【実際のところどうなの?】地下室のある生活と快適に暮らす工夫

 

 

おしゃれなサイトや、ホームページなどで最近よく見かける地下室。自宅に地下室があったらいいな、こんなおしゃれな暮らしができたらいいな…とは思うものの、実際はどんな住み心地なのか、暮らしがどう違ってくるのか気になりますよね。

今回は、地下室のメリットとデメリットをもとに、地下室設置の際に気をつけたいポイントをまとめてご紹介します。

 

 


コラムのポイント
・地下室とは、床が地盤面よりも下にあり、天井の高さの3分の1以上が地盤面より下にある空間のことをいいます。
・地下室を設置することで、集中できる空間が手に入ったり、収納スペースが確保できたりと様々なメリットがあります。
・地下室設置の際は、ドライエリアを検討するだけでなく、防音対策や防湿対策をしっかり行い、各家庭にあった地下室活用方法を取り入れましょう。


 

 

 

 

 

 

地下室は日々の暮らしに潤いを与える空間


オフィスや商業施設では見かけるものの、自宅ではあまり見かけない地下室。身近にないと、具体的なイメージがわきにくいですよね。

そもそも地下室とは、床が地盤面よりも下にあって、天井の高さの3分の1以上が地盤面より下にある空間のことを言います。建築基準法では『地階』と明記されています。そのため、完全に地面に埋まった部屋だけでなく、半分ほどが地面に埋まったものでも地下室といいます。

 

地下室の設置には、通常の住宅建築以上にコストがかかるため、なかなか手が出せない…という方も多くいらっしゃいます。しかし、地下室の設置はコスト面以上に、日々の生活の中で得ることがとても多いのです。また何よりも、土地が高い場所でも限られた土地を有効に活用できるという、最大の魅力があります。

 

 

 

 

 

地下室のメリット・デメリットをご紹介


では、地下室のメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。実は知らなかった…という発見があるかもしれません。

 

 

 

メリット① 集中できるプライベート空間になる


地下室は土に周りを囲まれているため、遮音性や吸音性にとても優れています。そのため外部からの音を遮ってくれるので、何か作業をする際は集中しておこなうことができます。仕事の書類作成や試験勉強など集中したい時にぴったりですし、家族に気兼ねなく集中することができるのでお互いに気を遣わなくても良くなります。

また、映画を集中して観たい時や楽器の練習を行いたい、音楽を聴きたい、歌いたい時なども最適です。隣近所に気兼ねなく、音を出して集中することができます。

 

 

メリット② 快適な温度設定の中で快適に過ごせる


近年設置される地下室は、設備が整っていることもあり快適な湿度や湿度を保っています。そのため、暑い夏も寒い冬も快適な環境の中で過ごすことができます。

人が過ごしやすいだけでなく、食料品も安定した環境の中にストックすることができるので、家族が多く食材のストック場所が必要だったり、食材や日用品が安い時の買いだめだったり、いざという時の備えとしても役立ちます。

災害によって、ライフラインがストップしたり食料を調達できなくなったり、ということはいつ起こるかわかりません。そんな時に、どれだけの食料を確保し、日常的に安心安全に備えているかは家族の安全を大きく左右します。

 

 

メリット③ 部屋ではなく収納スペースとして活用できる


各部屋に収納スペースを設置する場合、各部屋に合ったサイズの収納を用意する必要があります。そうすると収納用品の費用がかかるだけでなく、その収納によって部屋が狭くなってしまう可能性もあります。

限られた季節しか使わないような衣類や家電製品、今は使わないけど保管しておきたいものなどは地下室にまとめると良いでしょう。その分、各部屋のスペースが確保できるだけでなく、管理もしやすくなります。湿度や気温もほぼ一定に保たれているので、湿気やカビの心配もありません。一箇所に集中していることで、どこに何を片付けたかわからなくなった…という心配もありません。

 

 

 

 

 

デメリット① 採光が難しい

地下室で一番に上がる問題といえば、採光に関することかもしれません。部屋が地面に埋まっているため、どうしても暗くなってしまいます。のちにご説明しますが、ドライエリアを設けたとしても限界があります。

 

 

デメリット② 建築費が割高に

地下室を設置するためには、土を掘り起こして崩れないように処置をし、そこに部屋を作ります。また、部屋を作る費用だけでなく、抜き取った土の処分や空調設備などの費用もかかります。

通常の家を建てる費用とは別に、約100万円前後はかかることを見越しておく必要があります。

 

 

デメリット③ 災害時の脱出が困難

地下室にいる時、大きな地震に見舞われたり大雨による浸水洪水被害にあったりした場合、逃げ出すことが困難になります。うまく助けを求めることができたらいいですが、発見してもらえないという恐れもあります。

 

 

 

このように、メリットがあればデメリットもあります。それぞれの違いを認識し田植えで、家づくりには良い部分を活かしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

地下室のある家で快適に暮らす工夫


地下室のある家で快適に暮らすためには、いくつか方法があります。

 

 

・ドライエリアを設置する


ドライエリアとは、地下室のある建物に作られた、地面を掘り下げた空間のことです。地下室の部屋の中ではなく、地下室のまわりを取り囲むように、地面から掘り下げて作られています。空掘り(からぼり)とも呼ばれています。

ドライエリアを設けることによって、地下室の防湿や風通しが良くなるだけでなく、採光や換気にもなります。避難経路の確保にもなるので、密室の不安に苛まれることもなくなるでしょう。

 

原則として、地下室にはドライエリアを設けるように衛生上の観点からも定められています。建築基準法では、地下室は基本的に居室と認められていませんが、ドライエリアを設けることで地下室を居室として使うことができます。

 

また、ドライエリアがあることによって地下にも直接太陽光が差し込んできます。これにより、地上階と同じような住環境が実現します。どれだけ照明設備などを整えても、地下室にはなかなか太陽の光を挿し込ませることはできません。そんな時でも、ドライエリアが大きな窓の役割を担い、開口できることによって地下室にも心地良い空気を送り込むことができるようになります。さらに、重力換気を利用した効率的な自然換気も行うことができます。

 

 

・防音対策をする


いくら音が漏れにくい地下室…とはいえ、何も施さないと、音は漏れてしまいます。せっかくの防音に最適な空間をさらに使いやすくするためにも、しっかりと防音対策を行いましょう

 

 

・湿気対策をする


湿気対策のために断熱工事を行いましょう。また、除湿器、自動排水システム、熱交換器も設置することで、年間を通して一定の温度、湿度で快適な空間を作ることができます。

費用は断熱工事費が約35万円、除湿器と自動排水システムの費用が約45万円、熱交換器が約15~25万円で、安くはありませんがその分一定の湿度を保つことができます。

 

 

 

 

 

地下室はご家庭にフィットした使い方を


家に求める設備や暮らし方は、家庭によって様々です。他の人の意見が自分たち家族にフィットしているとは限りません。

 

地下室の活用方法は千差万別、ぜひご家庭にあった方法で暮らしを豊かにしていきましょう。

 

地下室設置のご相談やご質問は、クレバリーホーム東京までお気軽にお問い合わせください。