【狭小住宅】明るく清潔感のある洗面所のつくり方

 

家族みんなが1日に何度も使う洗面所。使い勝手のいい清潔感のある空間に仕上げたい…と思うものの、狭小住宅だから難しい、間取りに限界がある、と諦めていませんか?
間取りの工夫や収納スペースの確保、洗面所に適した素材選びをすることで、快適な空間を作り上げることができます。

今回は、家の中での洗面所の役割や設置のポイントをご紹介します。これから始める家づくり、中でも広さという視点で制約を強いられがちな洗面所づくりに役立てて頂ければ幸いです。

 

 


コラムのポイント
・洗面所は、生活していく上では多くの役割も担っています。間取りを決める際は必要な機能をもち、洗面所としての役割を十分に果たせるような空間にする工夫が必要です。
・洗面所設置の際は、家事動線や収納スペース、コンセントの数と位置、水回りの床材を工夫して間取りを考えましょう。
・洗面所だけで独立させて設置するのか、浴室や脱衣所と近接させるのかは両者にメリット・デメリットがあります。暮らしに求めるものを家族で話し合い、自分たちにピッタリの間取りを選びましょう。


 

 

 

 

洗面所の役割


朝起きて身支度を整える時、お風呂に入る前、寝る前に歯を磨く時、など様々な用途で1日に何度も使われる場所が洗面所です。日々の生活を考えると、家族みんなが使いやすい間取りや空間であることが求められます。

 

その空間も、洗面の場としての機能を求める場合、洗濯機や脱衣所も合わせて設置する場合、洗濯物も干すことができる場所として設置する場合…、と求める内容に応じて間取りが大きく変わってきます。

洗濯機を回してその場に干すのであれば、ハンガーや物干し竿、洗濯物を収納する棚が必要です。化粧をするのであれば、化粧品を収納するスペースや椅子、明るい照明が必要です。

 

狭小住宅の場合、スペースを確保するだけでも難しいのが洗面所です。しかし生活していく上では多くの役割も担っているのが洗面所であり、これから家づくりをする際は、必要とされる機能を持ち、十分に洗面所としての役割を果たせるような空間にする必要があります。家族がどのような機能を必要としているかを、話し合って優先順位を決めていきましょう。そうすることで、使い勝手のいい洗面所を設置することができるのです。

 

 

 

 

 

洗面所設置のポイント


洗面所の間取りを決めるときは、『家事動線』『収納スペース』『コンセントの数と位置』『水回りの床材』を工夫するのがポイントです。

 

 

・家事動線の工夫


洗濯機や脱衣所も合わせた洗面所にする場合、家事動線を工夫しておくと毎日の家事がぐっと楽になります。

 

洗濯機を回した後すぐその場に干せる、洗面所をキッチンと繋げることで食事の準備をしながら洗濯ができる、洗面所に家事室も併設することで行ったり来たりすることなく家事ができる…、などといった毎日の暮らしを少し楽にすることができます。常に清潔にしておきたい水回りですし、簡単に掃除もできるようにしておきましょう。

仕事に子育てと、家事以外にも日々やらなくてはならないことはたくさんあります。少しでも家事が楽になるような間取りを考えましょう。

 

 

・収納スペース


洗面所としてだけ使用するのか、浴室と近接させて使用するのかによって、必要なスペースは変わってきます。用途に合わせて、必要な収納スペースを確保しましょう。

 

見た目も中身も清潔感を保ちたい場合は、広めにとってしっかりと整理できるようにしましょう。収納ボックスをうまく活用することで、家族が増えても片付けがしやすくなります。扉を付ければ中身を隠せるため、すっきりとして見せることもできます。ただ、扉を付けると湿気がたまりやすくなるので注意が必要です。湿気防止以外にも、扉をあえてつけないでおくことですっきりとした空間を保つことができます。こまめに片付けができるようになるきっかけになることもあるので、うまく活用しましょう。

 

 

 

・コンセントの数と位置


洗面所では、洗濯機にドライやー、電気カミソリ、ヘアアイロン、電動歯ブラシなど意外と多くの家電製品を使います。元々のコンセントの数が少ないと、朝のバタバタした時間や風呂上がりの時間などにコンセントが足りなくなってしまいます。

 

あらかじめ、新築時には家族みんなが日常的に使うものをリストアップして、コンセントの数を決めておきましょう。また、使用電力の高い家電を使用するためにもワット数を確認して設置するようにしましょう。

また、コンセントは胸の高さかそれ以上の場所に設置しましょう。小さな子どもが誤って指を入れることもありませんし、水分がかかって感電や漏電を防ぐこともできます。

 

 

・水回りの床材


洗面所は多くの水を使う場所です。手洗いをしている時に水が跳ねた、化粧のクレンジングが飛び散った、など多くの水に常にさらされています。

洗面所の床材には、塩化ビニールで出来た素材やタイル、コルクなど水に強いものを選ぶようにしましょう。比較的安価で手に入るので、新築後数年経って汚れが目立ってきても、すぐに取り替えることができます。デザインも豊富なので、様々な雰囲気を楽しむことができます。

 

また、水で滑って転倒、怪我をする、といったことも考えられます。年配の方が滑ってしまうと危険ですし、小さなお子様が走り回っていて転んでしまっても危険です。安全性も考慮して、滑りにくい素材を選ぶことが大切です。

 

 

 

 

洗面所は、浴室や脱衣所とは離す?


洗面所の間取りを決めるときに、気になるのが浴室や脱衣所と近接させるかどうかです。

 

 

近接させるメリット・デメリット

洗面所と浴室や脱衣所を近接させることで、水回りが集中するので建築費を抑えることができます。また、離れた場所を行ったり来たりしなくても良くなるので、家事効率も上がります。

ただ、お化粧中やヘアセット中など洗面所で用を足す時は、どうしても所用時間が長くなりがちです。お風呂に入ろうにも洗面所を使っているため入れない、来客の際にプライバシーが守られない、といった懸念もあります。年頃のお嬢さんがいるお家や、来客の多いご家庭であればなおさらでしょう。近接させることで、使いにくさが生じることは知っておいたほうが良さそうです。

 

洗面所を浴室や脱衣所を離すメリット・デメリット

洗面所を浴室や脱衣所離すことで、洗面所を使う人、浴室を使う人それぞれが気兼ねなく利用することができます。プライベートな時間を確保しながらお互いのペースを崩さずに生活できることは大きなメリットでしょう。来客がある時も、気にせず過ごすことができます。

ただ、水回りが点在することにより建築費がかかる可能性があります。また、狭小住宅の場合はリビングやダイニングを広く確保する関係で、とても狭い洗面所になってしまうかもしれません。

 

 

家族に気兼ねなく生活できる環境を確保するのか、狭小住宅というスペースを考えてある程度は妥協するのか、あらかじめ相談して決めておくと良いでしょう。

 

 

 

 

間取りを工夫して使い心地のよい洗面所を


洗面所は、家族みんなが利用する毎日の生活に欠かせない場です。収納やコンセントの位置を工夫して間取りをどうするか、どんな資材を使うのか、などあらかじめ暮らしやすい工夫をしておきましょう。

 

どんな洗面所にするか迷ってしまう、もっと詳しく間取りの考え方について聞きたい、という方はいつでもお問い合わせください。数多くの建築実例をもとに、クレバリーホーム東京がご説明・ご提案させていただきます。