都内に狭小住宅を建てるために知っておきたい予算と間取り

 

都内に家があれば、長時間の通勤時間に悩まされず、おしゃれなスポットがいくつもある利便性の高い場所に常に身を置くことができます。ただ、いざ狭小住宅を建てるとなると、どんな間取りにしたらいいのか、予算はどのくらいになるのか、など気になることもたくさんありますよね。

今回は、これから狭小住宅を建てる際に役立つ、間取りのポイントと予算別・狭小住宅で実現する家をご紹介します。

 

このコラムが、これからの家づくりのヒントとなれば幸いです。

 

 


コラムのポイント
・狭い土地に建ち、約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家、延床面積約70平米の一戸建てのことを狭小住宅といいます。
・狭小住宅を建てる際、間取りが大きなポイントになります。必要な部屋数を選択し、動線を工夫するなど、設計段階だからこそできる工夫をしましょう。
・狭小住宅は、1.000万円台から建てることができます。実現したい家に向けて、予算を組み資金計画を立てていきましょう。
・このコラムを読んでいただくことで、狭小住宅の間取りの工夫点、予算によってどの程度の家を建てることができるのかを知ることができます。それを参考にしながら、これからの家づくりに役立てることができます。


 

 

 

 

 

 

利便性が良く家族のニーズを満たす狭小住宅


狭い土地に建つ家のことを狭小住宅と言います。一般的には約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家のことで、延床面積約70平米の一戸建てのことを指す場合もあります。

 

都心部に家を持ちたいと思っていても、すでに多くの建物が立ち並び、いい場所は土地が高いからなかなか手が出せない、という方は多いのではないでしょうか。かといって、狭い土地に無理やり家を建てるのはなんだか恥ずかしい…と思っていらっしゃるかもしれません。

狭小住宅とは、都心部に家を持ちたい、利便性を重視したい、という方にとって、今や当たり前の選択肢になっています。働き方も生活スタイルも、価値観も誰一人として同じではありません。家族のニーズを満たすことができる狭小住宅を、家族の目線で選ぶことで今後の快適な暮らしは大きく左右されるでしょう。

 

 

 

 

 

狭小住宅の間取りはこんな工夫を


土地が狭い分、狭小住宅は他の家に比べて間取りを工夫する必要があります。考え抜かれた間取りであれば、狭小地ということを感じることなく快適に暮らすことができるでしょう。

 

 

【間取りの工夫①】 シンプルに統一する


どれだけ狭い部屋でも、シンプルに整っており不必要な物がなければ、それだけでスッキリとした居心地の良い空間になります。茶室はもともと狭い空間ですが、不要なものがないため驚くほど狭さを感じません。

家も同様で、不要な棚をつけない、部屋数は最小限にする、そもそも不要な部屋は作らない、などの工夫をしてみましょう。

 

【間取りの工夫②】 必要な部屋数を選択する


DKやLDKなど、それぞれの機能性や広さは全く異なります。Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンのことです。

 


DK

ダイニングキッチンのことで、ダイニングとキッチンが同じ部屋にあるということです。

LDK

リビングダイニングキッチンのことで、DKにリビングの要素も併せ持ったものです。リビングとしての機能だけでなく、くつろぐスペースも確保できます。


 

 

部屋は広いに限る、と思うかもしれません。しかし、家族の人数や生活スタイル、どこを重視しているかによって、必要な間取りは変わってきます。

DKは、特に広めの空間は求めていない、モノが元々少ない、という方にとってはいいかもしれませんし、LDKはとにかく広さを優先したい、家族でくつろぐ時間が大切、と考える方にとって最高です。

これから家族が増えるかどうかはわからないことも踏まえ、今より少し先、子どもたちの体が大きくなったことを想定して、間取りを決めていきましょう。

 

 

【間取りの工夫③】 壁を少なくする


部屋数は少なくなりますが、壁自体をなくしてしまうことで、広々とした空間が手に入ります。視野が広がり、遠くまで広がったスペースであれば、開放感がありますね。狭小住宅の1階部分は大きく開けた空間にして家族みんなでくつろげるスペース、2階以上に各部屋を設けてプライベートを確保、というように階によって変化をつけることもできます。

ただ、壁をなくしすぎてしまうと冷暖房効率が下がることもあります。壁がある程度の温度を保ってくれているからです。冷暖房効率の視点も保ちつつ、工夫することが大切です。

 

 

【間取りの工夫④】 動線の工夫をする


洗面所に行くためにいろんな部屋を通らなければならない、洗濯をした後、干すためのベランダまでの移動距離が長い、といった日常生活で起こる不便。これらは、動線を工夫することで解決することができます。

通常の家と比べ、狭小住宅は狭いため動線は短くてすみますが、その分工夫しないと不便な空間となってしまいます。家族皆が、朝起きてから夜寝るまでの動きを一度シミレーションしてみて、動きに合わせた間取りを組んでみましょう。

 

 

 

間取りの工夫のやり方自体は、いくつもあります。そこに、家族の暮らしに対する在り方や理想をすり合わせながらぴったりとフィットした形を探していくことになります。

工夫次第で、狭小住宅はいくらでも快適な家になるのです。

 

 

 

 

 

狭小住宅の予算は?


家づくりで気になるのは、やはり費用についてです。狭小住宅は、他の家に比べて土地が狭く、それに伴い家に使う建材や塗料、工期や人件費などが少なくて済みます。

 

1.000万円台の狭小住宅


予算1.000万円台狭小住宅を建てようと思うと、実現可能なのか心配になるかもしれません。実際に、建てることは可能です。不要なものがほぼ削ぎ落とされた、シンプルで機能的、スタイリッシュな住宅に仕上がります。

これは、正方形に近いすっきりとした形にすることで設計費や建築費を抑えられます。シンプルなデザインで外観も統一することで、極めてシンプルを狙ってつくられた家、という印象を周りに与えることもできます。内装も、木やコンクリート打ちっ放しのような素材を活かすことで、どんな家具でも合わせやすく、家具そのものの費用も抑えることができます。

小さな家でいい、大きなリビングさえ確保できればいい、スタイリッシュにのびのび暮らしたい、という方にとっては1.000万円台という少なめの予算でも満足して暮らすことができます。

 

 

2.000万円台の狭小住宅


予算2.000万円台の狭小住宅であれば、1.000万円台の家よりも、内装や設備などにこだわることができます。シンプルながらもキッチンのグレードを上げたり、お風呂の機能を増やしたりすることができます。また最低限の設備から、バルコニーを増やす、窓を増やすという選択肢も増えるということは、家づくりの楽しみをぐっと増やすことができます。

 

 

3.000万円台の狭小住宅


予算3.000万円台の狭小住宅であれば、こだわった住宅を建てることができます。

設備や機能に投資できるようになるだけでなく、デザインの自由度がとても高くなります。壁紙や床材、ドアの種類、窓枠の太さなど、細部にわたってこだわり、手をかけて作り上げることでお気に入りの家を建てることができるでしょう。

 

 

予算によって差は生まれますが、どんな住宅を建てたいか、どんな暮らしを実現したいかによって必要な資金は変わってきます。

それぞれの金額を目安に、狭小住宅の家づくりのための準備を行いましょう。

 

 

 

 

都内の自宅で便利な毎日を


現在、郊外に住んでいて都内に出勤してくる人、マンション住まいで戸建てに憧れている人、など暮らしに関してさまざまな思いを持っていらっしゃる方は多いと思います。

今後、都内の戸建て住宅に住むことで日常は大きく便利で快適なものへと変化します。

 

 

『狭小住宅』という暮らしを変えるきっかけになる選択を、これからの家づくりに活かしていきましょう。