狭小住宅でも実現・二世帯で暮らす家

親も歳を重ねてきたし、これからのことを考えて二世帯住宅で暮らしたい、出来れば都内で…、と夢を思い描くものの、丁度いい土地が見つからずに結局諦めてはいませんか?二世帯住宅にするには、広い土地が必要と思われがちですが、工夫次第で狭小地にも建てることができます。狭小地の二世帯住宅で暮らすことが出来れば、経済的にも余裕が出る上、利便性のいい場所で生活することができますね。

今回は、二世帯住宅の魅力と狭小地に建てる際の注意点をまとめてご紹介します。

 

 


コラムのポイント

・ひとつの建物内に、親から孫までの3世代にわたる2世帯の家族が世帯を別にして住む二世帯住宅。完全分離型、部分共有型、完全共有型と3つのタイプがあります。
・二世帯住宅の魅力は、何と言っても『経済的余裕』と『安心感』です。
・東京に特化した豊富なノウハウと建築実例を参考に、狭小地での二世帯住宅づくりを進めていきましょう。


 

 

 

 

 

そもそも二世帯住宅とはどんな家?

1階賃貸用店舗・倉庫スペース併用、2階・3階は階層で<br>居住空間が完全に独立した二世帯住宅

二世帯住宅、とよく聞くものの、実際にはどのような住宅なのでしょうか。

二世帯住宅とは、ひとつの建物内に、親から孫までの3世代にわたる2世帯の家族が世帯を別にして住む住宅のことを指します。住み方もいくつかのタイプに分かれており、世帯ごとにあった暮らしを選択することができます。

 

 

タイプ① 完全分離型


親世帯と子世帯の生活空間が、完全に分けられている間取りのタイプです。玄関、トイレ、リビング、バスルームなどすべてが分かれています。

双方の家を横に並べる左右分離型と、双方の家を積み重ねる上下分離型があります。左右分離型は、広い敷地を必要とするため土地代がかかります。上下分離型は左右分離型と違い土地代はかかりませんが、生活リズムがずれている場合は生活音が気になりやすくなります。

 

タイプ② 部分共有型


親世帯と子世帯の生活空間を、部分的に共有している間取りのタイプです。玄関だけ共有、玄関とリビングを共有、キッチンだけ共有、など様々なパターンがあります。

共有する設備が多ければ初期投資は安く済みますが、お互いのプライバシーは守られにくくなります。

 

タイプ③ 完全共有型


親世帯と子世帯が、完全に同じ空間で生活する間取りのタイプです。個室以外は完全に共有のため、プライバシーを重視する方にはあまり向いていません。

建築時に、トイレや洗面所などの設備費用が他のタイプに比べてあまりかからないことが魅力という方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

このように、それぞれの家族や暮らしに合わせて間取りを選択することで、生活にフィットした二世帯住宅での生活に繋げることができます。狭小地とはいえ、間取りの工夫や階層を増やすことで、二世帯住宅にすることは可能です。

 

 

 

 

二世帯で暮らす魅力とは

二世帯住宅の魅力は、何と言っても『経済的余裕』と『安心感』です。

 

経済的余裕


建築時、ひとつの家づくりに対して2つの家族が資金を出し合うため、資金に余裕ができます。それぞれの家庭の経済状況によって出す資金のバランスは変わるかもしれませんが、それでも1馬力と2馬力、3馬力とでは大きく差が出ます。実際に建てた後も、トイレ、バスルーム、リビングなどの共有スペースが多くあれば、水道光熱費を安く抑えることができます。また、建物にかかる維持費もそこまで多くかかりません。

都内は公共交通機関が発達しているので、家族それぞれが車を所有しなくても1台の車を親世帯と子世帯で共有することができます。もし、2台あったとしても維持費の負担は半分で済みます。単身世帯で生活するよりも、経済的な負担が少なくなります。

 

 

後々の相続も視野に


将来的に不安を抱えるかもしれない問題が、相続税の問題です。

相続税とは、亡くなった方の遺産相続を相続で受け継いだ場合、遺言によって遺産を受け継いだ場合などに、遺産総額が大きいとかかる税金のことをいいます。不動産は相続税の課税対象となるため、一緒に住んでいたとしても相続税を払う必要があります。

ただ、二世帯住宅であれば、相続にかかる税金が軽減されるケースもあります。親世帯のどちらかが亡くなったとしても、故人が住んでいた2世帯住宅に同居の相続人が住み続ける場合は、適用条件はありますが『小規模宅地の特例』という敷地面積の240m²まで相続税評価額が80%減額になる措置があります。

 

 

安心感


共に暮らし、家族全員で支え合って生活していこうという姿勢が強くなることが大きな安心感に繋がります。家族が身近にいるというだけで、何かあった時は心強いものですし、日常のふとした瞬間だけでなく、何か災害が起こった時にさらに深く実感するでしょう。家族で支え合う大切さを感じながら、生活していくことができます。

また、保育園や塾への子どもの送り迎えや買い物など、日常の用事で人手があればとても心強いですよね。子世帯が共働きであれば、勤務中は自由がきかないことも多いでしょう。そんな時でも、親世帯のサポートがあるので安心して子育てを任せることができます。親世帯にとっても、若いパワーに常に触れることがいい刺激にもなります。親世帯は、重労働は子世帯に手伝ってもらう、いざ介護が必要になった時にサポートしてもらう、など生活の中でお互いが助け合いながら生活を築き上げていくことができます。

 

 

 

 

狭小地に建てる際の注意点


では、狭小住宅に二世帯住宅を建てる際、どのような点に注意して建てたら良いのでしょうか。

 

プライベートをどう確保するか


まずは両世帯のプライベートをどう確保するかです。自分はあまり気にしない、と言うタイプの方もいらっしゃるかもしれませんが、家族にはいろんなタイプの人がいます。自分の家族ならまだしも、お姑さん、お舅さんに気を使ってしまうこともあります。共用部分を増やすとしても、最低限のプライベート空間は確保するようにしましょう。

また、子どもがまだ小さい場合は騒ぎ声が気になる、両世帯の生活時間が違いすぎるため生活音がきになる、といったケースもあります。いい関係性を築くには、距離感は重要です。あらかじめ話し合いでルールを決めたり、打ち合わせの段階でお互いの生活が気にならないゾーニングをしたりして、間取りを工夫しましょう。

 

どんな家にしたいのか


二世帯住宅をどんな家にしたいのかを、両世帯でしっかりと話し合うことが大切です。

二世帯住宅を建てる前に、あらかじめ両世帯が率直な意見を交わす場を設けることで、家が建ってから、住み始めてからの不満を最小限に抑えることができます。どんなデザインにしたいのか、間取りはどうするのか、などお互いに公平に意見を出し合うことで、二世帯住宅の家づくりを円滑に進めていくことができます。

 

 

 

 

二世帯住宅で心満たされる生活を


一般的に、二世帯住宅であれば40坪くらいは欲しいところですが、東京では敷地にゆとりがないケースがほとんどです。しかし25坪あれば、二世帯住宅を建てることは可能です。

土地の面積が小さくても、地下室の設置や3階建てにするという方法もあります。3階建ての場合、荷物の上げ下ろしや高齢になった際のことを考えるとホームエレベーターという選択もあります。畳一畳分くらいのスペースがあれば設置できる上、費用も想像するよりかなりリーズナブルにできるからです。世代が違うから、生活のリズムや価値観が違う。そんな二世帯が一緒に住む二世帯住宅。トラブルのタネは無数にあります。二世帯住宅はうまくいかなくて当たり前、という感覚を持ちながらも、双方の暮らしがより良くなる家づくりを進めていくことで、納得のいく家づくりを進めることができます。

 

クレバリーホーム東京は、東京都内対応の注文住宅専門メーカーです。
狭小地への二世帯住宅づくりはお任せください。
無駄なスペースを極限まで切り詰める、そのこだわりこそがゆとりの空間を生みます。東京に特化しているからこその豊富なノウハウをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。