【狭小住宅】都内で快適に過ごすための間取りの工夫

 

 

 

毎朝の窮屈な通勤時間、これさえなくなれば、もっと仕事の効率も上がるのに…と考えた事はありませんか?とはいえ、都内に家を建てるとなると、多額の資金が必要になりますよね。そんな時の選択肢として、狭小住宅はいかがでしょうか。狭小住宅であれば、そこまで多額の資金をかけず、都内に家を持つことができます。狭いのでは…と懸念されがちな間取りも、工夫次第で快適な空間になります。

今回は、都内で快適に暮らすための狭小住宅の利便性について、また、間取りのポイントについてご紹介します。

このコラムが、今後の家づくりの参考になれば幸いです。

 

 


コラムのポイント
・都内に狭小住宅を建てることで、利便性はもちろんのこと、固定資産税や都市計画税などの各種税金を抑えることができます。
・狭小住宅を建てる時は、階段や防音対策、家事動線など様々なポイントを押さえておきましょう。
・このコラムを読んでいただくことで、都内に家を建てる良さとそのポイントを身につけ、家づくりに役立てることができます。


 

 

 

 

 

都内の狭小住宅


狭小住宅、とはよく聞くものの、とはどのくらいの広さの住宅を指すのかご存知ですか?狭小住宅は、その名の通り狭い土地(狭小地)に建つ狭小住宅の事で、一般的には約15〜20坪以下の土地に建てられた小さな家のことをいいます。また、延床面積約70平米の一戸建を指す場合もあります。狭小住宅の定義は、あまり定まってはおらず、業者によって示す範囲が異なる場合は多く、狭い土地に建つ家、というのが総じて狭小住宅と言われています。

 

 

 

もっとも重視される利便性

狭小住宅は、都心部に家を持ちたい、利便性を重視して家を建てたい、という方にとってはぴったりの選択でしょう。働き方も生活スタイルも、誰一人として同じではない分、求めるものは人によって大きく異なります。

 

特に、都心部で仕事をしている人や、利便性が良く賑やかな場所に住みたい、という場合には丁度いい選択です。毎日片道1時間の通勤時間も、積もり積もれば多くの時間の積み重ねです。この通勤時間を、家族と過ごす時間に使ったり、勉強の時間に当てたりすることができたら、どれだけ人生が充実するでしょう。

部屋が狭くても、小さくても、利便性を一番に求める、という方にとって狭小住宅は魅力的な生活だと言えます。

 

 

固定資産税や都市計画税を抑えられる

家を取得することで、固定資産税と都市計画税がかかります。この毎年かかる税金を、狭小住宅は安く抑えることができます。

固定資産税評価額によって、税額は決定されます。これに税率をかけることで導き出されます。

 

固定資産税
小規模住宅用地―評価額を1/6に減額したもの×税率
一般住宅用地―評価額を1/3に減額したもの×税率

都市計画税
小規模住宅用地―評価額を1/3に減額したもの×税率
一般住宅用地―評価額を2/3に減額したもの×税率

 

大きくはこのように計算されますが、税率は自治体によって異なります。

狭小地のような、200平方メートル以下の土地であれば、大きく税金を下げることができます。

また、家を建てる際に必要な建築申請にかかる費用や、土地や建物を自分名義にするための登記費用などもまとめて安く抑えることができるというのが狭小住宅の特徴です。人気のあるエリアは家そのものだけでなく、土地を買うだけでも大きなお金がかかります。住宅取得や維持に必要な毎年の税金を大きく抑えることができるのはとても大きなメリットではないでしょうか。

 

 

 

 

 

間取りのポイントをご紹介


では、狭小住宅という限られた空間を、快適に過ごすためにはどのような工夫を間取りに施すと良いのでしょうか。

場所ごとに分けて、ご紹介します。

 

 

ポイント① 階段

階段は様々な形状があり、上下階をまっすぐ縦に繋ぐものから、らせん状に繋ぐものまで沢山の形状を思い浮かべることができるのではないでしょうか。空間と空間をしっかりと分けたい場合は、空間の形や部屋数に応じた階段を選択するのがポイントです。

 

スキップフロアの活用

スキップフロアとは、床の一部に高低差を設けて数段の階段で繋げた階段のことをいいます。1.5階、2.5階が空間内にあるようなイメージを持ってもらうと分かりやすいかもしれません。フロア同士を半階ごとに繋ぐことで、視界を縦に広げることができます。また、それだけでなく新たな居住スペースや収納スペースを生み出すこともできます。スキップフロアを作ることで、空間を区切る役割を段差そのものが果たしてくれます。そして、最大限縦の空間を活用することができます。また、スキップフロアにすると実際の面積以上に空間に奥行きを感じることができます。スキップフロアによって生まれた空間は、子どもの遊び場や収納スペース、書斎などにすることができます。

 

スキップフロアではなく階段がいい、という場合は、収納スペースを階段下に設ける、キッチンを階段下に設けるなどのスペースを有効活用するような間取りの工夫をしてみましょう。

 

 

ポイント② 防音対策

狭小住宅は、そもそも住宅が密集している場合が多くあります。そうなると、家の両面だけでなく、全体を他の家に囲まれることも多々あるため、音の問題を解消する必要があります。自分の家から漏れてしまう音を遮断するだけでなく、他の家からも漏れてくる音を遮断する必要があります騒音問題は、ご近所間でトラブルになりやすい問題です。間取りを考える際に、防音対策をどうするかはしっかりと考えておきましょう。

 

 

ポイント③ 家事動線

毎日の生活、毎日の家事をどれだけスムーズに進められるかは、家事動線にかかっています。狭小住宅のように、のびのびと広い空間でない場合はなおさらでしょう。水回りは1階にすることでコンパクトに無駄なく家事を行うことができます。また、重たい荷物を持って階段を上る必要も無くなります。寝室は、2階に設置することで、静かな空間を確保することができます。

 

家事の段取りは人によって様々ですので、ご自身や家族の家事動線、また、年を重ねた時に同じ動きができるかどうかなども考慮した上で、間取りを考えていきましょう。

 

 

ポイント④ 吹き抜け

思い切って、吹き抜けを設置するのもオススメです。視界が上に開けて、空間をより広く感じることもできます。

吹き抜けにする場合、光熱費を懸念される方も多いですが、狭小地はあまり気にしなくてもいいというメリットがあります。一つ一つの空間がコンパクトなので、満遍なく一定の空気を循環させることができます。

 

 

ポイント⑤ ロフトや地下室の設置

どうしても家の中を小さく狭く感じてしまう…というのを最小限に抑えるために、新たなスペースを空間の中に作り出すという方法もあります。

 

ロフトの設置

ロフトとは天井を高くして部屋の一部を2層にし、そのうちの上部スペースのことを指します。ロフトを設置することで、物置きや子供部屋、書斎などに利用できます。ただ、建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないため、居室とは認められません。しかし、新たにスペースを増やすことができ狭小住宅という限られた空間をより有効活用することができます。

 

地下室の設置

地下室も、一定の基準を満たしていないと、居室とは認められていません。しかし、収納スペースやパントリーとして、楽器演奏を楽しむ場所などとして利用することができます。地階にある分、用途は限られてきますが、空間の活用という面では活用しない手はないでしょう。

 

 

 

 

 

時間を有効活用して快適な暮らしを


都内に住む、というだけで、移動にかかる様々な時間を確保することができるだけでなく、移動の際に生じるストレスをなくすこともできます。

家は小さいながらも、工夫次第で快適に過ごすことができるのであれば、日常をとても豊かなものにしてくれるでしょう。

 

大事にしている部分は人それぞれですが、是非ご自身やご家族が大事にしていることに寄り添った家づくりを、進めていってくださいね。