失敗した…!狭小住宅で後悔されがちなポイント5つ

 

 

打ち合わせや資金の準備、間取りの考案…やっとの思いで完成した大切な我が家。後悔することなく、快適に暮らし続けたいですよね。それでも失敗した、と感じるのには何か理由があるはずです。家づくりを経験してきた人たちは、どんなところに『失敗』を感じるのでしょうか。

これからの狭小住宅の家づくりを失敗しないために、後悔されがちなポイントや、後悔しないためにしておきたいことをまとめてご紹介します。

 

 


コラムのポイント

・挟小住宅で公開されがちなポイントは、間仕切りを減らしたため空調効率が悪い、お隣の音が響く、子どもの成長とともに部屋が狭く感じる、室内の明るさや家事動線、などが挙げられます。
・家づくりを後悔しないために、生活動線の見直し、モノの見直しを予めしておきましょう。
・実績が多く、挟小住宅の家づくりに慣れた施工会社に依頼することで、後悔のない家づくりを進めていくことができます。


 

 

 

 

 

後悔されがちなポイントは…


他の地域と比べ、都内の土地は価格が高く、家づくりにおいても土地を購入するだけで多額の費用がかかってしまいます。そのため、どうしても戸建ての家を建てたい、と考える人たちは、面積の小さな土地に建てる『狭小住宅』という選択をしています。

 

狭小住宅で家を建てるポイントはたくさんあります。それらのポイントも加味した上で、家づくりをしたはずなのに、なぜ後悔してしまうのでしょうか。それには、建ててみて、しばらく住んでみないとわからないことがたくさんあるからです。

 

 

間仕切りを減らしたため空調効率が悪い


狭小住宅に広々とした部屋をつくるには、間仕切りをなくし、部屋数自体を減らすという方法があります。この方法で家を建てると、部屋の数は少なくても一つひとつの部屋の広さはゆったりとした空間が手に入ります。

しかしその分、場合によっては空調効率が悪くなってしまうこともあります。暖かい空気、涼しい空気をせき止めてくれる働きをする壁がないことによって、一定の温度を保てなくなるからです。部屋の広さを確保するのも大切ですが、毎日過ごす場所を適温に保つことも大切です。間取りを考える段階で、調節できるようにしましょう。

 

お隣の音が響く


狭小住宅は、面積の小さい家。そのため、どうしてもお隣さんとの距離が近くなってしまいます。その場合、しっかりと防音対策をしていなければ、生活音や会話が漏れてしまうことも。お隣の音が響いてくるだけでなく、こちらの音もお隣に伝わっている可能性もあります。特に、子どもがまだ小さい場合や子どもの人数が多い場合、どれだけ気をつけていても騒音となってしまうため、注意が必要です。

騒音対策をしっかりしていなかったり、音が響きやすくなったりすることを視野に入れていないと、後悔することになりそうです。また、お隣がいなくても隣接する道路が近い場合も同じです。車や外にいる人の声は響きやすいということを知っておきましょう。

 

成長とともに部屋が狭く感じる


夫婦二人に子どもが一人、狭小住宅を建てた頃の家族構成と、現状は違うということは多々あります。最初は丁度良い広さだった家も、子どもが増えるにつれ、子どもが成長するにつれてどんどん狭く感じてしまい、窮屈さを感じてしまいます。これから大きく成長することを考えた家づくりが大切です。

また、子どもを中心に間取りを考えて家づくりをしすぎても、後悔することもあります。子どもが大きくなって家を出ることや、老後は夫婦で暮らすことなども視野に入れておくことが大切です。

様々な視点を持って、限られた面積をいかに快適な居住空間にするか、を考えることが大切です。

 

 

室内の明るさ


採光や照明の工夫をしっかりとしておかないと、狭小住宅はとても暗い空間になってしまう可能性があります。家が狭いだけで、室内は暗く感じてしまいがちになるからです。

日中は仕事であまり家にいないから、とはいっても休日過ごすのは家の中です。暗い部屋にいると、気分も滅入ってしまいます。窓の高さやサイズで採光の工夫をする、壁紙やインテリアの色を明るい色で統一する、まんべんなく光が行き届くように照明の明るさや位置を工夫する、といった工夫が必要です。

 

 

家事動線


限られた狭い土地に狭小住宅を建てる場合、縦に空間を確保するために三階建てにする、地下室を設置するという選択があります。部屋数を増やすことができるので、好んで選択される方法です。

この時に注意しなければならないのが、生活動線です。階層が増えることで、上下への移動はどうしても増えます。水周りの統一や寝室をまとめるなどの工夫をしておかなければ、何度も行ったり来たりを繰り返さなければなりません。家事動線がしっかりしているかどうかは、後々の生活に大きな影響を与えます。最初は少しの我慢と思って耐えられるかもしれませんが、歳を重ねてくるとそうはいかなくなってくるかもしれません。

家事動線を意識して間取りを考えましょう。

 

 

 

狭小住宅を後悔しないためにしておくこと

狭小住宅の家づくりを後悔しないために予めしておくこと、準備しておくことがあります。このポイントを押さえておくことで、家づくりの失敗や後悔はぐっと減ってくるでしょう。

 

 

生活動線の見直しをしておく


家づくりを始める前に、家事動線や生活動線の見直しをしておきましょう。

家の見取り図を準備し、朝起きてから夜寝るまでの動きをシミュレーションしてみます。その中で、何度も行ったり来たりする、家族と動きがぶつかる、という点がたくさん出てきたら、そこは見直しができるポイントです。

朝の支度をするのも、洗面所で化粧をする人もいれば、寝室で終わらせる人、リビングで子どもの様子を見ながらする人、と様々です。自分自身や家族それぞれの動線を、一度把握してみると良いでしょう。

 

モノの見直しをしておく


狭小住宅は狭い家です。収納スペースの工夫をしても、日々モノの量を最低限にキープしておくことを意識しておかなければ、あっという間にモノで占領されてしまいます。

家族が多い、子どもがまだ小さい、などでどうしてもモノが多くなってしまうことがあります。そのような状況でも、必要以上に増えすぎないように工夫をしましょう。予め収納スペースを設ける場所や形状・広さなどは、家族と相談し、ハウスメーカー側にも意見を求めて決めることで、後悔しない家づくりにつなげることができます。

 

 

慣れた施工会社に依頼する


狭小住宅はもともと、変形した土地だったり道路から奥まった場所にある土地だったりと、あまり条件の良くない土地も多く含まれます。そのため、その場所に家づくりをする場合は狭小住宅の家づくりになれたハウスメーカーに頼むことが重要です。

その地域について知り尽くしている、狭小住宅の家づくりの実績が多い、挟小住宅に関する実用的な知識が豊富、というハウスメーカーであれば、安心して任せることができるでしょう。

 

 

 

 

狭小住宅の家づくりで後悔しないために

狭小住宅は、土地が狭く、間取りを考える際なども工夫しなければならない点がたくさんあります。しかし、都内に家を持ち、利便性の良い環境の中で暮らす日常が手に入ります。

利点を最大限生かして生活するためにも、後悔に繋がりそうな点は予め把握しておき、納得のいく家づくりを進めていきましょう。

 

狭小住宅に家を建てたい、狭小住宅の家づくりの見積もりが知りたい…そんな時は、クレバリーホーム東京にお気軽にお問い合わせください。数多くの実績も元に、お客様にピッタリな家づくりを提案させていただきます。