【おさらい】都内の狭小住宅で身軽に暮らす方法は?

 

利便性が良く、子育ての環境も仕事の環境も、十分すぎるほど整っている東京都内。そこで暮らすことができたら、快適な毎日を過ごすことができるのではないでしょうか。そんな都内で快適に暮らすには、狭小住宅に住むという選択がオススメです。

今回は、都内の狭小住宅事情と、狭小住宅を快適にするコツをご紹介します。
このコラムが、家づくりの参考になれば幸いです。

 


コラムのポイント
・狭小住宅とは、約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家のことです。
・東京都内では、『最高限度高度地区』と『敷地面積の最低限度』の2つの制度により、狭小住宅の新築が難しくなる区が増えてくる見通しです。
・狭小住宅を快適にするためのコツとして、デッドスペースの活用や、空間を広く使う、中庭やロフトの設置、持ち物の見直しなどが挙げられます。


 

 

 

 

 

狭小住宅とは


今では当たり前に耳にするようになった狭小住宅。『狭小住宅』とは、約15〜20坪以下の土地に建てられた狭く小さな家のことを一般的には指します。また、延床面積約70平米の一戸建てのことを指す場合もあります。

実は、狭小住宅という定義は特に決まっているわけではなく、実際には曖昧なものなのです。狭い土地に建つ家を総称して、狭小住宅と言っています。

 

 

 

 

都内の狭小住宅事情


 

かつては、狭さに対して抵抗を覚えていた人も多かった狭小住宅、しかし価値観が多様化した今は、あえて狭小住宅という選択をする人が多く、狭小住宅は、都内に暮らす人の選択として当たり前のものとなりました。

しかし、定着してきた狭小住宅も、今後建てることができなくなる可能性が出てきています。

その理由として、『最高限度高度地区』と『敷地面積の最低限度』の2つの都市計画制度の導入が多くの区で検討されていることが挙げられます。

 

 

景観のための制度

『最高限度高度地区』と『敷地面積の最低限度』の2つの制度は、東京都の景観をよくしたり、ミニ開発などを防いだりするための制度です。

ミニ開発とは、1000m2未満の土地を細分化して、敷地面積が100m2未満のように小規模な宅地の分譲や建売住宅を開発することを一般的にいいます。東京23区でも、7区で区内全体に規定されています(工業地域や商業地域など一部特別区域をのぞく)。

この規定が制定されている区では、100m2以下の新築分譲住宅の販売はできません。そのため、今後の狭小住宅購入が難しくなっているのです。今後、狭小住宅の建築を考えていらっしゃるのであれば、早めの決断をし、制定されていない区への建築を早めに進めていった方が良さそうですね。

 

 

 

 

狭小住宅を快適にするコツ


これから狭小住宅を建てられる方が、快適に暮らしていくことができる家を建てるにはいくつかのコツがあります。一つずつ見てみましょう。

 

 

コツ① デッドスペースの活用

狭小住宅は、とても限られたスペースに立つ家です。そのためできる限り土地を有効に使って、居住スペースを取りたい、というのが本音ではないでしょうか。気を付けて設計したとしても、家の中にはデッドスペースが意外と多く存在します。クローゼットの上部や階段の裏、冷蔵庫や洗濯機の上部などがデッドスペースに当たるでしょう。このスペースは、普段は目に見えませんが有効に活用することで収納スペースとして賢く活用することができます。

暮らし始めてみないとわからない部分ではありますが、デッドスペースになりそうな場所には、あらかじめ可動式の棚を設置しておいたり、幅に合わせた収納ボックスを作っておいたりすると良いでしょう。

 

 

コツ② 空間を広く使う

部屋数を多くするために、各々の部屋を壁で仕切ってしまうと閉鎖的な空間になってしまいます。元々狭小地に建てられているので、空間をいかに広く感じることができるようにするかはとても重要です。

個々の最低限のプライバシーは確保した上で、壁はあまり増やさず、開放感のある空間にするようにしてみましょう。また、開放感を感じるためには吹き抜けの設置もオススメです。あるだけで、部屋全体の明るさを確保することができます。

 

空間を区切る際は、背の低い家具を使って区切ると良いでしょう。視界が通るだけの広さを感じながらも。家具によって空間はしっかり区切ることができます。統一感のある家具やテイストの合う家具を使うことで、より一層空間全体にまとまりが出てきます。インテリアショップや家具屋さんで、話を聞いておくなどの情報収集をしておきましょう。

 

 

 

コツ③ ロフトや中庭の設置

狭小住宅は、どうしても家の中を小さく狭く感じてしまいます。それを最小限に抑えるために、空間内に新たなスペースを増やしてみましょう。

 

 

ロフト

ロフトは、天井高を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースのことを言います。狭小住宅にロフトを設けることで、物置きや書斎、子供部屋などに利用するスペースを新たに生み出すことができます。

ただ、ロフトは建築基準法上、採光や換気の基準を満たしていないために居室とは認められていないので注意が必要です。

 

中庭

中庭を設置するのもいいでしょう。狭小住宅における中庭はただ自然を感じるだけでなく、外からの目隠しであったり、各部屋への採光や風通しを確保するためであったりととても有効に活用することができます。

ただ、元々狭い土地なので、中庭を設けることでより部屋が狭くなってしまう恐れもあります。部屋空間とのバランスを見ながら、設置していきましょう。

 

 

コツ④ 荷物の見直し

憧れのマイホームでの生活に必要なモノはどれだけなのかを、あらかじめ把握しておきましょう。最低限の物で生活をしていくことができるように持ち物の整理をすることで、必要なモノだけで生活することができます。多くのものを持たず、必要最小限のモノで暮らすミニマリストが流行っていますが、この考え方は狭小住宅に住む人が参考にできる部分が多くあるのではないでしょうか。

 

所有しているモノが減ることによって、物の管理や探し物の時間を減らすことができます。さらに、必要のない収納スペースを確保せずに済みます。また、よくよくモノの見直しを行うことで、新居用に購入しようとしていたモノ、多額の費用をかけてわざわざ新居に持って行こうとしていたモノ、これらを減らすことができます。そうすることで、もっと必要なことにお金をかけることができるようになります。

 

 

コツ⑤ 開放感を常に感じることができるようにする

光をうまく取り入れることで、狭小住宅での窮屈さを感じにくくなります。光がしっかり取り入れられると、室内に十分な明るさが充満します。限られた立地条件ではありますが、その中でも明るさを確保できるような工夫をしましょう。大きめの窓を設置するだけでなく、壁の上部に小窓を設置するというのも有効です。可能であれば、天窓も設置することでさらに開放感に一役買ってくれそうですね。

 

合わせて天井を高くしたり、吹き抜けを作ったりすることでも、さらに開放感を感じることができます。

 

 

 

 

決断はお早めに


都内でもマイホームを新築で持つことができる、利便性が良い、などの理由で人気の高い狭小住宅。家族の希望を詰め込んだ家が出来上がることを思うと、ワクワクしてきますね。

『最高限度高度地区』と『敷地面積の最低限度』の制度は、避けることはできません。この先、狭小住宅での新築を検討されているのであれば、対象の区がさらに広まる前に住宅購入の決断をすることをお勧めします。

 

お問い合わせなどは、お気軽にご連絡ください。