人生への投資なのではないでしょうか。

 

 

スキップフロアの設置


スキップフロアは、室内に段差を作ることで視覚的に空間を仕切る方法です。スキップフロアにすることで、壁で空間を仕切ることなく開放感のある部屋が出来上がります。

空間に躍動感も出ますし、おしゃれな雰囲気も演出することができるため、これからの家づくりには最適なアイディアです。

 

 

吹き抜けの設置


家の中に吹き抜けを設置することで、空間が縦に長くなります。その長さが、空間に開放感をもたらします。また、2階部分からの採光も可能になります。

音が響くのでは…と懸念される方も多いのですが、リビングと2階の部屋とでつながっているため、常に人の気配があり、家族を身近に感じながら過ごすことができます。

 

 

外部空間を意識


室内空間の広がり方やつながりは、特に意識して家づくりをされているでしょう。ここで、外部空間とのつながりも意識できれば、さらに豊かな空間ができあがります。

リビングやダイニングから広がるテラスや庭、ウッドデッキが繋がるように広がっていれば、早を広く感じることができます。リビングの床材とウッドデッキの床材の色を合わせる、同じ植物を室内と庭に置き、つながっているようにするなど工夫ができるでしょう。

 

 

 

 

建てた後も工夫を


間取りを考える段階でできる部屋を広く見せる工夫は、力を入れて取り組む方も多いもの。ですが建てた後に油断をすると、一気に狭さを感じる部屋になってしまいます。

建てた後も続けてできる工夫もあるのです。

 

家具を低くする

30坪という限られた土地に家を建てたあとは、なるべく家具を増やさないようにしましょう。家具が多ければ多いほど圧迫感があり、空間にゆとりがなくなります。

とはいえ、テーブルや椅子、ソファーなど必要な家具もありますよね。そんな時は、なるべく背の低いもの、高さのないものを選ぶようにしましょう。背の低い家具は、圧迫感がないだけでなく、重心が下がるため落ち着いた雰囲気の部屋になります。また、耐震対策にもなります。

 

 

色みやトーンを揃える

いろんな色を使ってカラフルな家具や壁紙でまとめるのもかわいらしいですが、色みを押さえ、落ち着いたトーンで揃えることで部屋は広く見えます。

洋服のコーディネートをするときに3色以内にまとめるとおしゃれな着こなしができるのと同じように、インテリアのカラーもなるべく少ない数の色に抑えましょう。

 

 

 

 

30坪の住宅・建築実例


こちらの住宅は、30坪に満たない土地に建てられたものです。しかし狭さを感じることなく、開放感のある空間に仕上がっています。

文京区S 様邸 /
敷地面積:71.96㎡(21.74坪)
延床面積:113.61㎡(34.32坪)

 

こちらのお施主様の設計上のご要望は「南東西の3方向を隣家に囲まれた敷地で、設計で工夫をして光と開放感を得る。」でした。まず窓を工夫しての採光の計画を行いました。

床近くの地窓や天井近くの高窓を効果的に配置することで、直射日光が入るか入らないかだけではなく、視覚効果で明るく感じさせました。

 

吹抜けと階段でも開放感の工夫

 

次に吹き抜け、傾斜天井の多用です。出来るだけ吹き抜けを作り、傾斜屋根の部分は屋根なりに傾斜天井にしました。リビング上の傾斜天井の吹き抜けは幅が広くはありませんが、開放感が出ています。また、2-3F、3-屋上への階段をスケルトン階段にしました。さらに屋上ペントハウスに天窓を設置。普通は通行するだけの階段がこれで吹き抜けの役割を果たします。天窓からの光が3階を通過して2階のリビングまで下りてきます。

 

徹底したデザインへのこだわり

 

また、デザインにも非常にこだわられました。モダン設計の中に素材としてナチュラルなものを取り込み、モダンとナチュラルの融合を、というご要望でした。外観はベースに金属サイディング。玄関ドアやバルコニーの腰壁に木目調のパネルを使いました。このモダンとナチュラルのコントラストが外観のアクセントになっています。インテリアも無垢のフローリングに無垢のインテリアドアがモダン設計に温かみを与えています。

その他室内装飾タイルや造作家具にもこだわり、お引渡しの際には「満足するものが出来た。」というお言葉を頂けました。

 

 

 

 

工夫次第で開放的な空間に


30坪という限られた土地でも、工夫次第で開放感のある家づくりは可能です。せっかく建てる家で快適に住み続けられるよう、最大限の工夫をしていきましょう。

 

理想の住まいづくりを失敗したくない!という方は、東京23区での施工にこだわり、住まいづくりのノウハウ満載のクレバリーホーム東京にぜひご相談ください。