戸建てだからこそ楽しめる!ルーフバルコニーのある生活

 

 

家に広々とした庭は作れないけれど、その代わりにルーフバルコニーを設置したい、ルーフバルコニーでゆったりとした休日を過ごしたい…。家づくりにそんな夢を思い描いていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
ルーフバルコニーがあるというだけで、日常の生活に選択肢が増え、より一層生活を楽しむことができます。

今回は、ルーフバルコニーとはどのようなものか、設置することでどんな生活ができるのか、設置の際の注意点などをまとめました。
このコラムが、新たな生活を始めるための、背中を押すきっかけとなれば幸いです。

 

 


コラムのポイント
・ルーフバルコニーとは、階下の屋根部分を利用して作られたバルコニーのことで、広々として開放感があり日当たりも良く心地よく過ごすことができる場所です。
・ルーフバルコニーがあることで、プールや家庭菜園、読書など日常で様々な楽しみ方ができます。
・設置の際は、防犯面、安全面、防音などに気をつけましょう。


 

 

 

 

ルーフバルコニーとは


ベランダにバルコニー、ルーフバルコニーと、たくさん似たような言葉があってわからない!という方も多いのではないでしょうか。

 

ベランダは、建物の外側にあり屋根付きの歩行可能なスペースがある場所を指します。バルコニーは、屋根なく2階以上に設置され、手すりがあるスペースを指します。

そして、ルーフバルコニーとは、階下の屋根部分を利用して作られたバルコニーのことです。階下の屋根部分を利用してできているため、一般的にルーフバルコニーは通常のバルコニーよりも面積が広く、広々として開放感があります。また、日当たりも良く心地よく過ごすことができる場所です。ルーフバルコニーで食事をしたり、ガーデニングを楽しんだり、様々な用途があります。

 

 

ルーフバルコニーが生み出す快適さ

ルーフバルコニーがあることによって、今までよりも快適な生活だ、と感じることができる時間がたくさん増えます。

 

開放感抜群で清々しい

住宅地の中にあると、隣の家が近く部屋から空がよく見えない…、ということは多々有ります。しかし、ルーフバルコニーは下の階の屋根のスペースをふんだんに使って設置されているので、空が大きく広がり開放感があり、清々しさを日々感じることができます。

 

 

優しい光が降り注ぐ

ルーフバルコニーは日差しを遮るものがありません。夏場は辛さを感じるかもしれませんが、それ以外の気候の良い時期は、太陽の光がさんさんと降り注ぎ気持ちよく過ごすことができます。

 

 

居住空間が広く見える

ルーフバルコニーがあることで、部屋とつながって見える視覚的効果が得られ、部屋が広く見えます。床材の色味を統一したり、極力壁は作らずに窓を全面にはめ込んだり、と工夫することでより一層部屋が広く見えます。

 

 

 

 

 

ルーフバルコニーがある生活


ルーフバルコニーがあることで、通常の戸建てやマンションでの生活では手に入りにくかった生活スタイルが可能になります。

 

 

子どもたちがプールを楽しめる

夏場にビニールプールをルーフバルコニーに広げて、子どもたちを遊ばせることができます。戸建ての庭であれば、外部からの視線が気になるところですが、屋根の上に設置されている場所での遊びなので視線は気になりません。視界を遮るものもないので、常に目の届く範囲で子どもたちを遊ばせることができ、安心に繋がります。

遊び終わった後も、水を抜きそのままルーフバルコニーに干しておくだけで、夏場はすぐに乾きます。遊んだ後の片付けは億劫に感じる方も多いですが、すぐに乾かし、広いスペースで片付けられるとなると、そこまで負担になりません。

 

 

家庭菜園で食育を

ルーフバルコニーは広く、日当たりがとても良いのでガーデニングや家庭菜園をするのに適した空間です。本格的な畑を作ることは難しいですが、プランターや植木鉢を使って野菜や花を育てることは簡単にできます。

日々の仕事の忙しさから、少しでも離れるために土に触れる時間を設けることは、集中力が増し仕事の成果が出やすくなると言われています。との時間の中で収穫された野菜が食卓に並ぶことを思えば、さらに満足度も高いでしょう。大人だけでなく、子どもたちにとっても、1から土を耕して種を植え、植物を育てあげて美味しく頂く…という長い月日をかけてその過程から様々なものを学ぶことは、心身の発達に欠かせない食育です。

 

癒し、学び、といった感受性を養いながら、緑に囲まれた生活を日々送ることができます。

 

 

集中できる読書の時間

ルーフバルコニーはとても開放感があり広々としたスペースです。ゆったりと座れるチェアやハンモックを設置することで、ゆっくりとくつろげる自分だけの書斎にもなります。リビングだと集中できない、子どもたちの賑やかな声が気になる…という時に、ルーフバルコニーでの読書という選択は最高です。好きなコーヒーを豆から挽いて淹れて、美味しいお菓子と共に過ごす読書の時間。知識を満たすだけでなく、そのひと時も心も満たす充実した時間となるでしょう。

 

 

ルーフバルコニーがあることで、たくさんの理想とする未来が、身近なものとなります。

せっかくの家づくりですから、満たされる空間や時間を捻出する場所を、こだわって作り上げたいですよね。

 

 

 

 

設置の際に気をつけることは?


ルーフバルコニーを設置する際は、いくつか気をつけておきたいポイントがあります。

 

気をつけたい防犯面と安全面

ルーフバルコニーは、階下の屋根を利用して設置するものなので、高い場所に位置します。小さなお子様がいらっしゃる場合は、安全面に十分注意しましょう。手すりを高くする、手すりの近くに登れるような椅子やテーブルを設置しない、など出来る限りの配慮をしましょう。

また、周りからの視線が気にならない…といって油断するのも危険です。本当に周りにビルやマンションなど何もない場所であれば良いですが、高い建物が近くにあるのであれば、気をつけるようにしましょう。家族構成、いつが休日か、よく遊びに来る人、などの情報は得ようと思えば簡単に得られてしまいます。

 

そして、ルーフバルコニーは災害の避難経路や避難場所として使われる場合もあります。家庭菜園や使わなくなった家具の一時的な置き場として、プランターや家具を置きすぎてしまうと、いざ避難となった時に避難場所としての役割を果たせなくなってしまいます。非常事態も想定して、設置、使用するようにしましょう。

 

 

防音対策

ルーフバルコニーで過ごす際は、『音』に気をつける必要があります。階下への音と、周りへの音、です。

 

 

階下への音の配慮

どれだけ気をつけて過ごしていても、足音や子どもやペットが走る音は階下に響いてしまいます。

設置の際に、防音性の高いシートなどを屋根部分に埋め込むだけでなく、完成後も防音シートを使うなどをしましょう。寝室や書斎など、静かであって欲しい空間を設置する際は、ルーフバルコニーの真下以外に設置しましょう。

 

 

周りへの音の配慮

ルーフバルコニーで楽しく過ごしていると、ついつい声が大きくなったり、自分たちでは気付かない騒音を出してしまったりしている場合があります。時間帯によっては、ご近所さんは就寝時間の場合もあります。騒音が元で苦情が来たり、ご近所さんとトラブルになってしまっては、せっかくのルーフバルコニーを今後活用し辛くなってしまいます。

音は気になりだすと苦痛に感じる方もいるので、配慮しながらルーフバルコニーを使用するようにしましょう。また、日常的にご近所さんとは良好な関係を築いておくようにしましょう。

 

 

 

 

 

ルーフバルコニーで楽しみを増やす生活を


ルーフバルコニーで過ごす時間は、生活の質をさらに上げ、楽しみを増やすきっかけにもなります。

人生の大半を過ごす家。快適に過ごすことができるよう、工夫を重ねていきましょう。