狭小住宅でも大丈夫?ビルトインガレージのある間取りの考え方

都内に建てる狭小住宅。できれば車を所持したいので、ガレージが欲しい!と思うものの、そんなスペースはほとんどない……と肩を落としてはいませんか?そんな時におすすめなのが、ビルトインガレージです。家の中にガレージを設置してしまえば、車を持つという夢も叶えつつ、居住スペースも確保することができます。それだけでなく、意外と多くのメリットがあるのがビルトインガレージです。

今回は、ビルトインガレージのメリットと、家づくりの時に気をつけたいポイントをご紹介しましょう。

 


コラムのポイント
・ビルトインガレージとは、ビルトインガレージは、室内に設置された駐車場のようなもののことで、家の1階部分を丸々駐車場にしたものから、1階の半分をビルトインガレージにしたもの、シャッターの有無まで様々な形があります。
・ビルトインガレージのメリットは、車の盗難被害を避けられたり、雨の日でも車の利用が簡単にできたり、固定資産税の軽減することができたりといくつも挙げられます。
・騒音や換気、敷地の有効活用などの建てる際のポイントを活かして、ビルトインガレージのある家づくりを進めていきましょう。


 

 

 

 

ビルトインガレージとは


当社だけだった、大きな半地下の駐車場をつくるプラン、<br>土地探しからご相談いただいていたからこその大胆提案。

そもそも、ビルトインガレージがどのようなものかイメージがつきますでしょうか?ビルトインガレージは、室内に設置された駐車場のようなもののことです。インナーガレージともいいます。家の1階部分を丸々駐車場にしたものから、1階の半分をビルトインガレージにして、後の半分を多目的スペースにしたもの、シャッターのないタイプのものまで形はそれぞれです。

 

ガレージとしての利用はもちろん、芸能人のように興味のあるもので埋め尽くした趣味の空間としての利用、などもあります。使い方は人それぞれですね。やはり駐車場代の高い都内などでは、ビルトインガレージの需要はとても高く人気があります。ガレージとしての利用目的だけでなく、別で借りる月極の駐車場代金や固定資産税などのランニングコストを考えた結果、ビルトインガレージを採用する家庭が多いようです。

 

 

 

 

ビルトインガレージのメリット


当社だけだった、大きな半地下の駐車場をつくるプラン、<br>土地探しからご相談いただいていたからこその大胆提案。

実際に、ビルトインガレージにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

メリット⒈ 車の盗難被害を避けられる


遠くの駐車場に停めておいた大事な車が、車上荒らしにあったらショックですよね。高価な車の場合、車上荒らしだけでなく盗難被害にあう可能性もあります。ビルトインガレージであれば、これらの被害を避けることができます。車は家の横に常にあり、いつでも目が届くので安心して過ごすことができます。シャッターのあるタイプですと、より防犯効果も高まります。

また車がお好きな方にとっては、常に車が目に入ることで仕事のモチベーションが上がったり幸福感を得られたりと、いいところづくしというメリットもあります。

 

 

メリット⒉ 雨の日でもラクラクな車の利用


雨の日、車で買い物に行った後で一番大変なのが荷物の出し入れです。一人の場合、傘をさしながらの荷物の出し入れはとても大変ですし、荷物が濡れてしまうこともできれば避けたいですよね。

ビルトインガレージは、天井があるので人や荷物が濡れずに済みます。また、家がすぐ横にあるので、重たい荷物を長時間持ち運んだり、家と車を何度も往復したりする必要がありません。すぐに車に乗降できるので、台風や降雪のような日も、天候を気にすることなく車を利用することができます。

 

 

メリット⒊ 固定資産税の軽減


ビルトインガレージを設置する場合、ガレージの面積が延べ床面積の1/5までであれば、床面積に含めなくてもいいとされています。また、地下の車庫の場合でも、容積率が延べ床面積の1/3までであれば、建蔽率の規制を受けずに済みます。もし、同じ2階建の家でも、1階にビルトインガレージがあれば固定資産税は安くなります。

ただ、固定資産税の金額は自治体によって異なるため、事前にいくらかかるのかの確認をしておきましょう。

 

 

 

 

狭小住宅につくる時のポイントは?


ビルトインガレージは、狭小住宅のような場所で特にその魅力を発揮します。もし狭小住宅に建てるのであれば、以下のポイントに注意して設置するようにしましょう。

 

 

ポイント⒈ 防音に配慮する


四方を囲まれたビルトインガレージの場合、車のエンジンを入れると想像以上の騒音になります。反射で響くため、さらに大きく聞こえます。また、DIYなどで電気工具を使う場合にも大きな音が出てしまいます。そのため、騒音対策や振動対策が必要になります。

音が自宅内に響くだけでなく、隣家に響く恐れもあります。四方を囲まれていないビルトインガレージであればその心配は必要ないかもしれませんが、建築段階でできる配慮はしておきましょう。

 

騒音を防ぐため、ビルトインガレージの出入り口に電動シャッターなどを導入するのであれば、注意が必要です。先ほど御説明した固定資産税ですが、電動シャッターなどの設備に対して『豪華なもの』だと見なされた場合、固定資産税が値上がりする場合もあります。あらかじめ注意をしておきましょう。

 

 

 

ポイント2 こまめに換気をする


四方を囲まれたビルトインがレージの場合、こまめに換気をしましょう。空気の通りが悪いため、車の排気ガスなどによって空気が澱んでいます。それによって、居住スペースに排気ガスが流れ込む可能性もあります。空気の流れを考えて、空気の逃げ道がある設計にしたり、換気扇を設置したり工夫をあらかじめしておきましょう。その際、シャッター付近に換気扇を設置するのではなく、十分な換気をするためにもビルトインガレージ奥に設置しましょう。

 

 

ポイント3 限られた敷地は有効活用


狭小住宅のような限られた敷地は、ビルトインガレージによって有効に活用することができます。家とは別にガレージスペースの確保が難しくても、ガレージスペースを造ることができます。居住空間は削られてしまうかもしれませんが、階層を工夫してみましょう。

ビルトインガレージを設置する場合、最低でも奥行き5.5m、間口3.5m程度のスペースが必要です。大型車を所有する場合、これよりも広いスペースが必要です。そのスペースを考えつつ、打ち合わせの段階から暮らしやすい間取りを決めていくようにしましょう。

 

ポイント4 耐久性のダウンは否めない


車を所有したい人にとって魅力のビルトインガレージですが、設置することによって家全体の耐久性がダウンしてしまう可能性があります。家のバランスを見た時に、家全体を柱と壁でどっしり支えている家と、ビルトインガレージがあることによって壁が少ない家であれば、前者の方が丈夫な作りです。可能な限り、重量鉄骨や鉄筋コンクリートで建てることで、耐久性に対する不安は回避しましょう。

 

 

 

 

ビルトインガレージとの暮らし


ビルトインガレージという選択をすることで、建築時のコストはかかるかもしれませんが、後々の固定資産税や駐車場代金を下げることができます。また、日々の暮らしの利便性に勝るものはないでしょう。

 

狭小住宅で家を建てた方々も、ビルトインガレージを選択し、土地を有効に活用して暮らしを続けていらっしゃいます。こちらも参考にしてみてください。

 

建築実例

 

これからの家づくりでの、ご質問や費用のご相談にはいつでも対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。