いろんな暮らし方が可能に…4階建ての家に住むという選択

 

都心に家を建てる場合、地下室を設置するのも、3階建てにするのもいいけれど、4階建ての家ならもっと広々暮らすことができるだろうな…と憧れたことはありませんか?上の階に行くにつれ、日の光が十分に注ぎ込み、風もよく通り…そんな暮らしを想像すると、ワクワクしますよね。

今回は、思い切って『4階建て』という選択をすることで、どのような暮らしができるのかをご紹介します。

 

このコラムが、今後の家づくりの参考になれば幸いです。

 


コラムのポイント
・4階建ての家は、二世帯住宅として住んだり、店舗兼住宅にしたり、賃貸物件として貸し出したりと多くの用途が有ります。
・建てる際、多くの費用がかかるのは仕方がありません。建設を進める前に、将来的な暮らしのイメージとのすり合わせ、プランニングや地盤工事期間、施工会社の実績の多さなどはしっかりと確認しておきましょう。
・家づくりを進めていく中で、4階建ての家という選択肢もあるという事、自分たちの暮らしには4階建ての方が合っているのかもしれないという事、そんな可能性に気付く事ができます。


 

 

 

4階建ての家の良さ


マンションではなく、4階建ての家。身近で実際に見たことはありますか?核家族で住む場合、広々とした贅沢な空間に感じるかもしれませんね。

4階建てには4階建てだからこその暮らし方があるんです。

 

 

二世帯としての4階建て

多くのご家庭が選択している二世帯住宅。それぞれの家族が窮屈さを感じずに暮らすためには、広い土地がどうしても必要になります。土地が豊富な田舎や、しっかりと土地を確保できる場所であればいいですが、土地代なども考えるとそうはいかない場合も多くなります。

そんな時、4階建てであればそれぞれの居住スペースを確保しつつ、一緒に住むことができます。建築費はかかりますが、都心でも一緒に暮らすという選択ができるのは大きいでしょう。

 

 

店舗兼住宅としての4階建て

大きな道路に面している、そばに駐車場が確保できる、などの条件が整い立地がよければ、1階部分を店舗、それ以外を居住スペースとした店舗併用住宅として建てることができます。

今後、店舗や事業を始めようと考えているものの、生活とのバランスを考えると家と職場は近場にしたい、もし軌道に乗らなくてもリカバリー可能にするために極力新たに物件を借りるなどはしたくない…という場合に、4階建てはうまく活用することができます。店舗が目の届く場所にあるという安心感はとても大きなものでしょう。

 

 

賃貸物件としての4階建て

すべてのフロアを自分たちで生活しなくとも、抵抗がなければどこかの階を賃貸住宅にするという選択肢もあります。あらかじめ、出入り口や設備をしっかりと分けて建築しておくことで、可能になります。賃貸物件にすることで、家を収入源にすることができ、たとえ家の建築に多くの資金を費やしたとしても少しずつ回収していくことができます。

最初から賃貸物件にしようとは思っていなくても、子どもが独立するタイミング、二世帯住宅が必要なくなるタイミングで賃貸住宅に切り替える、というやり方もあります。家に稼いでもらうことができるというのは、長い目で見て4階建の手の強みですね。

 

 

このように、4階建ての家の暮らしというのは、いく通りもあり、どの暮らし方も実現することができるのです。

 

 

 

建てる際の費用


では、4回建の家を建てる際はどのくらいかかるのでしょうか。

 

御察しの通り、決して安くはありません。土地代を抑えられたとしても、多くの建築資材を必要とします。また、4階建ての家の重量に耐えうるような地盤調整であったり、構造計算であったりと、通常の家よりも手間も時間も多くかかります。

 

おおよそですが、4階建ての家を作るのであれば、土地代、家本体代全て含めて1億円は想定しておきましょう。

二世帯住宅にするのであれば、それぞれの家族で負担することができますし、賃貸物件にするのであれば、後々回収することができます。

 

建てる場所や工務店、ハウスメーカーによっても大きく異なってくるので、まずは見積もりをもらうようにしましょう。

 

 

 

4階建ての家を建てる際の注意点は?


 

4階建ての家を建てる際は、建築期間中や建築後の暮らしの中でなど、いくつか気をつけておきたいことがあります。

 

 

将来の体と相談しておく

家を建てると、ほぼ生涯その家で暮らすということになります。高齢になっても、子育てをしている時も、生活に必要な買い出しに出かけた時も、様々なシーンがもちろんあるでしょう。4階建てである以上、4階までの昇り降りは必須で階段を使うとなると、ものすごく負荷がかかる場合があります。住宅用エレベーターを設置しておけばよかった…と後悔しないよう、先に計画しておきましょう。

建築段階では予算や健康面を考えて必要ない、と判断したとしても、後々設置可能なように4階まで続く吹き抜けを思い切って設置しておくなどの工夫をしておきましょう。

 

 

賃貸にする場合はご近所に配慮する

4階建ての家を元々賃貸物件として建てるのであれば、貸し出す部分がご家族や近隣に負担にならないように丁寧にプランニングする必要があります。人の出入りや貸し出した店や住居から出る騒音、生活音が響かないよう工夫をしましょう。

 

また、貸し出したとしても大家が上階にいるという事実はどうしても借り手にとっては負担に感じることが多々有ります。あまり存在感を感じさせないように配慮しましょう。

 

 

多くの設計費と長期間のプランニング期間

通常の住宅と比べ、4階建て以上になってくると容積率や高さ制限など様々な制約が出てきます。多くの制約の中からな空間を作るには、プランニングにじっくりと時間をかける必要があります。さらに、高い建物を建てる以上複雑な構造計算も必要です。鉄骨造、RC造、木造などどの作りであっても構造計算を行うため、どうしても設計費がかかり、それに伴いプランニングの期間も長くなります。

 

地盤工事の費用がかかる場合も

4階建てという重量があり大きな建物を建てる場合、地盤の強度は大きな問題です。

木造2階建て30坪の場合、2階建てで30トン、3階建てで45トンという重量となります。これが鉄骨造2階建て30坪の場合は40トン、鉄筋コンクリート造2階建30坪では160トンという重量となってしまいます。

 

どの建て方にするのかにもよりますが、想像以上の重量がかかっているというのはお分りいただけたかと思います。地盤強度によっては、杭を打つ必要がありますし、それだけ費用がかさんでしまします。さらに、地盤によっては4階建ての家を建てることができない、という可能性も有ります。それらのリスクも考えた上で、計画を進めていく必要があります。

 

 

実績がしっかりとあるかを重視する

住宅、というと平屋や2階建てがほぼほぼ占めています。となると、3階建てや4階建ての家づくりの実績がある工務店、ハウスメーカーは限られてきます。今まで4階建ての家を造ったことはありませんが、チャレンジしてみます!という会社に、自分の大切な家を任せるのはとても不安ですよね。

また、4階建ての家はほとんどが10メートルを越えるものです。となると、1級建築士でないと設計できないのです。

 

4階建ての家づくりの実績ができればたくさんあり、1級建築士が在籍しており設計から何から任せることができる、そのような会社を選ぶようにしましょう。

 

 

 

4階建ての家という選択


4階建ての家は、想像以上に用途が豊富で、様々な暮らし方を選択する事が出来ます。

少し視野を広げてみるだけで、今計画している家づくりがもっと豊かなものになるかもしれません。

 

クレバリーホームは、4階建ての家づくりの実績も多くあります。お問い合わせ、ご相談は常時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。